11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


子どもの夏休みの宿題が多いように感じる・・・

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


今日は、つぶやいてみます・・・

あまり真剣に読まず、さらっと、読んでみてください。


夏休みということで、

宿題の参考に、とお考えなのか、

毎日、

「音楽鑑賞 感想文」 と いったキーワードで、

いらっしゃる方がいます。


こんなキーワードもあって、驚いています。

「中学 感想文 チャイコフスキー 悲愴 」


え~~~~~っ!? と思ったのですけど、

同じようなキーワードで、他にもいらっしゃったので、

夏休みの宿題・・・のテーマが、

「チャイコフスキーの悲愴」 なのですね?


交響曲を聴かせる宿題なのですから、

なんて、今の子どもは、大変なのでしょう・・・

と、

思いました。

結構、長いですしね・・・

しかも、

誰の家にもあるような曲ではないでしょう・・・

クラシックに馴染みのない家庭では、

この曲を聴くために、CDなどを探すのですね。

まあ、なんて、大変な、夏休みの宿題!


という感じで、

我が家の中学生も、

別の教科の宿題で、困っております・・・


どうして、

こんな面倒で(← 時間のかかる という意味)、

しかも、

お金のかかるものを

宿題とするのかな?

と、

うちの下の子は、言っております。


それは、

うちの上の子のときからもある

毎年恒例の宿題ですが、

それが、近くの場所で、

 (近くと言っても、一時間近くかかります)

こなすことのできるものであれば、いいのですけど、

 (去年までは、近くの場所で、できたものですが・・・)

今年は、

近くの場所ではできず、

遠くまで、行かないとできない・・・

という内容の宿題で、

大人がついていかないと、できないもの。


先生も、それが、できるかどうかを

事前に調べていたら、わかることですけど、

おそらく、毎年恒例で・・・、

ということで、

何も考えずに、今年もやりましょう~、

としたのでしょう。

なんて、浅はかなお考え。

先生もお忙しいのか、考えられないのですね・・・



ほとんどの宿題は、

上の子のときと同じ内容のものです。


でも、

今年は、なぜか、例年よりも多く、

一教科、複数の課題があり、

まあ、なんて、大変なのでしょう・・・

と、

私も、気の毒に感じています。

この暑さでも、

朝から夕方まで、

ほぼ毎日、部活動もあり、

体もまいってしまいがちなのに・・・

部活動だけでも、大変。

今の子どもは、本当に、大変なのですね。


夏休み。

大人は、休暇となるのでしょうか?

でも、

今の子どもは、

夏休みが休暇である、と、感じることすら、

できないのかもしれません。


暑いから、

ただ、のんびりとだら~っと過ごしてみたい・・・


そんなことを言うのでした。


それが、できるのは、大人になってから?

なのでしょうか・・・?

ああ、なんて、悲しいこと・・・


自由であるはずなのに、

小さい時から、親の望みをかなえるべく(?)、

忙しく過ごす、今の子どもたち。

うちの子より、もっと、大変ですよ・・・


たかが、夏休みの宿題。

といっても、

それが、どう影響しているのか?

せめて、

宿題の内容が、

すんなりとできるものであるのかどうかくらいは、

確認をしてほしいと思うのです。

私も、まさか、

大変になる宿題であるとは、思っていませんでした。

ただ、今年は、

量が多い、としか、思っていなかったので。

母親も、大変なのだわ~。


つくつくぼうしが、鳴きだし、

そろそろ、夏休みの宿題を終えてほしいところですけど、

なかなか、難しい様子。


まあ・・・・・・・・・、


ここに書いたことは、

うちの子どもの中学校の話であって、

もしかしたら、

宿題がまったくない!

という学校もあることでしょう・・・

そういう学校の場合、

どうして宿題がないの?

と、

親御さんは、思うのでしょうか・・・?

誰かに与えられた課題をこなすことで、

 (その誰かは、親・・・でしょうけど)

生きてきた子どもの場合、

その課題がなければ、

毎日、だら~っとなるのでしょうか?


本当は、

宿題がなければ、

子ども自身が、どう過ごすかを計画して、

それを実行してみるといいのでしょうけど・・・

たとえ、

それが、すべて、遊びだとしても、

親は何も言わず、させてみる・・・

そういうのが理想ですね。

今思うと、

私は、部活動のないときは、

それをさせてもらえたのだわ。

親に感謝したいですね。


これまで、小学校の先生方を見てきて思ったこと。


夏休みの宿題は、

先生方は、一つ一つ、丁寧に見ていない、


ということ。

中には、

その内容のできは、どうであれ、

「普段、いい子」 であった子どもを選ぶこともあり。

小学校では、それが、顕著でしたね。


でも、

中学校の先生は、先生によって、違います。

余裕のある先生、

普段から、宿題をしっかりと見る先生、

の場合、

夏休みの宿題を丁寧にみますので、

その宿題は、いいかげんにやらないこと。

大事です・・・


ということで、

うちの下の子には、

てきとうにやったら?

と言ってみるのですけど、

本人は、

「納得がいくものを提出しないと、嫌だ・・・」

というのです。

なんて、頑固な・・・

たかが、夏休みの宿題。

そんなに気合を入れて、やらなくてもいいのでは?

と思うのですけどね・・・


去年は、

 「みんな、いいかげんなものを提出していた、

  てきとうに、やっておけばいいのかな?」

と、言っていましたが・・・

それでも、

やっぱり、

いいかげんには、提出したくないものがあるようで、

それに関しては、

かなりの時間をかけ、何日も日数をかけ、

いつまでたっても、終わらせることができません。

これで、いいのか?


こういうタイプは、

期限内に終わることができるのだろうか?

と、

私は、毎年、非常に、気になるのです。

結局は、

最後は、できないまま、提出と、

なっているのではないか? と。


それでいいのか?


自分のことではないので、何もできず。

でも、

気になるのです。

将来、仕事では、どうするのだろうか・・・?と。


母親って、

嫌でも、こういうことが、目についてしまうので、

父親って、いいなあ~と思います。

子どもに対して、

あれこれと言うのは嫌ですけど、

目についてしまうこと、

どこまで、我慢して、黙っていられるか?

毎日、忍耐です。

毎日、修行です。

母親って、そういうものなのでしょうか?

父親がうらやましく感じます。


・・・

今日は、愚痴ってしまいましたね。 (>_<)

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示