10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ピアノ発表会 演奏前に気をつけたほうがいい点

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


かなり夏バテ気味になってきました。

音楽を聴いて・・・、という気分でもないので、

今日は、

ピアノ発表会で、気をつけたほうがいいと

思われる点を、

いくつか、書いてみますね。


最近は、

ピアノの発表会で緊張しても弾けるようにするために

という記事が、よく読まれているようです。

みなさん、大舞台で、緊張されるのでしょうか・・・?

参考になっていると、いいのですね。 (*^_^*)


お読みになる方は、

< 続きを読む > へ どうぞ・・・












< ピアノの発表会で、気をつけたい点 >


① 椅子の高さ

   これは、小さいお子さんの場合、
   先生が、調整してくださるかもしれません。

② 椅子の位置

   いつもの位置になっているか? 
   連弾の演奏のあとに、弾く場合、気をつけてください。
   ずれていると、弾きにくいです。

③ 鍵盤

   最後のほうになれば、なるほど、すべります・・・
   夏の場合、照明で、かなり、汗をかく人が多いようで、
   最後のほうは、かなり、汗がついています。
   ハンカチで、鍵盤をささっと拭くと、いいと思います。
   象牙の鍵盤でも、吸湿量に限界があるのか、
   たくさんの人が汗をかいて弾いていると、すべるようです。

④ ペダル

   これが、一番、厄介です。
   以前、ピアノの調律師さんが、
   一番さわりたくないところが、ペダル・・・と、
   おっしゃっていましたが、
   実際、私も、
   こんな感じの踏み具合にしてほしい、
   と、少しだけのおなおしを、お願いしたところ、
   かなり、踏み具合が、変わってしまい、驚いたことが、
   あります。
   微調整が難しいようですよ。

   ・・・と、そんなペダル。
   たぶん、ペダルに関しては、
   発表会で調整してくださらないのでは?
   
   ピアノ一台、一台、
   踏み心地で大きく違いを感じることがあります。
   異常に重い(固い)と感じることもありました。
   戻りが悪いと感じることもありました。
   踏んだ直後、ガックンとした感じになることもありました。
   ビブラートがしにくい・・・なんてことあると、困ります。
   かならず、何回か、
   小刻みに踏んでみる、大きく踏み込んでみる、など、
   いろんな踏み方をして感覚をつかんでから、
   演奏することをおすすめします。

と、

簡単に書きましたが、

どれも、知っている?

というような内容で、申し訳ないです。 (>_<)


それにしても、暑いですね・・・

私もちょっと、ブログの息抜きをしてみました。

夏バテで、

ぼちぼち更新になるかもしれませんが、

よかったら、

トップページより、過去の記事をお読みください。

(時々、動画の入れ替えをしています・・・)


みなさまも、

夏バテしないよう、お体にはお気をつけくださいね。

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示