08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










自作自演ものが収録されているCD

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


以前、自作自演ものを探しにいらっしゃる方が、

いるとわかり、

「大作曲家達のピアノによる自作自演集」 MP3 という記事を

書きました。

今も、自作自演ものを探しにいらっしゃる方が

いるようなので、

今回も、取り上げてみます。

ただし、

今回取り上げたCDは、

ほとんどが、他の演奏家によるもので、

自作自演ものは、少しだけの収録となっております。

その点は、よく確認してください。


~~~~~~~~~~~~~~~~


↓  レジェンド・オブ・ザ・ピアノ 1 (1901-1924)
  
    サン=サーンス、 ヴァンサン・ダンディ、 シャミナード、
    グリーグ、グラナドスの自作自演の収録されたCD
    1~10曲目までが、自作自演ものになります。

ピアノの伝説




↓ ヴェルテ=ミニョン・ピアノ・ロール・シリーズ 第1集(1905 - 1927)

   1、3、7、11が、自作自演ものになります。
   
   1は、イグナツィ・ヤン・パデレフスキの
       Minuet, Op. 14, No. 1
   3は、カミーユ・サン=サーンスの
       オーヴェルニュ狂詩曲 ハ長調 Op. 73
   7は、アルフレート・グリュンフェルトの
       Dinner Waltz from The Man About Town
   11は、ウラディーミル・ホロヴィッツの
       Virtuoso Fantasy from Carmen

ヴェルテ=ミニョン・ピアノ・ロール・シリーズ 第1集(1905 - 1927)




↓ ヴェルテ=ミニョン・ピアノ・ロール・シリーズ 第2集(1905 - 1915)

   6、10が、自作自演ものになります。

   6は、リヒャルト・シュトラウスの
       歌劇「サロメ」 Op. 54, TrV 215 - 7枚のヴェールの踊り
   10は、エドヴァルド・グリーグの
       抒情小品集 第3巻 Op. 43 - 第1番 蝶々

ヴェルテ=ミニョン・ピアノ・ロール・シリーズ 第2集(1905 - 1915)




↓ ヴェルテ=ミニョン・ピアノ・ロール・シリーズ 第3集(1905 - 1926)
   
   6 が、自作自演ものになります。

   6は、クサヴァー・シャルヴェンカの
       Polish Dance, Op. 3, No. 1

ヴェルテ=ミニョン・ピアノ・ロール・シリーズ 第3集(1905 - 1926)












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。