08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ラフマニノフ 前奏曲 Op.23 No.6

こんにちは。

今日は、曲紹介をしてみますね・・・


ラフマニノフ の 10の前奏曲 Op.23 No.6


ピアノを習っていたころ・・・

先生におすすめされた曲なのですけど、

 ( 向いている?のか、先生がお気に入りであったのか?
   どちらかは、わかりませんが・・・)

初見で弾いてみて、とっても、嫌だと感じた曲です。


弾いていて、

あまりいい感じ(いいイメージ)がしてこない、

不思議な曲でした。

弾けば弾くほど、つかめなく、

最後まで、どういう曲なのか、ピンとこないまま、

終わった曲でした。


先生は、とても美しい曲だと、おっしゃるのです。

でも、

私は、

ラフマニノフの他の美しいと感じる曲と比べ、

気分が晴れないというのか、

もやもやっとした感じで、

はっきりとしない、ボヤ~ッとした感じで、

それを取り除こうと、必死に頑張ってみるものの、

とりのぞけそうで、とりのぞけず、

また、元に戻され、

いつまでも浮遊しているような、妙な感覚で弾いていました。

とても美しい・・・のですけど、

その美しさが、なんとなく、好きになれないものなのです。


さて、


そんな好きになれない曲をとりあげたのは、なぜか?

なのですけど、

先日、ある状態で、この曲のメロディーが流れてきたのです。


滅多に昼寝ができない私ですけど、

この暑さで、体がまいったのか、

薬が効いて眠くなったのか、

なぜかは、わかりませんが、

昼過ぎに、うとうとと眠ってしまっていたのです・・・

子どもが、帰ってきて、目が覚めたのですけど、

そのわずかな時間の睡眠・・・

30分ちょっとくらいでしたか・・・?


目覚めがひどく悪く、

自分が、現実の世界にいるのですけど、

頭が、しっかりと働いておらず、

体が、

自分の意思とは、少し違った感覚になってしまい、

思うように、動かない・・・

わずかに、ずれると言ったら、いいでしょうか・・・?

ふらふら~としているのですよ、頭が。

 ( 貧血・メニエールとは違った、ふらふら・・・)


目に見えるものも、見えるのですけど、

朦朧としてぼやっとして見えているような感覚?

 ( 実際は、しっかりと見えているのですけどね・・・)

自分が自分であるものの、自分の体を思うように、

動かせない・・・

こんな状態が、

その日、いつまでも、続いていました。


この状態になって、

この曲が、頭の中で流れてきたのです・・・


自分がいつもの自分であるはずなのですけど、

自分の感覚が、いつもと違った状態。

ふらふら、ふわふわ・・・

現実で目覚めているのに、違った世界にいるかのよう?

とっても、妙な感覚。

この曲って、

そんな状態を音に表した曲なのかもしれない・・・?

なんて、思えてきたのです。


そこで、その状態でこの曲を弾いてみると、

なるほど・・・

以前の曲に対する違和感がなくなっていたのです。

しっくりとくるではありませんか・・・


もしかしたら、

ラフマニノフは、こんな状態になることが、

よくあったのではないか?

なんて、

思ってしまいました。


私は、

今まで、あまりこういう経験がないので、

この曲を、妙な曲に感じていたのですけど、

普段から、よくある感覚だと思っている人の場合、

当たり前として、受け入れ、

作曲家であれば、

それを音にしてみる・・・ということも

あるのではないかしら?

なんて、

思ってしまいました。

 ( すみません!
   いつものように好きに解釈させていただきました。
 
   専門家の方が、どうおっしゃているのかはわかりませんが、
   このブログは、私独自の考えで書いているものなので、
   違っていることが多いと思います・・・ 
   そういうブログだということ、ご理解ください。 )

もし、そうであれば、

余計に、素敵な曲・・・と感じなくなってしまうのですよ。

ちょっと困りもの・・・

世間の多くの人と、

違ったとらえ方になってしまうと、

みなと同じように、

いい曲だ~という気持ちにならないのが、

つらいところですね。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で(CMつき)
Ashkenazy plays Rachmaninov Prelude Op.23 No.6 in E flat major

↓ ヴラディーミル・ソフロニツキーの演奏で
Sofronitsky plays Rachmaninoff Prelude Op. 23 No. 6

↓ ニコライ・ルガンスキーの演奏で
Nikolai Lugansky Rachmaninov Prelude Op 23 No. 6

↓ コンスタンス・キーンの演奏で
Constance Keene plays Rachmaninov Prelude Op. 23 No. 6

↓ ヴァン・クライバーンの演奏で
Van Cliburn plays Rachmaninoff prelude op 23 no 6

↓ イディル・ビレットの演奏で
Sergei Rachmaninov - Prelude Op.23 No.6 in E flat major


↓ ウラディーミル・アシュケナージのCD,MP3。
   (MP3は、ディスク1枚目の7曲目になります。)
MP3は、

24 Preludes/Sonata 2



↓ ニコライ・ルガンスキーのMP3

Rachmaninov : 10 Preludes Op.23 : No.6 in E flat major



↓  イディル・ビレットのCD

ラフマニノフ:10の前奏曲












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。