09
:
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ベートーベン ピアノソナタ第21番 Op.53 「ワルトシュタイン (Waldstein)」

こんにちは。

今日は、

先日、弾いてみた曲をとりあげてみます。


ベートーベン の 

  ピアノソナタ 第21番 Op.53 「ワルトシュタイン (Waldstein)」


いつも、この曲を弾くと、

なぜか、あるマンガが浮かんできます。


手塚治虫さん の 『 ルードウィヒ・B 』


この漫画は、

最後まで、読みたかったですね~。

 ( なぜ、この曲につながるかというと、
   たぶん、
   ワルトシュタイン伯爵が出てきたから・・・
   だと、思います。 なんて、単純なの・・・ )


この漫画は、一度しか読んでいないので、

 ( 兄が、汚されたら困ると言うので・・・
   彼の漫画の初版は価値があると・・・ 
   これは、初期のものではないし、
   一度でも読んだ本には、
   価値がないのではないかと思う私ですが・・・? )

内容をはっきりと覚えていないのですけど、

なぜか、弾いていると、

この曲と漫画が重なって、

ぼんやりと見えてくるものがあります。


ピアノを弾いていて、

ベートーベンという人物が、かつて、生きていて、

彼が、人として、

ある思い・考えを持って生きていたのだという

当たり前のことが、

ものすごく感じられるようになったのですよ。


世界の偉人、という遠いものではなく、

身近にいる人たちと同じような存在として、

一人の人間としての像が浮かび上がってくるような

感じといったらいいでしょうか?

そんな当たり前のことが、

手塚治虫さんの漫画を読んで、曲を弾くまで、

感じることがなかったのです。


それからでしょうか?


作曲家という人物が、

どんな人物で、

どう思い・どう考えて、

この曲を作ったのだろうかということを

強く感じるようになったのは。

 ( それまでは、なんとな~く程度だったのが、

   実感できるようになりました。 )

今の私の場合、

頭で「考える」というより、感覚で「感じる」ですね・・・

それがあって、このブログがあるのですけどね。


生きた時代は違っても、

住んでいた場所は違っても、

人種が違っても、

偉人だろうが、そうでなくても、

性格はまったく違っていたとしても・・・

( 他にもいろいろと違いはあるでしょうけれど、)

作曲家は、

同じ一人の人間なんだということ。


正直、まったく理解できない、という場合もありますけど、

ここのところ、自分に似ているなあ~、

ここのところ、共感できるなあ~、

なんてね、

感じることで、曲がだんだんと近づいてきます。

 ( もちろん、

   私の場合、

   専門家のような知識なしで、書いていますので、

   違うかもしれませんが。 )


アナリーゼだけでは、いまいちつかめなかったもの。

 ( 私の最初の子どものころの先生は、
   「どう感じたか、で弾く」のではなく、
   曲の分析から、
   曲を考えさせる教え方だったのです・・・
   以前にも書きましたが、
   よく知られた有名な曲を楽しんで弾くレッスンではなく、
   基礎・練習曲を重視したレッスンでしたので、
   そうであったかもしれませんが・・・ 
   ひたすら、楽譜を見て、「考える」でした。

   その次の先生は、
   どう感じますか?という教え方でしたが・・・
   この曲のこの部分は、
   何色に感じますか?と言われたりで、
   かなり戸惑いを感じましたよ・・・ 
   イメージでとらえる、という感じでした。

   この両方で、曲をとらえるべきなのでしょうか・・・)

それを感じさせてくれた、この曲。


それに気づいて、

この曲を気に入って、よく弾いていました。

私にとっては、とても懐かしい曲です。

 ( 今、とっても疲れているので、
  
   感想ではなく、思い出話になってしまいましたよ・・・ )


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ヴィルヘルム・バックハウスの演奏で(CMつきです。)
Wilhelm Backhuas plays Beethoven Sonata No. 21 in C Op. 53 "Waldstein"

↓ クラウディオ・アラウの演奏で
   (0分35秒頃から。CMつきです。)
Claudio Arrau Beethoven "Waldstein" (Full)

↓ ヴィルヘルム・ケンプの演奏で(CMつきです。)
Wilhelm Backhuas plays Beethoven Sonata No. 21 in C Op. 53 "Waldstein"

↓ マルタ・アルゲリッチの演奏で(CMつきです。)
Martha Argerich Beethoven Sonata Op. 53 "Waldstein"

↓ リチャード・グードの演奏で(CMつきです。)
Beethoven - Sonata No. 21 in C major, Op. 53, 'Waldstein' (Richard Goode)

↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で(CMつきです。)
Vladimir Ashkenazy - Beethoven Piano Sonata No 21 in C major op.53 (Waldstein)


↓ ヴィルヘルム・バックハウスのCD

バックハウス/ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集



↓ ヴィルヘルム・ケンプのMP3
   MP3は、<ディスク6>の3~5曲目になります。

Beethoven: The Piano Sonatas (Box Set)




* お間違えのないよう・・・ 一言申し上げます。 *


たぶん、この記事は、

「アナリーゼ」で検索される方が、

多く、いらっしゃることでしょう・・・

そんな気がします。

そんな方が、普段から、お見えになっています。

( ご自分で分析しないのはなぜでしょうね? )


残念ながら、

このブログでは楽曲分析をしていません。

( 私は専門家ではないので、しません。)

このブログは、ただの感想ブログです。

どうか、お間違えのないように、お願いします。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示