08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










バッハ Ich ruf zu dir Herr Jesu Christ, BWV 639

こんばんは。

いつもご訪問していただき、ありがとうございます。


今日は祝日。

休日になると、

嬉しく感じていた頃がありました。

皆さんは、今もかもしれませんね。


私自身を振り返ると、

自由気ままに過ごせていたあの頃は、

心底頼れる人がそばにいたからだったんだなあと

その恵まれた生活のありがたさをひしひしと感じています。

休日に、時間に少しだけゆとりが生まれると、

かえって、

今の辛さが見に染み入ってきます。

誰か、この気持ちを軽くしてくれないかと、

心の底で叫ぶのですけど、

伝わることもなく、

変わらない日常を何事もなかったかのように

過ごしています。

救ってくれる人なんて、この世にいるわけがない。

自分を救えるのは、自分自身だけ。

そのように、子どもの頃から、思っていますから、

救いを求める相手もなし。


そんな私が、

ふとある曲を

耳を澄まして、聴いてみたら、

同じように、

救いを求めている人の音のように聴こえてきて、

しんみりとなってしまいました。



J.Sバッハの

Ich ruf zu dir Herr Jesu Christ, BWV 639
われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ




救ってくれる誰かがいないのだから、

神様に救いを求めてみる。

人は、自然とそういう気持ちに向かうのでしょうか。

神様に救っていただくことを

期待するわけでもないけれど、

せめて心の叫びを知ってもらいたいと、

願うのかもしれない。

その相手が、神様となる。

その存在は、普段感じるわけではないけれど、

心が弱ったときに、

いてほしいと願う気持ちが、

存在をあるものとしているかもしれません。


・・・といっても、

ここ最近は、

私は、神様はいないと強く感じるようになってきました。

孤独を強く感じ、

一人で生きていかなければいけないんだと、

一層強く感じます。


そんな気持ちで、

今日とりあげた曲を聴いてみると、

淋しく聴こえてくるのです。

でも、

人生なんて、そんなものなんだよと

私の場合、

諦めのような気持ちにもなってきます。

人は、生まれていつかは死ぬ。

それだけなんだ、

そこで出会う人、出会う出来事、

過去のもの、未来のものは、

そうなるようにできているのだから、

自然にいきていけばいい。

そう、素のままで、あるがままでいたらよい。

淋しいなんて、生きているうちだけの感情かもと、

思えてきます。

なんだかんだと、

ああしたい、こうしたい、

ああであってほしい、こうであってほしいと

ついつい思ってしまうのが、

いけないんだなあ〜と

反省。

この曲は、不思議とそう思わせてくれます。

まあ、私だけかもしれませんが・・・

皆さんは、どう感じるのでしょうね?


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ オルガン演奏で
J.S. Bach - BWV 639 - Ich ruf' zu dir, Herr Jesu Christ


以下は、ピアノ演奏になります。

《ブゾーニ編曲版》

↓ウラディミール・ホロヴィッツの演奏で
Bach (Busoni) - Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ - Horowitz

↓マレイ・ペライアの演奏で
Bach-Busoni: "Ich ruf' zu dir, Herr Jesu Christ" BWV 639 (Perahia)

↓タチアナ・ニコラーエワの演奏で
Nikolayeva Ich ruf zu Dir ,Herr BWV 639

↓グリゴリー・ソコロフの演奏で
Grigory Sokolov plays Bach-Busoni Ich ruf zu dir


《ヴィルヘルム・ケンプの編曲》

↓ヴィルヘルム・ケンプの演奏で
Choralvorspiel "Ich ruf' zu Dir, Herr Jesus Christ" BWV 639 (J. S. Bach)













Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。