08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ブラームス  2つのラプソディ より 第2番 Op. 79 No. 2

こんにちは。

今日は、昨日に続いて、

ブラームスのピアノ曲を紹介します。


ブラームス の 

   2つのラプソディ より 第2番 Op. 79 No. 2



昨日の第1番と同様、

時々、ピアノ発表会で、演奏されることがある曲ですね。

( 第1番より、第2番のほうが、多いかな?)

こちらは、女性が弾く場合が多いように感じます。


第1番に比べ、

技術的には、こちらの方が弾きやすい曲ではないかと

思います。

でも、私は、

こちらの第2番のほうが、とても難しく感じます。


この曲を、誰かの演奏で聴いていても、

 (たとえ、プロの演奏でも・・・)

自分で弾いてみても、

「?」

と、いう感じになってくるのです・・・


この曲の場合、

深く考えないといけない状態に陥り、

深刻になり過ぎてしまい、

今度は、思考停止状態になったような気分。

あまりに深い苦悩を味わったことで、

心が危険な状態になるのを防ぐために、

私の本能が、

考えることをやめさせようとして、こんな風になる?

だから、

この曲は、考えようとしても、感じようとしても、

何もわからない状態になってしまうような気がします。


こういう曲は、たまにあるのですけど、

考えてわかる、弾いてみて感じる、

というものがなく、

どう弾いたらいいのかと非常に悩むのです。

曲がつかめない・・・

私には、そういう曲です。


もしかしたら、

ブラームスは、このとき、

軽い鬱状態にでも、なっていたのでしょうか・・・?

まだ軽い時期・・・

軽いからこそ、

曲の最後が、その状態を吹っ切るような終わりになってます。

おしまい!と、

自分で、その状態から脱することができる程度の軽い鬱。

・・・考え過ぎかな?

鬱っぽいからこそ、

私が、この曲から、離れたいような気持ちになり、

わからなくなるのかもしれません・・・


私にとっては、そんな曲ですけど、

世間では、第1番よりも、

こちらの第2番を好まれるのでしょうか?

ブラームスの音楽を好きな私にとって、

この曲は、なぜ、こんなに受け入れがたいものがあるのか、と

不思議でもあります。

世間の人と感じ方が、またも、違うのかと、

ひどく落ち込むのです。


ただ・・・一つ、

この曲について言えるのは、


発表会での素人の方の演奏を聴いていると、

少しでも、「何か」を感じさせる演奏と、

まったく感じさせることない演奏と、

はっきりと分かれる曲なので、

この曲は、

技術だけしか、できていない人なのか、

曲の表現ができる人
 
(曲を理解しようとし、それを音にしている人)なのかが、

よくわかる曲です。

なんとなく、

指が動くから・・・、弾けそうだ・・・と

いう理由では、

人前で演奏されないほうが、いいでしょう・・・

それに比べ、

第1番は、ごまかしがきく曲のように感じます。

ピアノ発表会での多くの観客は、

音をまったく聴いてませんから・・・


本当の意味で、この曲を弾きこなすのは、

とても難しいと思います。

かなり深い曲だなと、思います。


↓ ヴァレリー・アファナシエフの演奏で
   ( 39分04秒頃から44分55秒ごろまで)
* 大変申し訳ございません。
  こちらの動画は観られなくなりました。< 2015.7.14 >

Valery Afanassiev performs Brahms (op 10, 79, 116)

↓ アルトゥール・ルービンシュタインの演奏で(CMつき)
Arthur Rubinstein plays Rhapsody op. 79 n. 2 in sol minor

↓ ヴァルター・ギーゼキングの演奏で
Walter Gieseking plays Brahms Rhapsodie in G minor Op. 79 No. 2

↓ エトヴィン・フィッシャーの演奏で
Edwin Fischer plays Brahms Rhapsody No 2 In G Minor Op.79-2

↓ アルトゥール・シュナーベルの演奏で(CMつき)
Brahms, Rhapsody in G minor Op. 79/2 played by Artur Schnabel

↓ マルタ・アルゲリッチの演奏で
Brahms - Rhapsodie no.2, Op.79 (Martha Argerich)

↓ マリヤ・ユーディナの演奏で
Maria Yudina plays Brahms Rhapsody Op. 79 No. 2 in G minor


↓ ヴァレリー・アファナシエフのCD

ブラームス:後期ピアノ作品集2



↓ アルトゥール・ルービンシュタインのMP3

2 Rhapsodies, Op. 79: No. 2 in G Minor



↓ ヴァルター・ギーゼキングのMP3

2 Rhapsodies, Op. 79: No. 2 in G Minor, Molto passionato, ma non troppo allegro












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。