06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ブラームス  2つのラプソディ より 第1番 Op. 79 No. 1

おはようございます。

今日は、昔、気に入って、よく弾き、

最近また、弾いてみようと思った曲を紹介してみます。


ブラームス の 2つのラプソディ 第1番 Op. 79 No. 1


むか~し、

年上の男性がピアノ発表会で弾いていたのを聴いて、

私も・・・と思った曲でした。

曲に感動したというのは、珍しく、

 ( もちろん、演奏もよかった・・・)

聴いた翌日には、この曲を弾いてました。


なんといったら、いいのか・・・


この曲、

私自身の内面を曲にしたら、こんな感じかも・・・と

思えるような共感するものがあって、

妙に気に入っていました。

これ、ロ短調でしたか。 

( 例の音占いによる合う曲でもあったのですね。
  詳しくは、こちら・・・ )

誰にでも、きっとそう感じるような曲って

あるのではないかしら?


私は、ぱっと見で、

地味で、おとなしい、弱そうなタイプに見られ、

しかも、

自己主張を家の外ではできなかったもので、

実は、こうなんですよ・・・というのを、

ピアノで表現してみたいというのが、

子どもの頃にあって、

ピアノというのは、ある意味、

自己表現の手段でもあったかもしれません。

だから、長く続いたのでしょう・・・

結構、ピアノって、

子どものころ、とてもおとなしく、

人前で、自分を表に出せなかったという人が、

やっていたりしていたり・・・

言葉・行動ではなく、音で表現する。

そうしていくうちに、だんだんと、

言葉・行動でできるようになっていったのですね。

ピアノって、

毎日コツコツと続けていくうちに、

だんだんと技術が身について、

上手になっていきますから、

それが、自信になっていきます。

それもあって、今の自分があるかな・・・?

毎日の積み重ねてつけた力ですね。


運動にしても、勉強にしても

努力しないで、すんなりとなんでもこなせた私なので、

これほど、地味にこつこつとやったものはなく、

これほど、地味にこつこつとやらないとできないと

感じたものはなく、

ピアノって、なんて、難しいんだろう・・・と思い、

だからこそ、

弾けるようになってやるんだというような気持ちが

強かったですね。


この曲、

どこか、ショパンのスケルツォ第1番

共通するようなものを少し感じさせてくれます。

激しさ、中間のとても穏やかな部分の鐘のような音・・・

ショパンとは、意味がまったく違うと思うのですけど、

なぜか、少し似ているように感じます。 

気のせいかしら?

 (あれも、ロ短調でしたね?)


ぶつけたくなるほどの激しい感情。

普段、心の内に秘めている人ほど、強いものと

なるのでしょう。

それは、私のもあるかな・・・

そんな共通するものを感じて、気に入っていたのでしょう。

そして、

男性的でもあり、そこがまた、魅力的な曲でもあります。


なぜか最近、この曲が妙に、

今の自分と音が重なるような感じになります。

そして、

私の心を慰め、力をくれるような感じがしてきます。

なぜでしょうねえ・・・?


これは、私の感想ですが・・・


この曲は、聴いていて、

男性が弾いた方が、いいなと

感じます。

発表会などで、何度か聴いたことありますけど、

なぜか、男性の演奏のほうが、しっくりときます。

ときどき、女性では、

表現するのが難しいと感じる曲がありますけど、

 (女性が弾けないという意味ではありません)

この曲もそうであるように感じます。

表現しきれない、

女性にはなく、男性だけが持っているものが、

この曲にはあると

言ったらいいでしょうか・・・?

「男性的」な曲。 「男性的」な音。

そう表現しておきましょうか・・・?

ブラームスの曲自体が、そう感じるものがあります・・・


だから、

私はこの曲の演奏を誰かに聴かせたいと思いません。

自分一人だけでいるときに、弾く。

誰かのためではなく、自分のために弾く。

そういう曲かもしれませんね・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ラドゥ・ルプー(ルプ)の演奏で(CMつき)
Brahms - Rhapsody in b minor Op. 79 No. 1 (with sheet music)

↓ マルタ・アルゲリッチの演奏で(CMつき)
Martha Argerich plays Brahms Rhapsody in B minor

↓ アルトゥール・ルービンシュタインの演奏で(CMつき)
Brahms Rhapsody Op 79 no 1 in B minor Rubinstein Rec 1941.

↓ ソロモンの演奏で
Solomon plays Brahms Rhapsody in B minor Op. 79 No.1

↓ グレン・グールドの演奏で(CMつき)
Johannes Brahms - Rhapsody in B minor Op.79 No.1 - GLENN GO

↓ マレイ・ペライアの演奏で
Brahms - Rhapsody in B minor, Op. 79/1 (Murray Perahia)

↓ ヴィルヘルム・バックハウスの演奏で
    ( 2つのラプソディ第1番、第2番の演奏。
      第1番は、最初から、7分55秒ごろまで。)
Brahms - W. Backhaus (1932) 2 rhapsodies op 79

↓ ジョセフ・フェニモアの演奏で
JOSEPH FENNIMORE plays BRAHMS: Rhapsody in B-minor, Op. 79, No. 1 (1880)

↓ ルース・スレンチェンスカの演奏で
Ruth Slenczynska in concert - Brahms: Rhapsody No.1 in B minor



↓ マルタ・アルゲリッチのMP3

Brahms: Rhapsody In B Minor, Op.79, No.1



↓ ラドゥ・ルプーのMP3

Johannes Brahms: Rhapsody in B minor, Op.79, No.1



↓ ソロモンのMP3

Rhapsody In B-Minor, Op. 79, No. 1












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示