06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ベートーベン 6つのエコセーズ(6 Ecossaises WoO.83)

こんにちは。

今日は、

昨日の朝から、頭の中で流れていた曲を紹介してみますね。


ベートーベン の 6つのエコセーズ


ベートーベンのピアノ曲の中で、

「エリーゼのために」次いで、

小さいころに、よく聴いた曲です。

たぶん、

通っていた保育園で、

お遊びをおしまいにしましょう、お片付けをしましょう

というときに、

使われていたのではないかな・・・

 (はっきり覚えていませんが…)


クラシックの曲の中でも、

音が鳴り出すと、ハッとして、音に耳を傾けてしまう、

そんな曲だったように思います。

私の持っていた

子ども向けのピアノ曲集(レコード)の中でも、

活気のある、楽しい曲というイメージで、

印象に残りやすい曲だったと思います。


私は子どものころに、

この曲を弾いたことがありませんが、

うちの子どもが持っていた楽譜(ピアノ曲集)にあったので、

弾いてみたことがあるのですけど、

簡単な曲のようで、

手が小さいお子さんには、難しい曲かな?

という気がしました。


テンポもそれなりに速いですし、変化もあって、

基礎ができていないと、アンバランスな音になりそう・・・


逆に、大人が弾いても楽しめる曲かもしれない。

子どもと大人とでは、

一味違った感じに弾くことになりますか?


技術があれば、

その技術があることを示せることができる曲で

表現力があれば、

その表現力があることを示せることができる曲だ

という感じもします。

全音ピアノピースで、レベルを見ると、

「B(初級上)」となっていますけど、

それよりも、もっと上のレベルに聴こえるように

弾くことが可能だという意味です。

これは、

下で紹介するピアニストの演奏をいろいろと聴いてみると、

わかると思います。

子ども向けにきちんと弾いた演奏、お手本としての演奏なのか、

観客に聴かせる演奏、自分を魅せるための演奏なのか?

 (こんな言葉で表現していいのか、悪いか・・・?)

個性を出さないか、強く出すか・・・かな?

演奏者が、

どうとらえて弾いているかで違ってくるので、

面白いです。


しかも、

この曲は弾いていて、

童心に返ることができ、元気が出てきます・・・

「ピアノって、楽しいなあ」って、感じ?

大人になって、この曲を弾いてみると、

そんな気持ちを思い出せて、いいかもしれません。


ただ・・・

元気のないとき、体調の悪いときにこの曲を弾いてみると、

それがはっきりと音に表われてしまい、

音が鳴っているだけのひどい演奏になってしまいます。

この曲は、それがはっきりとわかってしまう曲ですね。

子どもの場合、元気ない音を出していたら、

何かあったのか?と、気づくことができるかもしれません。


私はここ数年体調がひどく悪くなって、

よく、体調による音のよしあしの変化を実感しています。

そう考えると、

やっぱり、大人よりも、

元気な明るい子どもに向いている曲なのかもしれませんね。

映えますし、発表会向けの曲だとも思います。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ シプリアン・カツァリスの演奏で(CMつき)
6 Ecossaises in E flat major, WoO 83

↓ Faragó György の演奏で(最初から2分35秒ごろまで)
Faragó György - Beethoven - Écossaise - Für Elise

↓ エフゲニー・キーシンの演奏で
  (0分30秒頃から、CMつき)
Evgeny Kissin plays Ecossaisen WoO 83 in Eb

↓ アルフレッド・ブレンデルの演奏で
Beethoven Six Ecossaises WoO 83 Alfred Brendel

↓ ヴィルヘルム・ケンプの演奏で(編曲版)
Beethoven / Wilhelm Kempff, 1964: Ecossaiesen Es-dur / Ecossaise in Eb, WoO 83

↓ ブルーノ・カニーノの演奏で
  (最初から2分06秒ごろまで。後半は、WoO.8のエコセーズ)
  (これは、シュローダーの演奏なのかな・・・?
   あえて、子どもの音色にしたのかもしれない演奏かも。)
Bruno CANINO @ BEETHOVEN (3/9) Écossaises WoO 83-86

↓ パウル・バドゥラ=スコダの演奏で
  (この演奏は、お手本のような感じ)
One of Beethoven's jewels - Ecossaise

↓ こちらは、子ども向けのお手本のとしての演奏
   (途中までしかありませんが…)
zen-on piano solo エコセーズ 全音ピアノピース


↓ アルフレッド・ブレンデルのMP3

Ludwig van Beethoven: 6 Ecossaises, WoO 83 - No. 1



↓ フェルッチョ・ブゾーニのMP3

Beethoven - 6 Ecossaises, WoO 83



↓ ヴィルヘルム・ケンプのCD

エリーゼのために/ベートーヴェ



この曲の楽譜は、 こちら になります。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示