06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ピアノ演奏の音からつぶやきを・・・

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


今日、2つ目の記事になります・・・


ピアノのことでつぶやいてみたくなったので、

思ったことを書いてみますね。


多くの日本人の奏でるピアノの音。


何かが違うなあと

このブログを始めて感じています。


<続きを読む> へ どうぞ・・・












ずっと、気になっていたのですけど、

それは、

音をきちんと聴いているかどうかではないか?と

急に、思えてきたのです。


ここ最近、

音を聴いていない人が多いと記事に書いていますが、

それをさらに強く思わせてくれるのが、

子どものためにお手本のように弾かれた曲の演奏の音・・・


音楽大学を卒業されている方でも、

音をちゃんと聴いているのだろうか?

と、

このブログを始める前にも、

疑問に思うことが、何度も何度もありました。

私のような素人がこう書くのは、大変失礼ですけど、

そう聴こえることが、過去にしばしばありました。


その原因は、

ペダルの使い方ではないか?


ふと、そう思ったのです。


ペダルで響かせている音が、美しいか濁っているか?

どのように響いているのか?


それは、

音を聴いて演奏をしていたら、気づくはずのものですけど、

それに気づかないで、演奏をしているのではないか?

と、

ふと、思ってしまったのです。


生徒が弾く演奏も、

先生がペダルを正しく使うことを教えていないことで、

美しくない、つまらない音になっているのではないか?


・・・なんてね。


手は動かしていても、足はいまいち?

そんな演奏になっているのでは?


この2年間、

いろいろとプロの演奏を聴き比べてみて、

このピアニストは、

ペダルをこんな風に使うのか~と、

いろいろとその違いに、驚くことが多いです。


いい演奏をしていない映像は、

(・・・うまく言葉で言えませんが、)

ペダルを踏みっぱなしという感じで、

うまく使っていないように感じます。

それは、

画像の音が悪い、というだけではないように

感じています。


このブログでは、

何かしら、You-Tube の動画を紹介する形をとっていますので、

そういった演奏も取り上げています。

(他にないので・・・)


子ども向けの演奏は、なかなかないのです。

子ども向けであるからこそ、

それが、もっといい音であったら・・・と

思うのですけど、

残念ながら、ない。

申しわけないと思いつつ、とりあえず、紹介しています。


なんて、書くと、

批判を浴びそうですが・・・


でも、


日本のピアノの先生で、

指の動かし方を熱心に指導できていても、

ペダルの使い方を丁寧に指導されていらっしゃる方は、

果たして、

どれだけいらっしゃることでしょう?


日本でピアノを習われている方は、

ペダルについて、どう指導されているかを

一度、振り返られるといいかもしれません。


足の動かし方で終わっていませんか?

音をちゃんと聴いて、指導されているでしょうか?


音を聴けない先生が、

生徒にいい指導ができるわけがない。

美しい音を奏でることを意識していない先生が、

生徒にいい指導ができるわけがない。

発表会で、

まともに弾けない生徒を出している先生には、

おそらくできないでしょう・・・


改めて、指導者の質を考えてしまいました。


日本では、

音楽大学を出たといえども、

音を聴いて弾くことのできる先生は、

ペダルを正しく使うことができる先生は、

実は、数が少ないかもしれません・・・


これが事実だとしたら、

日本に住んで、ピアニストを目指すのは、

かなり厳しいことになるのでしょうね・・・

生まれつき、耳がいい、

という人しか、なれないかもしれません。

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示