06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


アルカン 『短調による12の練習曲』 より 「イソップの饗宴(Le festin d'Ésope)」

こんにちは。

先日紹介したアルカンの曲をもう一曲紹介してみますね。



シャルル=ヴァランタン・アルカン の

 『 短調による12の練習曲
   (Douze études dans tous les tons mineurs) 』

                  作品39 の 第12番目

      「 イソップの饗宴(Le festin d'Ésope)」




私は、イソップと聞くと、

有名なイソップ童話を思い浮かべます・・・

子どものころ、また、子どもがまだ小さいとき、

イソップ童話をいくつか読みました。

 (数多くあるお話の中の有名なお話だけですが・・・)


イソップ童話って、面白いですよね。

人間のどういった性格を持っているのかを、

それぞれの動物に、象徴させるようにすることで、

子どもでもわかりやすく、受け入れやすくできていて、

いろいろとお話することができます。

あえて、人間としないことで、

人間の持つさまざまな面を客観的に見せて、

お話を作っているのですから・・・

(もちろん、動物以外のお話もありますが…)


そうして、お話の動物のやりとりを通して、

子どもに教えさとすことができるのです。


人間って、

嫌なところも、悪いところもある・・・

どちらかというと、

好かれる面、いい面よりも、多いかもしれません。

そんなイソップ童話に出てくる主人公たち・・・

あるテーマに対しての反応もさまざまかもしれません。


この「イソップの饗宴」は、

主題のメロディーをいくつもの変奏させています。

面白おかしくも聴こえたり、

堂々とした感じにも聴こえたり、

賑やかにも、騒がしくも聴こえたり・・・


人間というのを客観的に見ると、

そんな音になってしまうのでしょうか?

心が人を受け入れられる態勢でいるときは、

それほど気にしなくていいかもしれませんが、

許容できる器が小さくなってしまうと、

相手のマイナスなとてもささいな面が

大きく見えてきます。

私自身、(小さいときからですけど、)

ものすごく冷静に、

他人を見てしまうところがあるので、

なんとなく、この曲が

そういった目で

さまざまな人を見て感じた人間像を

音にしたもののように聴こえてきます。


次々といろんな性格の人が出てくる・・・


そんないろんな人たちの饗宴?

宴会ともなれば、

人は、普段とはまた一味違った感じになりますが、

そのくらい、人を滑稽に見たかのような音に感じられます。

「イソップの饗宴」を

冷静に、客観的に見たときに感じた

さまざまな人間の饗宴と言っていいのかは、

わかりませんが・・・?

 (何度も書いていますが、私独自の感想です。)


もし、そうだとするならば、

この作曲家の「人を見る目」は、

かなりシビアなものだったのでしょうね。

こういうタイプは、

愛想よく、人あたりよく、つき合うことができるものの、

その反動で、

あとで、ドッと疲れを感じてしまうかもしれません。

人の裏の面がはっきりと見えてしまうだけに、

相手に合わせることができるので、

とてもしんどいのです。

だんだんと、時間がたつにつれ、疲れてくる。

でも、

表には、それを出しませんか?

言葉にしないと、誰も気づかないかもしれません・・・

そんな風に日々暮らしている人、

意外と、いたりして?

私もそうかもしれませんね。(・_・;)


・・・だからでしょうか?


私は、この曲をとても興味深く思っています。

弾きこなす技術があれば、いいですねえ・・・

残念ながら、

この超絶技巧曲を弾きこなすことは、できません。

(少しでも体調がよくなっていくといいなあ…)


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ イゴール・ロマの演奏で
Alkan - Le festin d'Ésope (Igor Roma)

↓ マルク=アンドレ・アムランの演奏で
   (アムランの超絶技巧が楽しめる演奏です。)
Hamelin in Stockholm - Alkan - Le Festin D'Esope, Op 39 No 12 9/14

↓ ジャック・ギボンズの演奏で
Alkan Le Festin d'Esope (Jack Gibbons)

↓ ロナルド・スミスの演奏で
Charles Valentin Alkan - Le festin d'esope Op.39 No.12 - RONALD SMITH

↓ レイモンド・レーヴェンタールの演奏で
Raymond Lewenthal plays Alkan "Le Festin d'Esope"


↓ イゴール・ロマのMP3

Le Festin d'・・sope: ・・tude op.39 no.12 - Saltarelle



↓ マルク=アンドレ・アムランのCD
  (10曲目になります。)

Alkan: Grande Sonate; Sonatine; Le festin d'Esope



この曲の楽譜は、 こちら になります。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示