06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


子どもには、曲のよしあしがわかる?

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


子ども向けの曲を

最近紹介してきたことが影響しているのか、

それらが、毎日のように

検索されているように感じます。


それで、少し書いてみますね・・・


平吉 毅州さん の 「踏まれた猫の逆襲」
平吉 毅州さん の 「真夜中の火祭」
湯山昭さんの『お菓子の世界』から思うこと

この3つの記事は、

小さなお子さんが発表会などで弾ことが多いため、

検索されるのでしょうね。


うちの子も、「踏まれた猫の逆襲」を弾きました。


うちの子は、

体も小さく、とても小さい手をしていて、

オクターブが届くまでに、かなり時間がかかりました。


その子が、幼稚園の年中のとき、

大きな手のお友達が、

いろんな曲を弾いて、披露してくれていたのですけど、

うちの子は、

それらの曲を弾こうにも、弾くことができない。


どんなに努力しても、

手が小さいことで、なかなかうまくいかない。

そんな手の大きなお子さんの演奏を聴いては、

ピアノって、

手の大きさ(指の長さ)が大きく関係しているなあと、

思いました。


苦労なく、楽に弾いてしまえる子と、

苦労し、なかなかうまく弾けない子・・・


そんなことをよく感じました。


平吉毅州さんの

「踏まれた猫の逆襲」などの入っている『虹のリズム』、

湯山昭さんの『お菓子の世界』は、

そんな手の小さな子どもが、

それほど、苦労しなくても弾ける曲が入っていて、

楽しんで弾くことができたのでしょう・・・

好んで、よく弾いていました。


手が小さいことで、

ピアノがすんなりと弾けず、

先生が弾きましょう、という曲も、嫌がっていた子が、

楽しんで弾けるという経験があったのは、

よかったかもしれません。


子どもって、正直です。

ちょっとしたことでも、はっきりと違いがわかります。

そんな子どもたちに、好まれる曲というのは、

やっぱり、いい曲なのだろうと思います。

多くの大人が、音もわからず、

話題性だけで、判断するのとは違って、

よ~く、わかっているのですよ。


レッスンの曲が、

編曲された曲の調が違うとわかり、

元の調に直して弾いては、

「楽譜通りに弾きましょう・・・」と先生の指摘を受け、

嫌になったり、

編曲された曲の音が違うとわかり、

元の音に直して弾いては、

「楽譜通りに弾きましょう・・・」と先生の指摘を受け、

嫌になったり・・・

編曲された曲のリズムが違うとわかり、

元のリズムに直して弾いては、

「楽譜通りに弾きましょう・・・」と先生の指摘を受け、

嫌になったり・・・


私から見ると、

先生の指示もわかりますが、

なかなか大人の意図は、子どもには伝わらず、

大人がこうしよう、という意図は、

かえって、

子どものやる気をなくし、子どもをダメにしてしまう・・・

そんなことを思いました。


だから、

ピアノを習わせるとき、子どもには、原曲を弾かせる。

これは、基本だと思います。


子ども向けに作曲家が作った曲は、

子どものことを考えて、作られたものです。

それは、子どもには、ちゃんとわかるものです。


平吉毅州さんの「虹のリズム」、

湯山昭さんの「お菓子の世界」、

このどちらも、

いつまでも、子どもたちに好まれる曲で

あり続けるのでしょうね・・・


子どもがいい、と感じた曲。

それが、名曲、となるのでしょうか?

まあ、子どもって、面白い!ってだけで、

興味を持ちますから、必ずしも、名曲ではなく、

時には、珍曲?というのも、喜んでますが・・・? 


そんな子どもの感性、

いつまでも、いつまでも・・・持っていてほしいですね。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示