11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


結果をあれこれと言える日本人は誰もいないのでは?

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


今日は朝から病院へ行ってきました。

その疲れもあり、今、かなり眠いです。(>_<)


毎日、このブログにいらっしゃって、

お読みになる方々には、大変申しわけないので、

何かを書いてみます。

たまには、

音楽に関係もないことをつぶやいてみますか・・・


オリンピックが閉幕。


私の場合、フィギュアスケートが終わってしまうと、

ああ、終わった・・・

と感じます。

寂しさもあります。

メダルが期待されて、その願いが叶えられなかった選手・・・

毎回、他の誰よりも、

その願いが叶えられなかった選手自身が

一番悔しいと感じているのでしょうと思うのですけど、

オリンピックともなると、

他の誰かのほうがもっとその思いが強いものなのだろうかと

不思議に感じます。

他の大会との違い。

かなり感じます。


<続きを読む> へ どうぞ・・・












日本という国。

他の国ほど、

スポーツにはお金をかけていないように感じている私ですけど、

(ついでにいうなら、音楽などの芸術にも・・・)

お金をかけていたのでしょうか・・・?


スポーツ選手のご家庭が

小さいときからお金を出し、かなりお金をかけ、

お金だけではなく、

いろいろな面で、子どもをサポートし、育て、

それで、

ある程度、成長が見られ、可能性があるとわかった時点で、

はじめて、

国がお金を出しましょう・・・

という感じにしか、

感じないのです。

それは、

子どもを育てている親として、そう感じるのですけどね。


スポーツに限らず、

 (勉強にしても、音楽にしてもね・・・)

今の日本は、

育った家庭が裕福であるかどうか、

その目的に対してお金がかけられるかどうか、

それが、

子どもの才能を開花させるか、させられないかを

決定しているような気がしています。


逆に言うと、

今回のメダルにしても、


各ご家庭が、どれだけ努力してきたか・・・

周りで支えてきた人たちが、どれだけ支えてきたか・・・


その陰の努力があって、

もたらされたような気もします。

カンパなどで支援されて、頑張ってきたという選手もあり。


すべて、国が出したお金であれば、

国民が、

メダルがとれなかったことを残念に思ったり、

メダルがとれなかったことへの怒りがあったとしても、

理解できるのですけどね・・・


なんて、考えるのは、私だけ?


子を持つ親ともなると、

そこまで育て上げた親御さんの苦労・・・

そこに、目がいってしまいます。


親が教える立場であって、

それで、子どもが自然とやるようになって、教えていく・・・

そんな風であれば、ともかく、

そうではなく、

今の多くの親は、必死になって、

我が子が、メダルがとれるような選手になることを願って、

子どもにお金を投資するというような場合もあるわけで、

その親御さんの苦労は、ものすごいものだと思います。

また、

子どもがやりたいと一所懸命であれば、

たとえ苦しい経済状況でも、

なんとかして工面し、それができるようにさせる親御さんも

いるわけです。


本当に、頭が下がります。


そんな風に、つい、別の見方をしてしまう私。

でも、

子どもの同級生たちを見ていると、

やっぱり、経済力のある家庭の子どもが、

中学生になるころまでには、頭角をあらわしてきます。

ああ、結局は、お金?

なんて、思えてくるのですよ。


才能はお金と関係しているの?

なんて、思えてもきます。

親が裕福であれば、子どもの容姿もよく、頭もよかったり?

これは、気のせいではないように思えるのです。

(たまたま・・・そうなのかなあ・・・?)


まあ、スポーツにしても、

勉強にしても、音楽などの芸術にしても、

今の日本は、

親の経済力が子どもの将来に大きく影響しているのは、

間違いないように思います。

今の日本は、

各家庭(個人)の力によって、成り立っている?

そんな風に思えるのです。


おかしな見方でしょうか・・・?


今の日本で、

結果をあれこれと言えるような人は、いたでしょうか?

誰も、何も言えない・・・


そう思うのは、おかしいでしょうか?


まあ、同じような考えの方は少ないかもしれませんね。

子を育てている親の立場で見ると、

こんなふうに見えてしまいます。

今の親御さんの熱意はすごいものです。

それがあって、今の日本があるかな?

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示