11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


結果が出せないと、申し訳ないのか?

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


今日、3つ目の記事になります。

音楽記事を希望の方は、

2つ前の記事をお読みください。


テーマは、オリンピックを観ていて、感じたこと。


読まれる方は、

↓ <続きを読む> へ どうぞ・・・












多くの日本人は、夢を持っていないのでしょうか?


私は、元気になったら、

こうしたい・ああしたいはたくさんありますけど、

オリンピックを観ていて、

なぜ、多くの日本人は、

メダルを望んでいるのかなと考えたら、

「自分の夢を持っていない」からではないかと

思ったのです。


自分が持つことのできないような大きな夢。

そんな、大きなことを成し遂げようとしている人に、

自分の夢として、

託し、

その人がメダルをとったら、

まるで自分がメダルをとったかのように喜ぶ?

そんな風に見えてきたのです。

そうしたいからこそ、期待しする。

自分の喜びとして、味わいたいのですね・・・


多くの選手は、そんな人たちの夢を背負って、

オリンピックに挑むのですね・・・

「自分のためのオリンピック」というよりも、

「誰かのためのオリンピック」といったらいいのでしょうか?

とても重い思いを感じ、

それに、まったく気がつかないまま、いどむ。

いつのかにか、

重圧となってしまっているのかもしれません。

楽しもうと思っていたのに、楽しめなかったというのは、

そういう人たちの気持ちを

敏感に感じてしまったからでしょう。


私はね、

これまで選手にのしかかっているのは、

「メダルの重圧だ」

と思っていたのですけど、

メダルではなく、

「多くの日本人の思い」

なんだと、

今回、感じました。


だから、

メダルがとれなくて、申し訳ない・・・

というような言葉を、

毎回のオリンピックで、選手たちは発するのですね・・・

お気の毒です。


誰かの活躍は、とても嬉しいことだと思いますけど、

どうも私は、

他の人ほど喜んでいないなあと感じてます。

いつもね。

たぶん、

自分ごとではない、と思っているから・・・


でも、

多くの人は自分のことのように嬉しいと思ってます。

とても違和感を感じるのです。


私は、

自分がこうしたいと思っていることを成し遂げてこそ、

嬉しい!となるのであって、

誰かのことでは、

自分ほどの喜びはない・・・のです。


自分ではできない偉業を成し遂げた人をとても尊敬します。

でも、

それは自分の喜びとはちょっと違うのです。


おかしいでしょうか?


多くの日本人・・・たぶん、日本人・・・は、

誰かを通して、自分の願望をかなえようとしている。

だから、

メダルがとれないと失望し、中には怒る人もいるのでしょう。


これは、

・・・他の国の、

「国のために勝たなくてはいけない」

「国の代表だから」という考えの場合は、

当然、失望・怒りはあると思うのですけど、

それは、

「日本人のものとは違う」と考えてます。

そちらは、おおげさな言い方をすると、

生きるか・死ぬか・・・ですか?

(ひどい場合、負けたら、殺されそう・・・?)

選手に夢を託すというより、

勝つことに意味があり、負けたら意味がない

という考えから

失望、怒りが生まれるのではないかなと考えてます。

( 逆に、勝てば、国の英雄・・・ 

  日本ではそこまでの扱いではないですね。 )


オリンピックの選手たちの

「申し訳ない」というような言葉。

そこから、そんなものを感じました。


そんなオリンピック。

選手が活躍をすることで、

多くの人は、喜びます。

その後、

自分が同じように夢をかなえるのだ

と思う人が、

のちの代表になるみたいですね。

やっぱり、オリンピックは、

「夢を与える場」でもあるようです。

(そこが、オリンピックのいいところでしょう・・・)



誰かに夢を託す人と、自分で夢をかなえようとする人は、

そこが違うのでしょうね。


結局、


何かを成し遂げる人は、自分でかなえようとし、

何も成し遂げられない人は、自分でかなえようとしない?


なんて、思ってしまいました。


もう無理だ・・・と感じたら、

その人は、そこでおしまい?


いくつになっても、

まだ何かできるかもしれない、

成し遂げることができるかもしれないと

夢を持ち、かなえようと努力することは、大事なのだと

感じました。

いくつになってもね・・・


みなが、

夢を持ち、自分にあきらめないでいられたら、

オリンピックで選手に、

必要以上の期待をかけなくなり、

競技がやりやすくなるかもしれない・・・

なんて、

思ってしまいました。


私は、オリンピックの選手には、

これまでじゅうぶん努力し、頑張ってきたのですから、

オリンピックの場では、

誰かのために頑張るというよりも、

自分のために頑張ってほしいなと思います。

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示