10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ドビュッシー 『 小組曲(Petite suite) 』 より 小舟にて(En Bateau)

こんにちは。

今日は、

休日に聴くのにいいのではないかと

思える曲をとりあげてみます。

ゆっくりと寛ぎたいときに聴くと、

いいと思います。


ドビュッシー の 

    『小組曲』(Petite suite)より 第1曲 「小舟にて(En Bateau)」



『小組曲』は、ピアノ4手連弾のための組曲です。

管弦楽曲に編曲されたもののほうが、

有名かもしれません。


今回紹介する、「小舟にて」は、

どこかで聴いたことがある・・・

そんな曲だと思います。


癒しのクラシックとして、

我が家のいくつかのCDにも、収録されています・・・

クラシック入門として、いい曲なのかしらね?



この『小組曲』は、以下のように構成されています。

  1. 小舟にて  En Bateau
  2. 行列    Cortège
  3. メヌエット Menuet
  4. バレエ   Ballet

今回紹介する曲「小舟にて」は、第1曲目になります。


この 『小組曲』 は、

アントワーヌ・ヴァトー(ワトー)の絵画を

知っておいたほうがいいかもしれません。

ドビュッシーの曲を弾くには、

絵画をある程度、知る(観る)必要がある、

と、

当時のピアノの先生がおっしゃっていましたか・・・

  余談ですが、

  昨日から(2014年11月9日まで)、

  名古屋のヤマザキマザック美術館にて、

  ヴァトーの絵を観ることができるようなので、

  お近くの方は、よかったらご覧になってください。


さらに、

この 「小舟にて」 は、

ポール・ヴェルレーヌの詩集、

『艶なる宴 Fetes galantes』 の中にある詩をもとに、

作曲されたものなので、

その詩も

読んでみてください(堀口 大學氏の訳があります)

とも。

正直、私は、

詩を理解する能力がないので、

絵のイメージで、

曲をつかむしかできなかったのですけどね・・・ 

母の好きな詩であった、

「秋の日の ヴィオロンの ため息の ・・・」 で、

有名なヴェルレーヌの詩。

その詩に、ため息をつけるほど、

詩の世界に浸れる母がうらやましかった私です。

ああ、悲しい・・・ (>_<)


でも、今、

改めて、この詩を考えると、

ヴァトーの絵よりも、

濃厚なものを感じてしまうのでした。

でも、

この曲の音は、とても透明感があって、

愛し合うということは、美しいものであるのだと、

思わせてくれます。

時間を忘れてしまうほど、

周りの人が見えなくなるほど、

そのひとときが、大事なのですよね・・・

しかも、

とっても陽気で、うきうきしているようで・・・

若いって、夢中になるって、そんな感じかしら?


この曲は、

昼間なのかな?と思っていたのですけど、

L'étoile (星) 、 lune (月) という言葉が

詩の中に、出てくるので、

夜の月明かりの下での、

暗い水面に浮かんだ小舟のイメージを

思い浮かべるといいのでしょうね。

それ以上に、

そこにいる

優雅な雰囲気のある男女を感じるのが、

大事なのかな?

ヴァトーの絵のイメージが

曲とぴったりと合う感じがしてきます。

下品ではなく、雅びな感じが、ありますもの・・・

単なる、目に見える景色を音にした曲ではない、

私は、そんな気がします・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ジャン・マルティノン指揮、
   フランス国立管弦楽団の演奏で
   (最初から4分5秒ごろまで)
   CMつきです。
Debussy - Jean Martinon (ORTF) Petite Suite

↓ イラン・ヴォルコフ指揮、
   BBCスコティッシュ交響楽団の演奏で
DEBUSSY, PETITE SUITE I

↓ マルタ・アルゲリッチ、
   クリスティナ・マリトンの4手ピアノ演奏で
   CMつきです。
    (0分56秒ごろから4分25秒ごろまで)
Mrtha Argerich, Cristina Marton: Debussy Petite Suite 17 06 2013

↓ クリストフ・エッシェンバッハ、
   ラン・ランの4手ピアノ演奏で
    (0分46秒ごろから4分30秒ごろまで)
   CMつきです。
Lang Lang & Eschenbach —— Debussy:Petite Suite

↓ ロベール&ギャビー・カサドシュ夫妻の
  4手ピアノ演奏で
     (最初から3分09秒ごろまで)
Robert and Gaby Casadesus play Debussy Petite suite 1/2


↓ エマニュエル・クリヴィヌ指揮、
   国立リヨン管弦楽団のCD

ドビュッシー:管弦楽曲集



↓ ジャン・マルティノン指揮、
   フランス国立管弦楽団のMP3

Petite Suite (orch. Henri B・sser) (1998 Digital Remaster): I: En bateau



↓ ジャン=フィリップ・コラール、
   ミシェル・ベロフのMP3

Petite suite, piano 4 hands (1886-9) (1989 Digital Remaster): I. En bateau












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示