11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


相手の考えていること、少しでも想像できていたら・・・

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


ちょっとだけ・・・(?) 

いえ、いつものように長々となるかもしれませんが、

思ったことを書いてみます。


川崎市の強盗・強姦事件の容疑者逃走・・・


こういうこと、なぜ起こり得るのか・・・?

と疑問に思うのは、私だけでしょうか?


影でひっそりと、誰にもわからないように

罪をたくさん重ねていればいる人ほど、


相手の隙が、よく見えるようになる・・・

周りの状況が、注意深く見えるようになる・・・


なんて、思うのですけど?


普通の感覚でいる人が、

大丈夫・・・と少しでも気を許したら、

相手の思うつぼ・・・

なんて、思うのですけど?


刑務所のほうは、

厳重なセキュリティで守られ、

逃げられないようになっているそうですけど、

それと同様に、厳重な場所で「取り調べ」をしていないのかなあ?

・・・なんて、思うのですけど?


これは、よく現場を知らないただの主婦の素朴な疑問ですけどね・・・


こんなことが何回もあったら、

一体、何をしているのだ?と、不思議に思えるのです。

子どもを持つ親として、許せないものを感じます・・・

今日は、近所の小学生は、

先生方が一緒に見守りながらの下校でした・・・


相手は、人間。 

しかも、ただものではない、罪を重ねている強者。


「腰縄が緩くなった」


という言葉に対し、

一瞬でも、

何を言おうとしているのか? 

何を意味しているのか?と

考えることは、できないのでしょうか?

こういうのは、

現場の状況と相手の心理を読めば、

見えてくるものがあるように思えるのですけど、

それが見えないというのは、甘い!


刑務所にいる人たち。

刑が重く、無期懲役の人であるほど、厄介であるそうですが、

そういう人たちが、どういう心理でいるのか、

それを勉強すべきではないかな?

・・・なんて、思うのです。


彼らは、

簡単に反省をし、これからまじめに生きていきます!と、

なるでしょうか?


彼らは、一筋縄ではいかない・・・


ジャン・バルジャンのようにはいかないでしょう。

初犯。軽い罪。

そういうのではないのですから・・・


私、このブログを始めて、

相手の「心理」を知ることがとても大事であると感じています。

相手は、どういうタイプであるのか、

相手は、どう考えているのか、

自分は、どういうタイプであるのか、

自分は、どう考えているのか、

これらを考えて、どうするといいのかを考えること、

大事ではないかしら・・・?


罪を重ねて生きてきた人間。

ごく普通に生きてきた人間とは、考え方が違うのです。

今回は、これを前提に考えていたのでしょうか?


就職して、すぐに配属・・・?


まずは、心理を学ぶこと。

これを学んでから、お仕事に就く。

そうするとうまくいくのではないかしら?


これは、

他の、人間相手の職業でも言えることかもしれない・・・


特に学校の先生。


先生のお仕事をしながら、お勉強?

放課後にいろいろと学んでいらっしゃいますが、

学校では、お勉強されなかったのですか?と問いたくなること、

多かったです。

どの先生も、今、勉強中です!とおっしゃる。

大学で、お勉強は何をなさっていたの?と問いたくなること、

多かったですよ・・・


学校で教えてくれないのなら、自分でお勉強。

そんな風に勉強してから、先生になってほしい・・・

なんて、何度思ったことか・・・


これを読んでいる、今、大学生の方へ。


将来、人間相手にお仕事をするのであれば、

人を知ること、自分を知ること、

これを自ら進んでお勉強してください。

どんなお仕事でも、生かせると思いますよ。


・・・ああ、今日も長々と書いてしまいましたよ。(>_<)


あまり世間のことをこのブログには書きたくはないのですけど、

おかしなことが多くて、多くて・・・

ちょっと考えたら、わかりそうなこと。

でも、それは、私だけがわかるのであって、

周りの人間は、わからないのかなあ?と感じることが非常に多いです。

それは、

私が敏感なのではなく、

周りの人間が鈍感になりすぎているからではないかと思えるのです。


もっと、感覚を使って、周りを観察してみてはいかがでしょうか?

機械ではなく、人間なのですから・・・

人間が持っている、優れた感覚を使って、物事を見てほしいです。

そして、考えてほしいです。

そして、それを、

誰かの言葉ではなく、自分の言葉にして、

自分のものにしてほしいです。

いざというとき、

一番頼りになるのは、自分の感覚。自分で考える力。

私は、そう思っています。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示