09
:
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


プロコフィエフ 4つの小品 Op.4

こんにちは。

今年最初に紹介する曲になります。


この曲を最初に取り上げると、

私という人間は一体どんな人であるか?と

人間性を問われてしまうような気がしますが・・・


セルゲイ・プロコフィエフ の 4つの小品 Op.4


この曲集は、以下のように構成されています。

 1 思い出   Reminiscences
 2 衝動    Elan
 3 絶望    Desespoir
 4 悪魔的暗示 Suggestion diabolique

4曲目の「悪魔的暗示」が有名でしょうか・・・?

私は、この4曲目が一番好きです。

面白い!と思います。

体力があれば、今、弾いてみたい曲です。


この小品を最初から聴いていると、

この作曲家は、一体どんな人であるのか?

普通の感覚の持ち主ではない、凡人ではないと思えてきます・・・


若い時期に作曲されたそうなのですけど、

若い時期であるからこそ、こういった音になるのかな?とも思えてきます・・・

周りの人と、見え方・考え方、感じ方など・・・

いろいろと違っている人であれば、

 しかも、

 簡単にできてしまうようなとても優秀なタイプであれば、なおのこと、

思春期から青年期に向かう時期に

何もがつまらなくも感じ、ひどく冷めてしまいます。

周りがよく見え、より冷静な鋭い目で見てしまう・・・

この曲は、そんな時期の曲なんだろうなあ・・・という感じがしてくるのです。


他の人とは「違う」ということ。

これって本当に、感じれば感じるほど、むなしくなってきます。

自分という人間が孤立して見えてきます。

それを自覚し、

その、周りとは変わった自分を強調するかのように、

音にも、そういった面を表そうとしているかのように思えてきます。

これでもか、というくらいにね。

普通の人に、

「わかるか? この気持ち。」

と、わかってほしいと訴えるのとは違って、

「わかるわけないなあ。 」

と、またも、冷めた感じで、いたりして?

私は相当な変わり者なので、そんな風にこの曲に共感を覚えたりします。


でも、思春期って、

普通のタイプの方でも、

そんな風に感じる時期でもあるのではないかしら?

違いを感じる度合いが大きいか、小さいかの違いであって、

思春期に荒れるタイプは、

この度合いが大きく、悩み苦しむのかもしれませんね。

でも、どうしたらいいのかわからない・・・?

そんな感じで、暴力などの行動に出るのかな?


プロコフィエフが、実際、荒れていたかどうかはわかりませんが、

とても優秀な人は、その「荒れる」という行為すら、

ばからしく思えてきて、それもしないような気もします。

だから、音に表現したのかもしれません。

とても冷え切っている心。

それを音にした・・・

そんな感じがするのですよ。

(これは、私独自の感じ方ですので、本当はどうかはわかりませんよ…)


ちなみに今の私。

4曲目の「 悪魔的暗示(Suggestion diabolique) 」が、

今の気分に、妙に、しっくりとくるのです。

聴いていると、心がだんだん高揚してくる感じ・・・

やってやるぞ、という気分になってくるのですよ。

( ああ・・・、今の精神状態、おかしいかも?)

今年もね、頑張ります・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ こちらは、4つの小品の全曲演奏で
   アンドレア・トロヴァートのピアノ演奏
A.Trovato plays Prokofiev Four pieces for piano Op 4

↓ こちらは、4曲目の「悪魔的暗示」
   プロコフィエフの自演で(CMつきです)
Prokofiev Plays Prokofiev Suggestion Diabolique (1935)

↓ こちらも、4曲目の「悪魔的暗示」
   シュールな絵画を観ながら聴くと、また、面白いです。(CMつき)
Sergei Prokofiev - "Obsession diabolique" (Satanic Apparition)op.4,No 4

↓ こちらも、4曲目の「悪魔的暗示」
   スヴャトスラフ・リヒテルの演奏で
Sviatoslav Richter plays Prokofiev: Suggestion Diabolique

↓ こちらも、4曲目の「悪魔的暗示」
   フレデリック・チュウの演奏で
S. Prokofiev : "Suggestion Diabolique" op. 4 no. 4 (Chiu)



↓ プロコフィエフ自演のMP3
  4曲目が「悪魔的暗示」です。

Prokofiev By Himself (Vol. 1)



↓ エチェリ・アンジャパリゼのMP3
  37~40曲目が「4つの小品」全曲になります。

Prokofiev: Ten Small Pieces / Sarcasms / Visions Fugitives



↓ フレデリック・チュウのMP3
   (ディスク4枚目の29曲目になります。)

Prokofiev: Complete Music for Solo Piano












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示