08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










シューマン 『子どもの情景』 より 作品15 第7曲 「トロイメライ(夢)」

シューマンの「子どもの情景」の中で一番知られている曲・・・


トロイメライ


日本語で「夢」。


私は、この曲に関しては、

「絶対に、ホロヴィッツ!!!」というくらい

彼の演奏に魅せられてしまった一人です・・・


ウラディミール・ホロヴィッツの音は、

とても甘く、柔らかく、穏やかに夢を見させてくれるような音で、


そんな感じの音を出してみたい!と、


何度思ったことか・・・

残念ながら、私はそんな風に弾けたことは一度もございません。


それどころか、

「この曲を弾いて。」と言われようものなら・・・

下手なのがバレてしまうので、絶対に弾けない・・・

そんな恐ろしい曲でもあります。


結構、ペダルの使い方が難しい・・・と私個人は、思っています。

呼吸もそうですし、

テンポをどうするか、いかにレガートに弾くか、音の重さの割合・・・


最初の出だしで、もう弾けるか弾けないか、わかってしまう、

その感じが、はっきりと自分でもわかるこの曲。


発表会で、弾く人は勇気あるなあ・・・なんて、毎回思う私でした。


子どものころなら、考えもしないで

気楽に弾いたかもしれないけれど、

この曲の難しさを知ってしまった今、


絶対に、人前では弾けない!


そんな曲なのです・・・


でも、

そんな私の下手な演奏でも、

下の子が小さいときには、眠ってくれました・・・

 (音痴になっていないといいのですけど。)

このころが、この曲の一番の練習どき・・・でしたか???

今思うと下の子は、私がピアノを弾くとよく寝る子でしたね・・・

今日は、私の感想になってしまいましたね。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ ウラディミール・ホロヴィッツ の演奏で(CMつきです。)
Vladimir Horowitz plays Schumann - Traumerei from Kinderszenen Op. 15




↓ ホロヴィッツのCD

シューマン:子供の情景/クライスレリアーナ 他



↓ ホロヴィッツのMP3

Traumerei



< 後記 >

この曲、「拍子」で、検索されていらっしゃる方が多いです。

トロイメライは、何拍子?というもの。

答えは、4分の4拍子です。


トロイメライは、アウフタクト(弱起)で始まるうえ、

ゆ~らゆらと揺れる感じがあって、

はっきりとした拍子に聴こえてこないですものね。

先生にも、拍子を意識して弾くように言われました。

よく聴くことのある曲ですし、

小さいうちから知っていると、

なんとなく、こんな感じ・・・と弾いてしまいがちな曲です。

気をつけて弾かないといけませんね。


この曲の最後は、

前へ進んでいく曲ではなく、

後ろへ後へと戻るような感じで終わらせる・・・

それが、聴くものを、現実へさっさと戻らせず、

いつまでも夢見心地でいるような、

うっとりとさせてくれる曲となるのですね。

これは、子どもの子守歌にもなる曲だと思います。

でも、大人になっても、いい曲だわ~と感じる曲です。

時々、聴いたり、弾いたりしてみる。

なかなかいいいですよ。

でも、ホロヴィッツのように弾けない現実は、とても悲しいです。

いつか、この曲を弾けた!と言える日が来るといいですね~。


以前(2年くらい前)、

ピアニストの小林愛実さんが、

この曲を(子どもの情景を)弾いたのをラジオで聴きました。

それを聴いて驚いたのですけど、

彼女の音は、お姉さんの音だったのです。

お姉さんが、小さな子どもを見るような音。

ああ、この曲は、年齢も関係してくるのだなあと思ったのです。

シューマンの作曲した年齢か、それ以上か?

まあ、大人になって、はじめて、

その視点で見る子どもの情景なんだなあと思いました。

でも、それだけではないかもしれません。

ホロヴィッツのトロイメライを聴いていると、

年齢を重ねるほど、いい音になっていくような気もします。

だからね・・・

もしかしたら、だんだんといい音を出すことができるのではないかと

期待をしてしまうのです。

できるといいですね・・・

~~~ 関連記事 ~~~

・ 『子どもの情景』より 作品15 第1曲 「見知らぬ国と人びとについて」
・ 『子どもの情景』より 作品15 第10曲 「 Fast zu ernst 」
・ 『幻想小曲集』より 「夕べに」 
・ 『幻想小曲集』より 「夜に」 

この曲の楽譜は、 こちら になります。









トロイメライ

ホロビッツのコンサート会場での演奏、案外あっさりと弾いてますね。
本当にさりげなく、もったいぶらず…
観客の中には涙を流しながら聴き入っておられる方も…

私が小学校高学年のとき、名古屋の小学校で土曜日の下校の時にスピーカーから流れていたのがこの「トロイメライ」でした。
母がシューマンの「子供の情景」の楽譜を持っていたので見せてもらいましたが、意外さに驚きました。

小学生の私にはその意外性がなぜなのか、うまく説明できなかったけど、「譜割」ですね。聞いた曲の感じだと何拍子で書かれているのかよくわからなかったけど、楽譜を見ると意外にも…。
伸ばす音もテンポも、すべて演奏する人の感じる「間」に任されているんですね。

No title

こんにちは。

トロイメライ、穏やかでふんわりした
気持ちにさせてくれる曲ですね。
私も好きな曲のひとつです。

シューマンの曲は、好きな曲が多いです。
気持ちが穏やかになれるというか、
子供の気持ちに安心して戻れるというか。
シューマンって優しい人だったんだろうな~って。
優しい人だった分だけ悩みが多かったんだろうけど・・。

シューマンの妻のクララさんが、お父さんに反対されても、
ブラームスにアタックされても、一筋に思い続けるくらい
素敵な人だったんだろうな~って。

曲から優しさがこぼれてくるようで、好きです。(^^♪


しばらく、ゆっくりなさってくださいね。
訪問もコメントも疲れることは何もしないで
優しい曲を聴いて、心を癒してくださいね。(●^o^●)
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。