10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ショパン ピアノ協奏曲第1番 Op.11

こんばんは。

今日は、母が亡くなってから、

ずっと頭の中で流れている曲を紹介したいと思います。


ショパン の ピアノ協奏曲第1番 Op.11 


今は、第1楽章と第2楽章が流れています。

( 特に第2楽章・・・)

紹介するには、

第1・2楽章だけにするより、

全楽章のほうがいいと思い、分けないことにしました。


大切な母を失うと、

母とのことをあれこれといろんなことを思い出すものなのですね。


その思い出は、とても懐かしく、

そのときのことが鮮明に蘇ってくるのですけど、

そのたびに、母の深い愛情が感じられるのです。


ああ、私って、こんなに幸せに育ったんだ・・・

これほど悲しいのは、とても幸せであったからなんだ・・・


と改めて、

自分が恵まれて育っていたことを感じるのですね。


母との永遠のお別れはとても悲しいことですけど、

この曲の第1楽章と第2楽章を聴いていたら、なぜかホッとしてきます。


安らぎを与えてくれる・・・

やわらかい、やさしい音が包み込んでくれるような・・・

悲しみで泣いている心が次第に変化していくのですよ。


前に進んでいくために?


ぽっかりと穴の開いた心が、十分満たされてくると、

これからも生きていこうという強い前向きな気持ちになってきます。

それが、第3楽章なのかな・・・?


そんな気持ちになるためには、

この第1楽章と第2楽章はとても大切な楽章である・・・

そんな気がします。

何かに対しての別れに対し、その別れを受け入れるには、


自分は、じゅうぶん愛に満たされていた・・・


それを自覚することが必要なのかもしれません。

愛されたことへの感謝する気持ちが感じられるようになってくると、

一歩前に踏み出せるのかもしれない・・・

そして、どんどんと前へ前へと進んでいく・・・

それまでの自分を大きく乗り越えてね・・・


このショパンのピアノ協奏曲第1番は、そんな感じがする曲です。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ クリスティアン・ツィマーマンのピアノで(CMつきです)
Krystian Zimerman: The complete Piano concerto No. 1 in E minor (Chopin)

↓ エフゲニー・キーシンのピアノで(CMつきです)
Evgeny Kissin - Chopin - Piano Concerto No 1 in E minor, Op 11


ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番



ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番



< 後記 2014.6.16 >

動画が見られなくなっていたので、入れ替えをしました。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示