09
:
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ドビュッシーのピアノ曲から思うこと

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


今朝、ドビュッシーの 『ベルガマスク組曲』の前奏曲 をとりあげてみて、

ふと思ったことを少し書いてみますね。


ドビュッシーのピアノ曲を弾く・・・


これって、難しい、と思います。

よく、お友達の間で、ドビュッシーを弾くようになったと話がでたら、

その人は、かなりレベルが高いというような見方をしましたね。

思わず、

みなさんは、初めて弾いた曲は、どれなのかしら?

なんて、考えてみたのですけど、どうなのでしょうね・・・?


私は、「夢(夢想)」が最初に弾いた曲でした。

うちの子が最初に、と言われたのは、

ちいさなくろんぼ(小さな黒人(Le petit negre ))」。

子どもの発表会を見ていると、

「2つのアラベスク」とか、

ゴリウォーグのケーク・ウォーク」とか、

「グラドゥス・アド・バルナスム博士」も

弾くお子さんも多いかな・・・?

大人の発表会では、

「亜麻色の髪の乙女」を弾かれる方もいらっしゃいました。


聴いていると、弾いてみたいと感じる曲が多いのですけど、

( 中でも「月の光」「アラベスク第1番」は、人気あるのでは? )

発表会で聴いていると、

弾きこなしている人が少ないので、

やっぱり難しいのだなあと感じます。

( 以前、アラベスク第1番という記事でも、書きました。)


でも、

今、ここに挙げた数々の曲は、

ドビュッシーの曲の中では、

知られている曲である、と思うのですけど、

比較的人気がある曲である、と思うのですけど、

これが、ドビュッシーの曲だ・・・

これが、印象派の曲だ・・・

と言うには、ちょっと違うように感じるのです。

ドビュッシーを弾くようになった・・・というレベルで、

ドビュッシーがどういう作曲家であり、彼の曲がどういう曲であるのか、

を語るには、まだ早い・・・と言ったらいいでしょうか?

私は、多くのドビュッシーの曲を弾いていないので、

そう感じています。

もちろん、

どこまで弾くことで彼の世界を理解できるかはわかりませんが・・・


ただ、聴く。

私は、これで今日までこのブログで書いてきていますけどね、

それだけでね、語るには、難しい作曲家。

ドビュッシーは、そんな作曲家である、と思います。

なんかね・・・

手ごわい。

そんなものを持っている作曲家かな?

彼を一人の人間として見たら、

そう感じてしまう?

なぜか、そう感じるのですよね・・・ 内面・・・かな?

素敵な曲ばかりなのですけどね。

本当に不思議です。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示