10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ベートーベン ピアノソナタ第20番 Op.49 No.2

こんにちは。

今日は、明るい曲を紹介します。


ベートーベン の ピアノソナタ第20番 Op.49 No.2


ここ最近、暗い気分でいましたが、

この曲を聴いて、子どものころを思い出し、

元気が出てきたので、紹介してみることにしました。


この曲は、ベートーベンのピアノソナタの中でも、

やさしい曲、

たぶん、一番最初に弾くことになる曲ではないかな?と思います。

ベートーベンのピアノソナタ第19番のOp.49 No.1と同様に、

「やさしいソナタ」の名がついています。

第20番となっていますが、

第3、4番のころに作曲されたようです。


ソナチネアルバムを終え、

ソナタアルバムに入り、この曲を弾くようになると、

やっと、

曲を弾いている、曲を習っているという実感がわいてきて、

嬉しかったのを覚えています。

しかも、ベートーベンですしね。

 (クラシックに疎い父も、これを聴いて、

  やっと娘が「曲を弾きだした」と、思ったそうですよ。)


<余談ですが・・・>


 ご存じの方は、少ないかもしれませんが、

 むか~し、『スヌーピー』のアニメが、

 テレビで放映されたとき、

 小さなピアノを弾くシュローダーが、この曲を弾いていました。

 確か、彼はベートーベンをとても尊敬していたと記憶しています。

 ( 私は、小学生の低学年ごろ、
   スヌーピーをとても気に入っていて、
   スヌーピーのマンガ(英語版)をいくつか買い、
   絵を見て、わけがわからない英語を、
   なんとなくで理解していましたが、
   何をピアノで弾いているのか、当時はわからず、
   テレビで観たときは、感動しました・・・ 
   シュローダーが弾いていたのはこれだったのか~と。
   結構、速いテンポで第1楽章を弾いていましたよ。
   そこが、天才という表現なのかな?)


この曲は、あまり深く考えることなく、

この曲の持つ明るさで、楽しみながら弾く・・・

私は、子どものころ、そう弾きました。


ピアノを上手に弾けるようになりたいと思い、

習い始めましたが

レッスンを始めるとすぐに、

「ピアノを習う」ということは、

楽しいことである、というよりも、

毎日、指の訓練をするもので、かつ、

あまり面白味のない曲や練習曲ばかりを弾くのもので、

そう簡単には、

弾きたいと思うような曲が弾けないのだとわかります。

そして、

もっと楽しいと感じる曲を弾くことができたらな・・・と

思うようになります。

それができるようにと、日々頑張るのですけど、

それができるようになるまでには、

小さな子どもには、

とても長い道のりに感じるかもしれませんね。

そんな中、

ピアノを弾くことは楽しいのだと再認識させてくれた曲です。

私は、ソナタアルバム1あたりから、

やっと弾きたいと思えるような曲を弾かせてもらえるようになったと、

感じています。

 ( だから、父の指摘は正しかったかな? )


でも、

ここまでのレベルになるのに、

挫折してしまうお友達が多かったですね。

 当時は、電子オルガンではなく、

 アコースティックピアノを

 すんなりと買い与える家庭が多かったのか(ブームだったかな?)、

 たいていのお友達の家には、ピアノがありましたけど、

 使われていないピアノは、可愛そうでしたね・・・

 親が好きでもないのにやらせたか、

 親があれこれと言ってしまって、挫折してしまったのかな?


「ピアノを習う」って、

ピアノが好きでないと、長く続かないのかもしれませんね。

でも、

このピアノソナタが弾けるようになると、楽しくなってきます。

もっと練習したら、

もっともっといろいろな曲が弾けるようになるわけですからね。


このベートーベンのピアノソナタ第20番は、

子どもの気持ちを、やる気にさせてくれる曲かもしれません。

「やさしいソナタ」というだけあって、

初めて弾くピアノソナタとして考えると、

とても弾きやすい曲だと思います。

以前紹介した、モーツァルト ピアノソナタ K.545 よりもね・・・ 

( 私だけかな? )



もしよかったら、聴いてみてください。



↓ ヴィルヘルム・ケンプの演奏で
Beethoven piano sonata no. 20 op. 49 in G major (Full)

↓ リチャード・グードの演奏で
Beethoven - Sonata No. 20 in G major, Op. 49, No. 2 (Richard Goode)

↓ スヴャトスラフ・リヒテルの演奏で
Sviatoslav Richter: Beethoven Sonata No. 20 G-major


シフ・アンドラーシュが
この曲を講義しているものがありました。

↓ よかったら、参考にどうぞ・・・
  (英語ですが、聴き取りやすいです。)
Beethoven Piano Sonata No. 20 in G major, Op. 49, No. 2 'Two Easy Sonatas'


↓ ヴィルヘルム・バックハウスのCD

ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ全集



↓ ヴィルヘルム・ケンプのMP3(こちらは第1楽章)

Ludwig van Beethoven: Piano Sonata No.20 in G, Op.49 No.2 - 1. Allegro ma non troppo



↓ ヴィルヘルム・ケンプのMP3(こちらは、第2楽章)

Ludwig van Beethoven: Piano Sonata No.20 in G, Op.49 No.2 - 2. Tempo di Menuetto












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示