08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










リヒャルト・シュトラウス 交響詩『死と変容(死と浄化)』(Tod und Verklärung )Op.24

おはようございます。

ここ最近、明るい曲を紹介できなくて申し訳ないです。

もうしばらく、おつき合いください。

今日、紹介するのは、


リヒャルト・シュトラウスの 

     交響詩『死と変容(死と浄化)』(Tod und Verklärung )Op.24



生と死。

生きている限り、いつかは必ずやってくる死。


その死と直面。


そのとき、

自分の人生を振り返ったり、

まだまだやりたいことがある、という気持ちに

なったりするのでしょうか?

死の恐怖を感じることになるのでしょうか?

そう考えると、

「死」というものがかなり怖くなってきますね。


この曲を聴いていると、

死に直面すると、そういう気持ちになる人は、

もっともっと生きて、

もっともっといろいろなことがやりたいという

「生」への強い思いがあるのだなと、

羨ましくも思えたのです。


作曲家が25歳のころの作品。

若くして、死と直面するような経験をされて作曲したそうですけど、

この年齢で、死は早すぎますし、

「生」への強い思いがあるのですね。


私も、以前は、若いころは、そうだったかもしれない。

残念ながら、私はその逆かもしれない・・・

いつ死んでもいいと思うのですから。

生きなければいけないから、生きる。

生きることを望む人がいるから、生きる。

生き続けるのは、自分のためではなく、誰かのためである。

そうしているような気がします。


この生きたい!という気持ち。

これって、大事ですね。


でも、それが強ければ強いほど、

この曲のように、

死に直面すると、壮絶な戦いをすることになるのですね。

自分の人生を回想しては、死との戦いがはじまる。

それを繰り返す。

この曲の最後に、死が訪れます。

病人は、戦いが終わって、

肉体からの苦痛から逃れ、

魂が安らぎ、浄化され、天へ昇っていく。


その最後の音を聴いていると、

苦しみのあとに、安らぎがやってくる・・・

そう感じられてきて、心の救いになります。

そうであってほしい。

そう願います。



もしよかったら、聴いてみてください。(約25分くらい。)


↓ リヒャルト・シュトラウス指揮
  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
Richard Strauss conducts his tone poem "Tod und Verklärung"

↓ ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮
   ハンブルク・フィルハーモニカーの演奏で
Wilhelm Furtwängler "Tod und Verklärung" R. Strauss

↓ ユージン・オーマンディ指揮
   フィラデルフィア管弦楽団の演奏で(CMつきです)
リヒャルト・シュトラウス 交響詩 《死と変容》

↓ レオポルド・ストコフスキー指揮の演奏で
Stokowski/Philadelphia - Strauss: Tod und Verklärung op 24 (Death and Transfiguration)

↓ ヴィクトル・デ・サバタの指揮で
Richard Strauss Tod und Verklärung - V.De Sabata

↓ アルバート・コーツ指揮、ロンドン交響楽団の演奏で
1st Recording - Strauss: Tod und Verklärung, Op 24


↓ ヘルベルト・フォン・カラヤンの指揮のCD

R.シュトラウス:交響詩「死と変容」 / メタモルフォーゼン [DVD]



↓ ハンス・クナッパーツブッシュの指揮のCD

リヒャルト・ シュトラウス:アルプス交響曲、交響詩「死と変容」



この曲、初めて聴かれる方は、どう感じるのでしょう?

「死」を常に意識して生きている人と、

そうではない人では、聴こえ方が違ってくるのでしょうか?

私は幼少のとき、

重症で寝込んでいた時期があったそうですが、

残念ながら、その間の記憶がなく、

そんな状態にあったことを周りの大人から聞いて知ったくらいです。

でも、リヒャルト・シュトラウスのようなことを感じたから、

その後、常に「死」を意識するようになったのでしょうか・・・?

なんて、思ってしまいます。

不思議と小さいころから、「死」を恐れていました・・・

なんとなく、この曲は、何度も聴いてみたいと感じる曲です。

浄化を感じられる最後が好きです。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。