10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ショパン 12 Etudes Op.10 No.6

おはようございます。

かなり沈んだ気分でいますが、

その気分にぴったりだと感じる曲を紹介してみます。

感じたままに、書きますね。


ショパン の 12の練習曲 Op.10 No.6


何かつらいことがあったのね・・・


静かで、光があまりない暗い場所。

好んでそんな場所にいて、物憂いの表情でいるかのよう。


ゆったりと時は刻まれていく。


何かが聴こえたとしても、感じない。

何かが見えたとしても、見えない。

まわりに誰かがいたとしても、何かがあったとしても、

たった一人でその場にいるかのような感じ。

感覚がわからなくなってしまっているような状態。

でも、

そんな中に少し光が差し込んでくるところ・・・

変ホ短調から、ホ長調に変わるところで、

周りが見えてくる。

でも、

それは、それまでとは違った感覚で見えてしまう。

何を見ても、何を聴いても、以前とは違って感じてしまう。


これまでと同じようには生きていないんだ・・・


と気づくのですね。

心が、ほっかりと穴の開いてしまった。


また、

変ホ短調に戻ります。

生きている自分に激しく思いをぶつけ、叫ぶ。

それが、また虚しい・・・

そう感じ、また、もとのようになる。

最後、少し気持ちを明るくし、前に向かおうとするものの、

やっぱり、沈んでしまう・・・


希望。


これが見えていると、こうはならないでしょう。

希望どころか、絶望が感じられてしまうと、

どうしようもない。

この曲は、力すら出なくなってしまっている人のよう。

少しでも明るい未来が見えないと、人はそうなってきますね・・・

私も今、そんな気分を味わっています。


ショパンの12のエチュードの中では、

技術的には、やさしい曲だと思いますが、

光のないような世界にいるかのような気分になるような感じが

出せるかどうか・・・

そう感じたことのある人とない人では、

音が違ってくるでしょうね。

( これは私の解釈であって、違うかもしれませんが。)


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ マウリツィオ・ポリーニの演奏で(CMつきです)
Pollini plays Chopin Etude Op.10 No.6

↓ ヴラディーミル・アシュケナージの演奏の演奏で
  (Op.10 の No.1 ~ 6 まで、11分0秒からNo.6 )
Chopin / Vladimir Ashkenazy, 1960s: Etudes, Op. 10, Nos. 1 through 6 - Vinyl LP

↓ アルフレッド・コルトーの演奏で
ALFRED CORTOT - Chopin Etude no.6 op.10

↓ ウラディミール・ホロヴィッツの演奏で
V. Horowitz - Étude Op. 10, No. 6 (F. Chopin)

↓ アルトゥール・ルービンシュタインの演奏で
Arthur Rubinstein - Chopin - Etude No 6 in E-flat minor, Op 10

↓ スヴャトスラフ・リヒテルの演奏で
Sviatoslav Richter plays Chopin Etude op. 10 no. 6 in E flat minor

↓ ヴラディーミル・ソフロニツキーの演奏で
Vladimir Sofronitsky plays Chopin Etude in E flat minor Op. 10 No. 6

↓ アンドレイ・ガヴリーロフの演奏で
Andrei Gavrilov - Chopin Etude op. 10 n. 6


↓ ヴラディール・アシュケナージのCD

ショパン:練習曲集(全27曲)



↓ サンソン・フランソワのCD

ショパン:27の練習曲



↓ マウリツィオ・ポリーニのCD・MP3(6番目)

Chopin: Etudes Op.10/Op.25












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示