09
:
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


プッチーニ の 弦楽四重奏曲 菊(Crisantemi)

おはようございます。

今日もちょっと暗いイメージの曲かもしれませんが、

いい曲なので、紹介してみますね。


プッチーニ の 弦楽四重奏曲「 菊(Crisantemi ,クリザンテーミ)」


この曲は、始まるとすぐに鳥肌がたってきます。


静かな音でありながら、

作曲家のこの曲への思いがとても強く感じられます。


深い悲しみ。


何にもできなくて、声もかけられなくて、

できるのは、ただそばに居て、そっと見守るだけ・・・


そんな感じになってきます。



それにしても、

「菊」の花は、

イタリアでもお墓にお供えするお花だったのですね。


というより、

元は、ヨーロッパのほうがお墓にお供えをする習慣だったようですね。

日本のほうが、後だったとは・・・


作曲されたのが、1890年。

幕末の時代に日本からヨーロッパにもたらされた菊。

( 最初は、中国がもたらしたそうですけど )


ヨーロッパでは、

ポンポン菊のようなイメージなのかなと思っていたら、

どうも、スプレー菊のような花みたいですね・・・


中国では、9月9日は重陽の日で、菊の節句ですし、

日本では、菊は高貴で、いいイメージであったのが、

いつのまにか、

ヨーロッパの風習が日本に伝わったことで、

仏の花のイメージになってしまったのですね。


この曲は、大切な人の死を悼んでいるという曲。

悲しみを深く感じている人にとっての菊の花。


この曲には、言葉はいらない・・・

そう感じます。

音を聴いているだけで、

ストレートに気持ちが伝わってきますから・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ルドルフ・ヴェルテン指揮の演奏で
G. Puccini - "Crisantemi" by I Fiamminghi

↓ ローマ四重奏団の演奏で(CMつきです)
G. Puccini (1858-1924): Crisantemi


↓ ベルリン放送交響楽団のMP3

Giacomo Puccini: Crisantemi



↓ アントニオ・パッパーノ指揮、ロンドン交響楽団のMP3
  (18曲目になります。)

Messa Di Gloria / Preludio Sinfonico / Crisantemi












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示