07
:
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ベートーベン ピアノソナタ第8番 Op.13 「悲愴」 第3楽章

こんばんは。

今日も、

先日から書いているベートーベンのピアノソナタ第8番をとりあげます。


ベートーベン の ピアノソナタ第8番 「悲愴」Op.13 第3楽章


このベートーベンのピアノソナタ「悲愴」の中では、

一番、発表会で弾かれる曲でしょうか?

よく聴きます。

You-Tubeでも、アマチュア演奏家のものが多かったです。

私も、この楽章が、他の楽章よりも弾きやすいと感じています。


でも、この第3楽章。

なぜか、

気持ちを抑えようとしても、だんだんと高ぶっていくような感じになるのです。

ブレーキをかけようとするのですけど、

時々、ふっと息をついて、落ち着くことは落ち着きますし、

ふ~っと大きく息を吸って、安らぐようなときもありますけど、

それでも、

内に秘められた気持ちが、表に出ようとしてくるのです。

だんだんとだんだんと・・・

そして、それは、時折、爆発するような感じになるのです。


この内に秘めた気持ちとは?


第1楽章で、苦悩と絶望による悲しみ・嘆きを全面に出し、

第2楽章で、平静心、落ち着きを取り戻すものの、

だんだんと、怒りが芽生えてくる・・・


根底にあるのは、許せない自分自身に対する怒り。


怒れてくるのですよ、自分の現状に。

くやしくて仕方がない。


どうしてこうなってしまったんだ!という強い思い。


苦しみや悲しみをなんとかしてはねのけ、立ち上がる人間というのは、

この「くやしさ」があると思うのです。

苦悩をはねのける力。

それがあって、立ち直れる。


ベートーベンは、

それを表に出さないよう抑えようとしているものの、

やっぱり、抑えきれないときもあるのかな?

この第3楽章で、そう感じられる部分があります。


今ね、私自身が思うように動かせない体で、

こんな思いを抱えているからでしょう。

だから、こんな解釈になってしまうのだと思うのですけど、

そう聴こえてくるのですよ。

妙にマッチしてしまう・・・


元々、こんな体になる前でも、

この第3楽章は、気がつくと、

前へ前へと先へ急いで進んでしまいそうな勢いがあるのですけど、

2分の2拍子という拍子が、

うまくコントロールさせてくれているような気がします。


ベートーベンは、

怒りを爆発させないよう、気をつけていたのでしょうか・・・?

でも、時折、爆発していたのかな・・・?

だって、

やりきれませんもの、思うようにいかない体って。

これとずっと死ぬまで付き合っていくのに、

いつもいつも平静でいられますか・・・?


この方、気性が激しい方であったと言われているようですけど、

苦悩を抱えている人が、

どこかで、それを表に出すことをしなければ、

今度は、心が滅入ってしまって、生きる力を失ってしまうでしょう。

 ( たぶん、どちらかになるのでしょうね。

   生き抜いていくには、強い精神力が必要かもしれませんね。)


このピアノソナタ第8番。


第1楽章から、第3楽章まで続けて聴くと、

ベートーベンという人物像が浮かんでくるような気がします。

こうして、

耳が聴こえないというハンデを乗り越えていったのだな・・・って、

思えるのです。


これは、私の解釈ですけど、違っていたら、ごめんなさいね。

病気で苦しみ、もがいている一人の人間の解釈だと思ってください。


よかったら、第3楽章を聴いてみてください。お好みで。


↓ エリー・ナイの演奏で (CMつきです。)
Elly Ney - Beethoven Sonate Pathetique 3. movement

↓ アニー・フィッシャーの演奏で(CMつきです。楽譜つき映像)
Beethoven: Sonata "Pathetique" Op. 13 - III. Rondo. Allegro

↓ ルドルフ・ブッフビンダーの演奏で
Sonata Pathetique-movement 3 (Rondo)

↓ スヴャトスラフ・リヒテルの演奏で
Sviatoslav Richter:Beethoven Sonata Pathetique 3rd mov.

↓ パウル・バドゥラ=スコダの演奏で
Paul Badura Skoda - Beethoven Sonata op.13 Pathetique 3rd mov Bosendorfer

↓ アルトゥール・ルービンシュタインの演奏で
Artur Rubinstein - Beethoven Piano Sonata 'Pathetique' (1936) (3rd Mov )

↓ クリスティアン・ツィマーマンの演奏で(CMつきです。)
Krystian Zimerman plays Beethoven Piano Sonata No 8 in C minor Op 13 3rd Mov


↓ 「全楽章」をお聴きになりたい方は、こちらの記事をどうぞ・・・
ベートーベン ピアノソナタ第8番 「悲愴」 Op.13 第1楽章


↓ ヴィルヘルム・ケンプのCD

Beethoven: The 32 Piano Sonatas



↓ ヴィルヘルム・バックハウスのMP3

Beethoven: Piano Sonata No.8 in C minor, Op.13 -"Path・・tique" - 3. Rondo (Allegro)



~~~ 関連記事 ~~~

・ ベートーベン ピアノ ソナタ第8番 Op.13 「悲愴」 第1楽章
・ ベートーベン ピアノ ソナタ第8番 Op.13 「悲愴」 第2楽章









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示