06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


モーツァルトK.545をつぶやく

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


このブログに訪問される方の検索キーワードに、

こういうものがあります。

ほぼ毎日・・・といってもいいくらい、いらっしゃいます。


「モーツァルト ピアノソナタ 難しい」


以前から、書いていますが、

一見簡単なようで、難しいのがモーツァルト。

弾けばひくほど、難しいと感じるのがモーツァルト。

理想の音で弾けるようになるのは、一体いつになることか?

なんて、思う私です。


ソナタを限定するならば、

K.545。

この曲のレベルは、どの程度か?

と来られる方も多いです。


私自身は最初にモーツァルトのソナタで弾いた曲が、このK.545。

モーツァルト自身が

「初心者のための小クラヴィーア・ソナタ」としているのですから、

初級者向きである、というべきかもしれません。


< 続きを読む > へどうぞ。












モーツァルトのピアノソナタの中で、

一番、最初に弾くにはちょうどいいのかもしれません。

少し弾けるようになった人であれば、指は動くと思います。


でも、音の違いがわかると、

一流のピアニストが弾いている音と、雲泥の差を感じて、

自分の音に幻滅をしてしまう・・・

何にも意識していない小さな子どものほうが、

よっぽどさらっと弾いてしまう?

そんな小さなお子さんを見ては、いいなあ~なんて、思うのです。

指の違いかは、わかりませんが、

小さなお子さんのほうが、いい音だったりします。

もちろん、私の理想とする音とは、違いますが、

近いものを感じることがあります。

でも、

大人になると、モーツァルトが難しく感じてしまうのは、

私だけではないのではないかしら?

以前、

「少しだけ、モーツァルトとショパンを弾いた感想」という記事で

書きましたけど、

体の違い、心の状態も関係しているのかもしれませんね。


K.545の話に戻りますが、

これは、ハ長調。


ピアノを始めた初心者向けに、

「ハ長調」に編曲した楽譜が売られていますが、

果たして、

「ハ長調」は、簡単でしょうか?


・・・、習い始めると、

全部の調でスケール(音階)を、毎日練習すると思うのですけど、

そのスケールで、一番難しいと思えるものは、何でしょう?


私のピアノの先生は、

「ハ長調」が一番難しいとおっしゃっていました。

人それぞれかもしれませんが、

ハ長調は、初心者が楽譜を見る上では、やさしいかもしれませんが、

「弾く」となると、そうはいかないと。


粒がそろった音が出せるどうか・・・?

スケールだけではなく、アルペジオ(分散和音)もね・・・

K.545は、

そんな技術的なものが問われているような気がします。

だから、決して簡単ではない・・・そう思うのです。


・・・、

今日は、久々に音楽のつぶやきをしましたか・・・?


今、いろいろと記事を書き直しをしているところですが、

モーツァルトのいくつかは、一度下書き保存しておきます。

とても、読めるものではない・・・(>_<)

ああ、悲しいわ~。

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示