07
:
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ショパン 幻想ポロネーズ

おはようございます。

昨日、ショパンのポロネーズを取り上げたので、ついでに、

今日も7番目のポロネーズをとりあげてみますね。


ショパン の 幻想ポロネーズ


ポロネーズとなっていますけど、

1番から6番までの曲とは違って、ポロネーズというより、

幻想曲といった感じが強い曲だと思います。


この曲は、弾いてみたことがないのです。

なぜか、弾いてみたい、という感じにもならないのですよ。


この曲は、弾くにはまだ早いという感じがするのです。

なんでしょうね? 時期が早いという感じを持つのは。

人生の終わりの時期になって、この曲を弾いてみる・・・

そんな印象すら感じさせるものが、この曲にはあります。

もちろん、

若い人が演奏したからどうだっていうわけではないですけど。

今の私には、出せないなあ・・・といったらいいのでしょうね。


ショパンが、人生の終わりに苦しみながら、

それでも、未来への期待を持ちながら、決してあきらめない、

という希望を曲に持たせようとした感じがするのですね。

それが、かえって、つらくも聴こえてくるのです。

音が、悲痛な叫びのような感じに聴こえてくるのです。

それを弾くというのは、

今の私にはできないなあという気持ちがあります。

だからなのか、まったく弾く気になれないのです。

これを若い演奏家が弾きこなすのですから、演奏家というのは、

すごい想像力の持ち主だなあと感心するのですね。


もしよかったら、若い演奏家のを聴いてみてください。

↓ 2010年ショパン国際ピアノコンクール2位入賞の
  インゴルフ・ヴンダーの演奏で
Ingolf Wunder 幻想ポロネーズ op61

↓ インゴルフ ヴンダーのCD,MP3

Chopin Recital



リヒテル名演集



< 後記 >

幻想ポロネーズが好きになれないという方が多くいらっしゃるので、

私になりに考えたことを書いてみました。

お読みになる方は、こちらへどうぞ。

~ 関連記事 ~

ショパン ポロネーズ第4番
ショパンポロネーズ第5番
ショパン 英雄ポロネーズ
アンダンテ・スピアートと華麗なる大ポロネーズ









管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示