08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










シュトラウス2世 「ウィーン気質」

昨日に続き、ワルツで。


ウィンナ・ワルツといえば、

ヨハン・シュトラウス2世のワルツですけど、

その中でも、私のお気にいりは、この曲。



ヨハン・シュトラウス2世 ウィーン気質(かたぎ)Op.354



この曲、実は、家にあったオルゴールの曲。

箱を開けると、

小さなバレリーナが踊り出す・・・というオルゴール。

これを聴いて慣れ親しんでいたことも、好きな理由かもしれません。


シュトラウスのワルツは、

重いところがまったくなく、華やかで、幸福感があって、

気分が晴れやかになってきます。


この曲は、まさに舞踏会!

というイメージが浮かんできます。

若い女性なら、きっと舞踏会に憧れますね・・・

 (きっと・・・で、ない方もいます???)


でも、


この年で、結婚していて、白いドレスで舞踏会? 

デビュタント・ボールで?

ありえない話だわ・・・ ( 悲しい~ )


でも、でも、


あそこで、踊ってみたいなあ・・・

私は、踊ってみたいだけですけど・・・

縁のない世界なので・・・羨ましいです・・・



もしよかったら、聴いてみてください。
  

↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
JOHANN STRAUSS JR. - WIENER BLUT - HERBERT VON KARAJAN ( 1949 )

↓ フランツ・ウェルザー=メスト指揮、
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
    (シェーンブルン宮殿夏の夜のコンサート2010)
Johann Strauss - Viennese Spirit (Viennese Blood - Wiener Blut)

↓ こちらは、オルゴールの音色で。
カリオペ60G ウィーン気質 オルゴールの小さな博物館


↓ クレメンス・クラウス指揮、
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3
   (1941年のニューイヤーコンサートでの演奏
    「ウィーン気質」は、4曲目になります。)

New Year's Concert 1941



↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Wiener Blut, Op. 354




↓ 小澤征爾さんのニューイヤー・コンサートのCD

小澤征爾&ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート 2002 完全収録盤




もし、よかったら・・・

どうでもいいつぶやきを書いてみました。軽~いのりで。

<続きを読む>へどうぞ。












< つぶやき >


なんでもない話ですけど・・・



ウィーンに行ったとき、


かなり眠くて頭がぼ~っとした状態で、

ここはウィーンだ!と頭をしっかりと認識させてくれたのは、



流れてくるウィンナワルツですね・・・



どこもかしこもウィンナワルツ?って感じ・・・





ちなみに、





パリに行ったとき、ボケた頭の状態で



ここはパリだ!としっかりと認識させてくれたのは



男性の香り・・・



どこもかしこも、強烈な香り?って感じ・・・




そして・・・



日本に戻って、ポ~ッとした頭の状態で

ここは日本だ!としっかりと認識させてくたのは、







































ブザーの音!

















いきなり、ボディチェック!?




スーツケースの中を確認!?

キャーーーーー!







こんな経験、私だけ???

ちなみにこのツアーの時、行きもひっかかった私・・・なぜ?

No title

ハワイへツアーで行った時、私も空港でやらかしました・・・
何かな?って思って体を見渡しても何もないし・・・
連れに耳に挟んでいるボールペンを指摘されるまで???の連続でした・・・
このボールペンは水中でも宇宙空間でも書ける特殊なボールペンですが、空港のカウンターで使ってそのまま耳に挟んで忘れていました・・・

No title

美女と野獣の舞踏会シーンが好きです。
ワルツどころかダンスと縁がなかったので夢の世界ですね。

今年から中学校の体育の授業でダンスが必修化されているそうですが、
ストリートダンス寄りっぽいのでワルツは無いかもしれません。
でも子供の頃から音楽に合わせて体で表現する事を知っていると、将来の世界が違ってくるでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

@我楽多さまへ

@我楽多さまへ

私の場合、行きはカイロだったようですけど、帰りは謎でした。
何が問題だったのでしょう?と今も疑問ですけど・・・
わからない言語の国だったら、パニック起こしそうです。
鳴るとビックリしますよね・・・
一気に目が覚めましたよ。

たっぷりPさんへ

たっぷりPさんへ

今は中学で体育の授業で行うダンスは、ストリートダンスの方が近いみたいですね。
ワルツなんていうのは、習わない限り、上流でない限り、
普通は踊る機会はないでしょうね・・・
美女と野獣のダンスシーンですか。
ディズニーのアイススケートで観ました。素敵ですよね。
うちの子も気に入っていて、
ピアノでその曲を練習していた時期があります。
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。