06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ショパンのバラード第1番の感想

こんばんは。

今日もご訪問してくださり、ありがとうございます。


今朝は、かなり体が重く、今、とてもつらい状態です。

でも、1回だけ、

昨日の記事で取り上げたショパンのバラード第1番を弾いてみました。

↓ もしよかったら、先に、この一つ前の記事をお読みください。

こちらです・・・

 ( 一昨日の深夜にNHKのBSのドキュメンタリーの番組で、
 
   「私を救ったショパンのバラード」というテーマで、

   ショパンのバラード第1番ト短調を取り上げていました。

   この番組の大筋の内容は、こちらで・・・   )


ドキュメンタリー番組では、

この曲により、再び「生きる」力を得た人たちの話が出てきました。

今は、乗り越えられた・・・

だから、そう語り、生きようとすることができるのだと思いました。


今日、弾いてみて、

これは、まだそうなれていない人の場合、

つらさを思い知ることになる曲だと実感してしまいました。


ものすごく涙が出てくるのですよ。


今日は、ひどく体調が悪く、

少し動くのがやっとという状態で、弾いてみたのです。

そうしたら、だんだんと、自分の置かれている状況が、

むなしく、悲しく・・・

叫びたいというよりも、そんな力もなく、心が泣き崩れてしまったのです。


曲の最後の部分。 

これを聴いた(弾いた)あと、

あなたは、どっちになりますか?


困難を乗り越えようとしますか? それとも、そのままになってしまいますか?


もう無理だ・・・

と感じてしまう場合、

この曲は、かなりつらい曲となってしまうのではないか?

なんて、思ってしまいました。


もちろん、

何回も聴いたり、弾いたりすることで、いい方向へと変わるかもしれない。

でも、

今の私は、まだ、そうなりきれていないのか?

と、かえって、嫌な気分になってしまった。

今まで、頑張って、乗り越えようとしていただけに、

なぜ、そんな気持ちになってしまうのかと、妙な感じがしてきています。

これを理解し、弾きこなすには、まだ時間がかかるかもしれない・・・


結局は、気持ち。


どうとらえるか?

これは、支えとなるものを持っているかどうかにも関係しているのかも。

その支えは、何もないと、感じている人にとって、

果たして、再生する力を持っているといえる曲なのか?

常に頑張ってきて、休むことなく、今もなお頑張ろうと努力し続けてきた人。

それでも、まだまだ頑張れるのか?

その努力が、むなしい・・・

と思えてくるようでは、この曲がかえって、つらい思いを増長させる?


・・・、わからないけれど、

今の私は、そのときの状況によって、

この曲が、いいと感じたり、嫌と感じたりで、

とても心が不安定なのだと、気づいてしまった。


ちょっと休もうかな・・・?


休んだほうがいい。

そう思えてくるのでした。

今の私は、おかしいのかもしれない。

テレビで取り上げた人たちのようには、なれないのは・・・

やっぱり、私は、世間一般の人とは、違うのかもしれない。

同じには、なれない。

そう痛感しています。


テレビとか、本とか・・・

多くの人は、こうだと言っているものが、とても嫌に感じます。

自分は、そうではない、と感じるたびに、

おかしい人間なのか?と、変わっている人間なのか?と思い知るのです。


物事には、両面があります。

いい面と悪い面。


でも、世間では、

いつも、その片方を強調するかのような感じで言われている。

これが、とても苦痛なのです。

あとで、やっぱり、その逆だったと、

そういうことは、たくさんあります。

それなのに、

この番組のように、片面を取り上げるだけで、

どちらかというと、

世間にとって、いい面のほうを取り上げて、

悪い面のことは、取り上げない。

そう感じるのです。


ショパンのバラード第1番。

果たして、いい面だけなのでしょうか・・・?

・・・、

なんて、

どん底気分のまま、ここまで書いてしまいました。


今、モーツァルトのコンチェルトを聴いてます・・・

気分が浮上してきましたよ。

以前書きましたけど、私はモーツァルトで励まされてきた人でした。


どんな気持ちでいるのか、

どんな性格の人であるのか、で、

聴こえ方は、違ってくるのかもしれませんね。

いつまでも、暗い気分でいることを好まない私は、

暗い気分ではない、と、

いつも、自分をそう思いこませることで頑張れるのかもしれません。

だから、

自分の現実を見せられることは、嫌なんだわ・・・

自分が、暗い気分でいることをしっかりと実感している人には、

このショパンのバラード第1番は、いいのかもしれませんね。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示