10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


アムラン 「チャイコフスキーによる左手のための練習曲」

おはようございます。

今日も左手だけのピアノ演奏の曲を紹介してみます。


マルク=アンドレ・アムラン の 「チャイコフスキーによる左手のための練習曲」


これは、

チャイコフスキーの

歌曲集『6つのロマンス』の第1曲 子守歌 作品16の1を元に

アムランが、左手だけでのピアノ曲にしたものです。


今日は、この元の曲、チャイコフスキーの子守歌について、

思ったことを書いてみます。


チャイコフスキーの子守歌は、

寂しく、哀しい、憂いを帯びた曲に感じます。

日本の子守歌にもありますけど、(例えば、五木の子守歌のように)

ロシアの子守歌も同じように哀しい響きなのでしょうか?

ロシアのコサックの子守歌は、そんな感じのする曲ですね・・・


そんな子守歌を聴いて育ったとなれば、

作曲するとこういう感じのメロディーになるのかな・・・?

赤ちゃんのとき、どんな歌を母が歌っていたかで、

子守歌に対するイメージが、人それぞれ違ってくるような気がします。

私も自分の子が生まれたとき、

同じように母が歌った江戸子守歌を歌いました。

母の歌った子守歌 = 自分の中の子守歌 なのかもしれない・・・


でも、


もしかしたら、子守歌となると、

母を思い出し、

なつかしさを通り越して、悲しい気分になってしまったことで、

こういうメロディーになっているのかもしれませんね。


子守歌って、母を思い出すもの・・・


私の場合、出産後、実家へ帰った当時、

母が、我が子に歌っている子守歌を聞いたときは、

懐かしいという気持ちと、

なぜか、

これまで、一人離れて寂しく子育てをしていることを実感し、

泣けてくる心境になったのです。

それまでの孤独を感じてしまったといったらいいでしょうか?

ああ、自分は母の元を離れて、一人なんだな・・・と。

それを感じると、子守歌って、悲しいものに思えてきます。


どうも、この元のチャイコフスキーの曲の歌詞は、

ごく普通のお母さんが、

ごく普通に、子どもに寝かしつけるときに言うような内容なのですよ。

特に、深刻な背景は感じないので、悲しみや暗さは、ないはず・・・

以前、紹介した

ブラームスの子守歌のようなメロディーのほうが合いそうなのですけどね。


だからこそ、

なぜ、こういう哀しさを感じさせるメロディーなのかな?と

私なりに、ちょっと考えてしまいました。

チャイコフスキーは、14歳のときに、母を亡くしたそうです。

彼にとって、母の思い出は、悲しいものなのかもしれませんね・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


< こちらは、アムラン作曲の「チャイコフスキーによる左手のための練習」>

↓ アムランのピアノ演奏で
Hamelin plays Hamelin - Étude No.7 'Lullaby' for the left hand after Tchaikovsky


< こちらは、原曲の チャイコフスキーの子守歌 Op. 16, No. 1 >

↓ 男性歌手スラヴァの歌で チャイコフスキーの子守歌

  * 申し訳ないのですが、
   この動画は見られなくなってしまいました。
Tchaikovsky Lullaby by Slava Kagan-Paley

↓ 女性歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤの歌で チャイコフスキーの子守歌
Galina Vishnevskaya: Tchaikovsky, 'Lullaby'


< こちらは、チャイコフスキーの子守歌をピアノ編曲したもの >

↓ ラフマニノフ編曲 の ラフマニノフのピアノ演奏(CMつき)
Rachmaninoff plays Tchaikovsky Lullaby Op. 16

↓ パーヴェル・パプスト編曲 の シューラ・チェルカスキーのピアノ演奏
Cherkassky plays Tchaikovsky-Pabst Lullaby


< ↓ よかったら、コサックの子守歌も聴いてみてください。 >
Казачья колыбельная. Cossack lullaby. Наталья Фаустова


↓ アムランのCD( 詳しくは< 続きを読む > へ どうぞ )

Etudes Little Nocturne Con Intissimo Sentimento (E



↓ オルガ・マカリーナのMP3(5曲目になります。)
  チャイコフスキーの子守歌です。

Olga Makarina Sings Liszt, Tchaikovsky, Rachmaninov















<アムランのCDの曲>


アムラン作曲の曲です。

1~12は、短調のための12の練習曲
   7は、紹介したアムランの「チャイコフスキーによる左手のための練習曲」

13は、小さなノクターン

14~18は、最も親密な思いをこめて

19~24は、主題と変奏「Cathy's Variations」


1. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 1 in A minor: Triple Étude (after Chopin)
2. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 2 in E minor: Coma Berenices
3. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 3 in B minor: after Paginini-Liszt
4. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 4 in C minor: Étude à mouvement perpétuellement semblable (after Alkan)
5. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 5 in G minor: Toccata grottesca
6. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 6 in D minor: Esercizio per pianoforte (Omaggio a Domenico Scarlatti)
7. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 7 in E flat minor: after Tchaikovsky (for the left hand alone)
8. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 8 in B flat minor: Erlkönig (after Goethe)
9. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 9 in F minor: after Rossini
10. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 10 in F sharp minor: after Chopin
11. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 11 in C sharp minor: Minuetto
12. Études (12) in all the minor keys, for piano: No. 12 in A flat minor: Prelude and Fugue
13. Little Nocturne, for piano
14. Con intimissimo sentimento, suite for piano: Ländler 1
15. Con intimissimo sentimento, suite for piano: Album Leaf
16. Con intimissimo sentimento, suite for piano: Music Box
17. Con intimissimo sentimento, suite for piano: After Pergolesi
18. Con intimissimo sentimento, suite for piano: Berceuse (in tempore belli)
19. Theme and Variations (Cathy's Variations), for piano: Theme. Con semplicità, eleganza e tenerezza
20. Theme and Variations (Cathy's Variations), for piano: Variation 1. Più mosso, corrente
21. Theme and Variations (Cathy's Variations), for piano: Variation 2. L'istesso tempo (ma cantabile)
22. Theme and Variations (Cathy's Variations), for piano: Variation 3. Molto più moderato (poco rubato)
23. Theme and Variations (Cathy's Variations), for piano: Variation 4. Poco animato ma cantabile e senza prestezza
24. Theme and Variations (Cathy's Variations), for piano: Envoi. A capriccio

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示