02
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
   


音楽は本当に癒しであるのか?

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


何度もご訪問してくださる方々には、感謝しています。


ここ何年か、なかなか音楽を聴く気になれません。

ピアノを弾こうという気すらおこらない。

あれほど、毎日欠かさず弾いていたのに・・・

このブログを書こうという気がおこらないのは、

音楽を聴きたくないから

と言ってもいいかもしれない。


音楽は本当に癒しであるのか?


「音と楽しむ」としていながら、

おかしなことを書いているようですが、

例えば眠れない時、

何かリラックスできそうな音楽を聴いてみるけれど、

やっぱり眠れない!

となることはありませんか?

これは、私だけなのでしょうか?

脳が疲れている、心が疲れている

そんな時、むしろ

空っぽの状態になるような・・・

無の状態になるようにできたら、すんなりと眠れるのではないか?

音を聴いて、脳を働かせるより、気持ちを動かすより、

なーんにも考えることない状態にできたら、

すんなりと眠れるに違いない

と、何度も何度も、眠れないときに感じます。

これも私だけなのかしら?


音楽で癒されたという方は、

心身共に健康であるが、疲れているだけという方なのではないか?

癒されたと簡単に発せられる人はいいなあ〜とよく思います。


体や心が病んでいる人の場合、

そう簡単には、音楽では癒されないのではないか?

癒すには、その状態に合った音楽ではないといけない、

合わなければ、なんの効果は得られない、

下手をしたら、かえって気持ちが落ち込むなど悪くなる、

そんな気がするのです。

私の場合、

過去にいいなあと感じていた曲に無感動となったり、

むしろ最後まで聴きたくない!と途中までしか

聴けなくなったりすることがあります。


たまには、ピアノ弾いてみようという気持ちになることはあります。

でも、未だにピアノを弾く気持ちが持続できません。

2日続けられることはない。

弾きたいと思う日は、月に一度あればよい。

疲れ切っているからだろうと思いますが・・・


必ずしも、音楽を聴いて癒されたと感じるわけではない、

癒されない人もいる。


そう思うのです。

このブログでそんなことを書いているのは

おかしいですけどね。


ブログは書ける時に書く、

そんな感じでやっていけたらと思っています。

どうかよろしくお願いします。










関連記事

シューベルト 即興曲Op.90 No.2

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


今日は、子どもの頃に聴いていた

子ども向けに作られた全音ピアノピースのレコードの中で

ひときわ印象に残った曲を取り上げます。


フランツ・シューベルト 即興曲 Op.90-2


三連符の音が、コロコロコロ・・・と同じ大きさの粒で

スピードに乗って、転がって行くのはいいのですけど、

だんだんと、先へすんなりと進めないようになり、

心の底に隠れている不安や迷いを思い出させるようになり、

ズシンとした重みのある音で、ハッとさせられ、

行く先々、大丈夫?と問われているようにも感じ、

子供心にも、

思うままに先へ進むことは決して楽ではないよ、

うまく行ったとしても、決して順調ではないよ、

と言われたような妙な感じがしてくる曲でした。

最後は、そんな不安を吹っ切るような終わり方ですけどね。


好んで、弾きたいとは思わなかったけれど、

気になって楽譜を買いに行ってすぐに弾いてみました。

三連符をさらっと綺麗に弾けたらなあという気持ちが

強かったからかもしれません。

当時は、弾いていると段々と右手が疲れてきて、とても苦しくなりましたから。

レコードのように弾くのは、簡単ではないなあと思いました。


そんな風に聴こえていた私ですが・・・


もしかしたら、そんな風に聴こえているのは、

私だけなのかもしれません。

皆さんには、そんなに重々しく聴こえないかもしれません。



もしよかったら、聴いてみてください。

↓ ウラディミール・ホロヴィッツの演奏で
Horowitz Impromptu No.2,Op.90

↓ クリスティアン・ツィメルマンの演奏で 
Impromptu op.90-2 Krystian Zimerman

↓ ラドゥ・ルプの演奏で
Schubert 4Impromptu,Op.90 D.899 -No.2

↓ ウィルヘルム・ケンプの演奏で
Schubert 4 Impromptu,Op.90 D899 - No.2

↓ ヴィルヘルム・バックハウスの演奏で
Backhaus play Schubert Impromptu in E flat major Op.90/2



関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

RSSリンクの表示