06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


アグスティン・バリオス の 大聖堂 「La Catedral」

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。

今日は曲の紹介をします。

かなり前に紹介しようと思っていたけれど、

取りあげられなかった曲です。


アグスティン・バリオス の 大聖堂 「La Catedral」


この曲の出だしがとても好きです。

とっても寂しい感じ。

今とても心に染み入ってきます。

この曲は以下のように構成されています。

 I. 前奏曲  Preludio (Saudade), Lento
 II. 宗教的アンダンテ  Andante religioso
 III. 荘重なアレグロ  Allegro, Solemne



第1楽章にサウダーデ(サウダージ)という言葉が記されています。

どういう意味か?と思い、

アルク 英辞朗 on the WEB や、Weblio英和辞書 などで、

いろいろと調べてみました。

どうも、日本語に訳すのが難しい言葉のようですね。


以前にも書いたかもしれませんが、

ここ最近になって、

母が亡くなったことの不在感、喪失感を感じるように

なっています。

話を聞いてほしいという願いもむなしく、

それは叶えられないのだなあとよく思います。

(今が大変なだけに、私もその願いが強くなっているのでしょうねえ・・・)

その一方で、

亡き人を思い浮かべることで、思い返すことで

その間、少しは慰められるような気がするのです。


現実にいない喪失感と過去の懐かしい思い出。

思い出がとても輝いて見えてくると

嬉しいけれど、その反面、とてもつらい。

そんな思いを抱えている人が大聖堂に向かうのでしょうか?


これからを生きるために・・・


生きるのはとてもつらいことですけど、

生き続けないといけない。

第3楽章を聴いていると、

一歩一歩踏み出して前に歩きだしていくような気持ちに

変わったような感じがしてきます。

祈りの後に救いがあったのかはわかりませんが。

荒波に立ち向かうような気持ちで歩み出す。

そんな風に感じます。

私も、今まさにそんな心境でもあります・・・

大変だけれど、それでも生きていく。


正直言いますと・・・


私は「祈り」の意味がわかっていません。

私が神仏に祈るのとは違うような気がしているので。

この曲の持つ意味も正直わからないのですが、

(わからないから、長い間、この曲を取り上げなかったのです)

わからないけれど、

なんとなく、こんな感じなのかなあ?と感じたので

今回書いてみました。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ ジョン・ウイリアムスの演奏
(CMつきです。)
John Williams Plays Barrios - La Catedral

↓ セザール・アマロの演奏
Agustín Barrios - La Catedral - Guitarra César Amaro


↓ ジョン・ウイリアムスのCD

バリオス作品集






関連記事

ショパンの舟歌について

こんにちは。

いつもご訪問していただき、ありがとうございます。

ご無沙汰しております。


今日は、思ったことを書いてみます。


このブログを始めたばかりの頃の記事は

ほとんど読み返すことがないのですが、

どんな風に書いていたのか気になった記事が一つありました。


ショパン 舟歌


たまたま弾いてみたくなって

先月弾きました。

偶然にも、

先日テレビでも取り上げていたのでそれを観ました。

そういう曲だったのか・・・

と知ることで、自分の書いた記事を読み返してみました。

少し恥ずかしく、

よく書いていたなあと感心するやら。


当時は、かなり明るい心境で感じていたのですね。


今、かなり疲れているのかもしれません。

気持ちがかなり落ち込み、

正直生きることがつらく感じていました。

だからこそ、

この曲を弾いてみたくなったのかもしれないと

テレビを観て思ったのです。


ショパンはこの曲の作曲時、

病気が悪化し、死を意識していたかもしれない時期でも

あったらしいとのこと。

もし、そうであれば、

この曲は在りし日の思い出を

振り返るだけのものであったのかなあ?


現実と過去。


今が幸せであれば、在りし日の美しい思い出を

振り返っただけの曲と感じるだけかもしれません。

私もそうだったようです。

そうでなかったらどうなの?


時々思うのです。

幸せに生きている人の見方。


クラシックの演奏家(音楽家)の方々は、

非常に恵まれた生活をしているのかもしれません。

でも・・・

苦しみを感じながら生活をしている人の見方。

前者とは、ちょっと違うのです。


過去のクラシックの作曲家、

恵まれて生活をしていた人はどのくらいなのでしょうね?

今私が感じているショパンの舟歌は、

ただ過去の幸せな光景を振り返っているだけではない・・・

なんて、

感じながら、弾いてました。


これを読まれた皆さん、

私のような感じ方でないことを祈ります。


私は今、かなり疲れてしまっているようです。

でも、

まだまだ休めないなあ・・・

体の元気がでないと弾けないピアノ。

今度弾くときは明るい気持ちでピアノに向かえますように・・・







関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示