10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
25
26
27
28
29
30
31
   


ショパン 12 Etudes Op.25-12 「大洋(Ocean)」

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


退院しました。

入院中、聴いてみたいと思った曲があったので、

とりあげてみます。


ショパン の 

   12 Etudes Op.25-12 「大洋(Ocean)」


この曲、とてもドラマチックな感じがあり、

エチュードの中でも好きな曲でした。

ピアニストのようにさらっと弾けるような曲ではなく、

とてもとても難しい曲ですが・・・


今の状況で改めて聴いてみると、

これまで以上に胸を打つ感じがあります。

泣きたくもなってきます。

この曲は、

何度も病で苦しむ自分と重なるような気がしてくるのです。

希望を抱いては、その希望が消えてなくなってしまうようなこと、

何度もあって、

これ以上あってほしくはないと思うのですけど、

またか・・・とこの先を案じ絶望感を感じてしまう

そんな自分がいて、

何度も何度も、そんな中で希望の光を探し、

それに向かって、生きていこうと思うのです。

今回、退院し、

これでもう大丈夫と思えるのであればよかったのですけど、

病院を去り、

きっとまた戻ってくるような気がする、

いえいえ、まだ必ず、戻ることになるだろうなんて、

考えたくもないけれど、

体が徐々にそう言ってくるので、

たぶん、またそうなるんだろうなあ・・・と

ほとんどあきらめています。

それでも、

変われるかもしれないと思い、

さらに生きようとする自分もあります。

半分あきらめ、半分希望を持つ。

そんな生き方、おかしいでしょうか?


この曲は、

そんな自分の気持ちを表しているかのようで、

泣けてくるのです。

みなさんは、この曲を最後まで聴いて、

生きる希望は見えるでしょうか・・・?

なぜか、今の私は、

そう感じません。

むしろ、

今のまま、生きる覚悟を持ったかのように感じます。


生き続けること、

とても大変だと感じます。

ごくごく普通の健康状態であれば、

そんなこと考えもしなかったこと。

ごくごく普通でいられたらなあと常に思います。

体が動かなくならないように、

こうしなくてはああしなくては と気をつかって生きること、

明るく振る舞って生きること、

それに苦痛を感じている今日この頃です。

気持ちの限界に一歩一歩近づいているようです。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ マウリツィオ・ポリーニの演奏で
Pollini plays Chopin Etude Op.25 No.12 (Ocean)

↓ ウラディミール・ホロヴィッツの演奏で
Vladimir Horowitz plays Chopin "Ocean" Etude Op.25 No.12 in C Minor

↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で
Chopin Etude Op. 25 No. 12 "Ocean etude" (Vladimir Ashkenazy)

↓ ジョルジュ・シフラの演奏で
Georges Cziffra - Chopin etude no.12 op.25

↓ アルフレッド・ドニ・コルトーの演奏で
ALFRED CORTOT - Chopin Etude no.12 op.25



関連記事

久しぶりに呟いてみる

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^^*)


本日、二つ目の記事となります。


なんて、

ブログを始めた頃は、

たくさん記事を書いたものです。

今は、さっぱりで、大変申し訳なく思います。


このブログを振り返ってみますと、、

選んだ作曲家に偏りのあるなあ・・・

と感じます。(・_・;

好きな作曲家、嫌いな作曲家

はっきりとわかれていますね。


同じ曲を何回か聴いても、

やっぱりわからない、好きになれない

というのは、よくあります。

子どもが、

交響曲を聴いている時があり、

何を言いたいのか、さっぱりわからない、

長いから、やめてくれ!

と言いたくなることしばしばあります。

誰の曲かおわかりになります?

子どもの方も、同じ感想を持ってくれるとホッとします。

聴いた感想は、人それぞれ。

それで、このブログは、成り立ってます。

まあ、いいか〜〜?


さて、

ここで取り上げた作曲家、

病だったり、いろいろと問題抱えた人が

多いなあと感じます。

だからこそ、

恵まれて育ち、

そこまでの苦労を知らないであろう年齢の演奏者は、

どう解釈して、演奏をなさっているのかなあ?と

よく思います。

これを先生の解釈で、

この曲は、こういうものなんだ、と

演奏している方がいるとは思っていなかったけれど、

意外と、そうしている方がいるのかもしれませんね。

このブログには、

芸大などの学校からいらっしゃる方も度々あります。

曲の解釈は、自分でするもの?

それとも、

誰かの言葉でするもの?

どちらなのでしょうね?

お偉い先生の言葉であれば、なおよし?

もちろん、オーケストラでは、

指揮者の解釈になるのかと思います。


このブログにいらっしゃる方々の多くは、

ピアノを弾かれる方・・・

ピアノ曲を読まれる方がほとんどです。

誰かの解釈を元に演奏するというのは、

どうなのかしら?

まあ、参考になさるだけならいい。

ご自身の解釈で、演奏してほしいですね。


さて、

今日一つ目の記事で書いた

ドヤ顔の演奏家の方。

先生がこう仰っていた、と

だから、そう演奏されている、と

テレビで見た時、非常に驚いたのです。

それでは、

いくつになられても、先生が必要?

もしかしたら、

ドヤ顔をしなくてはならない原因が

そこにあったのかもしれないと

さらに深読みをしてしまうのでした。

意味がわからない方、

一つ前の記事をお読みくださいね!


なかなか眠れない、寝苦しい病院での呟きでした。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。(*^^*)






関連記事

テレビに映るクラシック演奏家の表情

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


またも、入院。

神様が休みなさいと言っているのよ、

と看護師さんに言われてしまいました。

しっかり休ませていただいたおかげで、

回復してきました。


ということで、時間があるので、

日頃感じていることを書いてみます。


テレビで演奏を聴くこと。


大きなホールと違って、

演奏者の顔がしっかり見えて、

それが嬉しくもあり、嫌でもあり・・・


先日は、演奏が終わった直後のドヤ顔?

あれは、観客に向けたものではなく、

演奏仲間か指揮者に向けてのものに見えて、

う〜んと考えさせられてしまった。

一緒に演奏するからと言って、

仲良いというわけではなく、

むしろ、ベテランが若者を見下しをしている?

なんてこと、

多々あるのではないか?

と、深読みしてしまいます。

演奏直後の冷ややかな目。

頻繁に見られます。

良し悪しは、観客が決めるもので、

拍手や反応で、わかるもの。

あまりよくない演奏だったとしても、

無拍手なんてないだろうから(たぶん)

拍手をくださる観客に対し、

お礼の気持ちを全面に出すべきでは

ないかしら?

お金を払ってきてくださった方々に、

ありがとうの気持ちを持っていないのかしら?

とても不思議。

私達の演奏を聴かせてやった、

なんて、

思って演奏をしているのでしょうか?

そうであれば悲しいことです。

もし、

最高の演奏ができなかったのであれば、

申し訳ない、

と思うことが先で、

演奏仲間を批判する気持ちは後にすべきでは

ないかしら?

定期的に足を運んでくださる

固定ファンはいるのでしょうが、

年齢層は、どうなのでしょう?

高齢化していません?

今の子どもたち。

吹奏楽をやっているからといって、

クラシックの演奏会に興味を持つわけでもない。

うちの子の周囲は、

全く興味がないらしいです。

私世代でも、興味を持っているお友達は少ない。

おそらく、観客は減っていくでしょうね。


そういった将来のことも考えて、

テレビに映し出される表情にも

気をつけられたほうがよいかと

思います。

いつも見られる立場である、

ちょっとした表情も

今はネットであっという間に拡散される

危険性もある、

ということも意識されることを

おすすめします。


・・・私だけかしらね?

こんなこと思うのは。













関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示