09
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




フォーレ 歌曲集『2つの歌(Deux mélodies)』 より 月の光 (Clair De Lune) Op. 46 No. 2

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。

昨日が中秋の名月、

今日はスーパームーンということもあるので、
 
月に関した曲を取り上げてみます・・・


フォーレ の 

 歌曲集『2つの歌(Deux mélodies)』 より

  月の光 (Clair De Lune)  Op. 46 No. 2



「月の光」と聞くと、

ドビュッシーのピアノ曲を思い浮かべる方も

いらっしゃることでしょうか・・・?

今回取り上げるフォーレの「月の光」と

同じ歌詞で、

ドビュッシーも歌曲「月の光」を作曲していますが、

(そちらは、「艶なる宴 第1集」の第3曲目になります。)

ピアノ曲とは別の曲です。

同じ歌詞の曲ですが、

ドビュッシーよりフォーレの歌曲のほうが、

知られている・・・と言えるでしょうか?

↓ ちなみに、歌詞はこちら

 ポール·ヴェルレーヌの詩(仏語)

 Votre âme est un paysage choisi
 Que vont charmant masques et bergamasques
 Jouant du luth et dansant et quasi
 Tristes sous leurs déguisements fantasques.

 Tout en chantant sur le mode mineur
 L'amour vainqueur et la vie opportune
 Ils n'ont pas l'air de croire à leur bonheur
 Et leur chanson se mêle au clair de lune,

 Au calme clair de lune triste et beau,
 Qui fait rêver les oiseaux dans les arbres
 Et sangloter d'extase les jets d'eau,
 Les grands jets d'eau sveltes parmi les marbres.


私はピアノを弾いてきましたが、

どんなに思いを込めても、

聴衆に伝わるのは、

その何分の1、微々たるもの?と

なってしまいがちな楽器かな?

なんて、思いましたけど、

こうしていろいろな歌手の歌声を聴き比べをすると、

歌声は伝わりやすく感じます。

それが、良く伝わってくるときならよいけれど、

逆に重く、つらく感じる時もあります。

曲によっても、違いますが・・・

このフォーレの「月の光」は、

どこか物悲しく、ミステリアスな感じが漂っています。

正直言うと、

好きになれないものが秘められているような、

妙な感じがしてきて、

私はあまり好きではありません・・・

(すみません!)

時々、そう感じる曲があるのですよ・・・

今日は、月に関連する曲ということで、

取り上げてみました。

聴き方が人それぞれなので、

なんていい曲!と感じる方も多いことでしょう。


よかったら、夜に聴いてみてください。


↓ 女性歌手ナタリー・シュトゥッツマンの歌声で
Nathalie Stutzmann: Clair de lune by Fauré

↓ 男性歌手ジェラール・スゼーの歌声で
Gérard Souzay - Clair de lune - Gabriel Fauré / Paul Verlaine

↓ 男性歌手ニコライ・ゲッダの歌声で
Nicolai Gedda "Clair de lune" Fauré

↓ 女性歌手レジーヌ・クレスパンの歌声で
Fauré: Clair de lune - Régine Crespin, 1966

↓ 女性歌手ナタリー・デセイの歌声で
  (CMつきです。)
Natalie Dessay - Fauré: Clair de lune Op. 46 No. 2 - LIVE Turku 2013

↓ 女性歌手バーバラ・ヘンドリックスの歌声で
Barbara Hendricks "Gabriel Faure Clair De Lune"


↓ ジェラール・スゼーのCD

フォーレ:歌曲集




↓ ナタリー・シュトゥッツマンのCD

夢のあとで~フォーレ歌曲集



↓ バーバラ・ヘンドリックスのMP3

Clair de lune, Op.46 no.2 (Paul Verlaine)






関連記事
スポンサーサイト

パルムグレン 3つの夜想的情景(Nocturne In Three Scenes ) Op. 72-1 「星はきらめく(The Stars Are Twinkling )」

こんばんは。

雨が降る日が多いですね…

星を眺めようにも、雲に覆われたどんよりとした空で、

観ることもできません。

空と同じように暗い色の気分になりがちです。

もちろん、

良く晴れた日の夏の夜空がクリアな空というわけではなかった

のですけど。

都会の夏の夜空は、特に好きではありません。

遠く離れた空では、

雨の日でも星が美しく輝いているでしょうか?


パルムグレン の 

  『 3つの夜想的情景(Nocturne In Three Scenes) 』 Op. 72 No.1

   「 星はきらめく (The Stars Are Twinkling) 」


今、この曲を聴くと、

輝く星を恋しく、思えてきます・・・

夜の雨は、

ライトがあたると美しいんだよと言っていたうちの子のように、

楽しみに感じられたらいいのですけど、

大人になり、いつのまにかそういう見方もできず、

暗さで、水たまりに気づけず、

どっぷりと靴が水につかり、憂鬱な気分。


それでもね・・・


この曲を聴くと、心がやさしくなるようで、

静かな夜に、キラキラとひっそりと輝いている星が

目に浮かぶようです。

今日は、ちょっと一息…

心安らかにして、

そのままお休み~としたいところですね。^_^;

今もなお、疲れているんだわ…、私。


大雨の降る中、大変な思いで帰ってこられた方、

↓ もしよかったら、聴いてみてください。

Selim Palmgren ~ The Stars Are Twinkling Op. 72/1


↓ この曲のMP3

Nocturne In Three Scenes, Op.72: 1. The Stars Are Twinkling






関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。