06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   


有名だけど、ブログで取り上げなかった曲

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


今日、2つ目の記事になります。


ここ最近、書いていないので、

2つの記事更新なんて、久しぶりかも…


ちょっと昔(?)話を・・・


このブログを始めたのは、2012年4月1日のこと。

当時、主婦の日記ブログのようなものを

書いていましたから、

突然辞める!とし、

このブログを始めますから、よろしく!と宣言し、

当時、交流していた主婦のブロガーさん方は、

エイプリルフール・・・

と思ったかもしれない?

しっかり読んでくださっていたブロガーさん方は、

思い切った行動が、私らしい・・・と

おっしゃっていましたが・・・


まあ、クラシック音楽のブログなので、

ほとんどの女性(主婦)の方は、少しずつ去って行き、

残ったブロガーさんは、少数に・・・

意外にも、男性の方のほうが、

継続して、訪問してくださっていましたか・・・?

女性は、さっさと縁を切り、

男性は、いつまでも未練がある・・・

そんな性差を感じてしまったような? (笑)


そんな男性ブロガーさん方も、

お仕事などで、お忙しいと

次々とブログを辞めてしまわれ、

たま~に訪問してくださっている・・・ような感じです。

ここ最近は、

女性の方も、同様・・・になってきています。

たまにでも、更新していると、

嬉しいのですけどね・・・

何年も継続してブログを続けるというのは、

そう簡単ではないことなのでしょうね。


さて、本題に入ります。


このブログを始めたころ、

一般に知られている曲を取り上げるのが、

そういったクラシック音楽に馴染みのない人には、

いいのかな~?

なんて、思って、取り上げていました。


知られている有名な曲。


でも、書いているうちに、

非常に書きにくいと感じるようになりました。

ブログの訪問先で、

取り上げている方もいらっしゃったりして、

感じ方がまったく違うと、

こちらで、批判しているような感じになってしまうかしら?

と気になってしまうのです。


ジュール・マスネの「タイスの瞑想曲」


もしよかったら、聴きながらお読みください。(お好みで)

↓ こちらは、
  ヨーゼフ・ハシッドのヴァイオリン演奏
Josef Hassid - Jules Massenet - Meditation de Thais
↓ こちらは、
  ミッシャ・エルマンのヴァイオリン演奏
Mischa Elman plays Massenet - Meditation de Thais 
↓ こちらは、
  ヤッシャ・ハイフェッツのヴァイオリン演奏(CMつき)
Jascha Heifetz Thais Meditation
↓ こちらは、
  フリッツ・クライスラーのヴァイオリン演奏(CMつき)
Fritz Kreisler plays Thaïs-Meditation
↓ こちらは、
  クリスチャン・フェラスのヴァイオリン演奏(CMつき)
Christian Ferras plays Meditation Thais
↓ こちらは、
  ナタン・ミルシテインのヴァイオリン演奏
Nathan Milstein plays Massenet Meditation
↓ こちらは、
  デヴィッド・ナディアンのヴァイオリン演奏(CMつき)
Jules Massenet Meditation (from ' Thais' ) - David Nadien
↓ こちらは、
  レオニード・コーガンのヴァイオリン演奏(CMつき)
Leonid Kogan plays Massenet - "Meditation from Thais"
↓ こちらは、
  ジェームズ・ゴールウェイのフルート演奏で(CMつき)
  朝向きに聴こえます・・・
James Galway - Méditation from Thaïs - Jules Massenet
↓ こちらはバレエの映像で
  オルガ・ スミルノワ、ウラディスラフ・ラントラートフの踊り
  6分55秒ごろまで
Meditation "Thais" Pas de Deux (Chor.R.Petit/Mus.J.Massenet)


ブログなんて、自由に書いていいはず。

でも、

たまたま、この曲のことを書き始めたときに、

このブログを訪問していた

2人のブロガーさんが、書いていらして

書けなくなってしまいました・・・ (>_<)

その後、

タイスの瞑想曲の元となった

歌劇「タイス」の大筋の内容を知って、

もっと書けなくなってしまいました・・・ (>_<)

こういう曲の感想というのは、

何も知らないほうが、書きやすいと、

つくづく思うのでした。

小学校・中学校の音楽の課題で、

音楽鑑賞というものがありますけど、

自由に感じたままに書く・・・

これって、大事なのだと思います。

子どものうちは、

何にも知らないまま、自由に書いてほしいですね…

 ・・・話は大きくそれますが、
 
 うちの下の子は、授業の音楽鑑賞で、

 この演奏はいまいちだ…

 とか、

 なんでも、

 演奏のうまい・下手を感じるようになってしまったようで、

 ここの音は、こういう音を出したほうがいい、
 
 などと、言いたくなって、

 非常に書きにくいと、言っております。

 音楽の授業で取り上げる演奏は、

 どこのオーケストラが演奏しているのかは、謎…

 音楽鑑賞は一流の演奏家のものでやってほしい?

 そう訴えるうちの子。

 どう書くといいか、毎回悩むそうです。

 
私も・・・、

結構悩みながら、書いてきましたか?

書き始めて、もういいや!とやめてしまった曲は、

この曲だけではありません。

100曲はあるかも・・・

曲だけ選んでおいて、

そのままになっている記事。

未だに、書けません・・・

有名な曲ほど、残っているかしらね・・・

よく聴く曲って、

意外と書けないものなんだわ~。


ということで、

言い訳のような記事になってしまいました?

タイスの瞑想曲は、

私にとって、癒し系の曲・・・です。

疲れたときに、ボケ~ッとしながら聴く。

言葉がいらない曲なのかもしれません・・・

何も考えないで、音を聴く。

そういう曲なのかも・・・

またいつか・・・

何か思い浮かんできたら、取り上げてみましょうか…

またいつか、ね。


ではまた。(*^_^*)

次の更新は、いつの日か・・・?

期待しないで、気長にお待ちください。



関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示