02
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
19
21
23
24
25
26
27
28
   


楽器を習う人とその家庭環境

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


今日も、思ったことを書いてみますね・・・


といっても、

私の子どものころのお話になりますが・・・


ここ最近、

なかなか楽器演奏が上達しないのはなぜか?

というテーマで書いています。

今日も、それに関係した話になります。

自分の子どものころを振り返って、

幼いころの家庭環境が、

もしかしたら、

楽器演奏の上達に多かれ少なかれ、

影響するのかもしれない・・・なんて、

思ったので。


お読みになる方だけ、

< 続きを読む > へ どうぞ・・・


たいしたお話ではありませんので、

あまり期待しないで、お読みください。



続きを読む

関連記事

小さい時から電子ピアノを使っている子どもの欠点

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


時々、

電子ピアノを子どもに使わせることは、

いいかどうかを調べに、

いらっしゃっている方々がいるようなので、

少し、書いてみます。


以前、書きました、

アコースティックピアノと電子ピアノの音の違いに気づけます?

という記事に補足した内容になりますが、

よかったら、お読みください。


年に一度、

うちの子の通う中学校では、

合唱コンクールがあります。

その合唱コンクールで、

ピアノ伴奏をしているお子さんの音を聴いて、

それぞれのお子さんの音に、

明らかに違う点が、あります。

それが、

おそらく、

電子ピアノで日々練習している子の

欠点・・・ではないか?

と思うので、

それを今回書きますね。


普段、

アコースティックピアノを使っているお子さんと、

電子ピアノを使っているお子さんと、

何が決定的に違うのか?


小さなうちから、電子ピアノを使っていると、

子どもの耳が育たない。

私には、そう感じるのです。


小さな部屋で、

アコースティックピアノを弾いた場合、

電子ピアノを使っているお子さんでも、

それほど、

その欠点を、聴く者に感じさせることは

ないかもしれません。

そのため、

普段、狭い部屋の中でしか、

弾く機会がない、

というお子さんには、

なかなか、自覚できることではない

かもしれません。

普段、狭いところで練習して弾いていると、

欠点に気づけないのです。

でも、

学校の体育館という広い空間、

いえいえ、

それ以上のもっと広い、

本格的なコンサートホールで演奏させてみると、

明らかに違いが出てくるのです。

聴いていると、面白いことに、

はっきりとわかります。

大きければ大きいほど、広ければ広いほど、

大きな違いとなるのです。


音を聴いて弾くことがいかに大事であるか?


私は、間違えないで、弾くことより、

ずっと、大事なことだと思っています。

ただ、楽譜通りに指を動かして、

音を鳴らしたらいい、

というわけではありません。

自分の奏でる音がどうであるのかを、

常に聴いていないと、いけないのです。


電子ピアノを使っているお子さんは、

どうも、音を聴く力が育っていない。


普段、練習している狭い部屋での音と、

広いホールでの音は、同じにはならないはず。

ホールでは、

どんな風に音が広がっていくのか?

それは、ホールによっても、違います。

音響のいいコンサートホールであるほど、

ピアノを弾いていて、

心地よく、自分の奏でる音に感動してしまったり?

逆に、

音が広がりすぎて(響きすぎて)、

ペダルに踏み方を調整しながら、

音の大きさなどを調整しながら、

演奏することになったり?

会場によって、さまざまなので、

毎回、どう音が鳴るのか、ドキドキものでしたけどね・・・

 (もちろん、ピアノの違いもありますが・・・)


さて、

合唱コンクールの話に戻って、書いていきますね。


ピアノ伴奏者の音を聴き比べてみると、

そういったホールでの演奏に対応できていないのが、

普段、電子ピアノで弾いているお子さんであった・・・

という

面白い結果が出たのです。

毎回、私が、

あの子は、電子ピアノを使っているお子さん、

あの子は、アコースティックピアノを使っているお子さん、

と、言って、

本当にそうであるのかどうかを

子どもに調べてもらうと、

すべて、正解しているのですから・・・

そのくらい、はっきりと違いが出てしまっているのです。

中学生では、もう取り返しがつかない状態かも?


だんだんと成長していく子ども。

その時期に、耳が育たなければ、

演奏家としては、やっていけないのではないかしら?

先日から、

なかなか上達しない子どもについて、

「音」と演奏者の意志
「音」と演奏者の想像力

という記事で、

その原因を考えて書いてみましたが、

電子ピアノも、影響しているのではないかな?

なんて、思えてくるのです。

ピアノに限らず、

他の電子ではない、楽器演奏をしたときに、

同じように、ハンディになるのではないか?

なんて、思うのです。

吹奏楽部にしても、

普段の、学校の音楽室と、

大きなコンサートホールでは、

響く音が、違ってくるから、

時々、どこかの広い会場を借りて、

練習をしていますが、

きっと、

音の違いを意識し、演奏することを目的

と、しているのでしょうね。

 ( 単なる会場慣れだけではなく。
   親は楽器運びのお手伝いで大変ですが・・・ )


演奏するものにとって、耳はとても大事です。

耳を育てていくには、

アコースティックピアノを使うのが、

いいのではないでしょうか?

家庭の事情もあり、電子ピアノを使うという方も

多いかもしれません。

本格的にピアノをやらせなくてもいい、という方も、

多いかもしれません。

そういう方は、電子ピアノでもいいでしょう・・・

お子さんに

ある程度の演奏ができるようになってほしい、と

願うのであれば、

または、

何らかの楽器演奏をしてほしいと願うのであれば、

ピアノは、

アコースティックを使わせてほしいですね。

最近の電子ピアノは、かなり進化した・・・

らしいですけどね、

私は、

中学生のピアノの音色に違いを知って、

電子ピアノには、限界がある、と

感じています。


・・・・・年々、

アコースティックピアノの値段も高くなっている

ようですね。

だんだんと、

購入できる方が限られていくのでしょうか?

電化製品のように、

だんだんと値が下がっていくといいのですけどねえ・・・

私も、いつかは、グランドピアノ、

それが入る音響のいい防音室、

しかも、

温度・湿度管理が徹底されたもの・・・

それがほしい! と思っておりますが・・・

ああ、なんてお金のかかる楽器・・・

でも、

楽器だけのお値段は、

クラシックの楽器としては、安いほうだとか。

クラシック演奏者になるには、

一般庶民では、なかなか難しい・・・?

なんて、思えてくるのでした。

電子を買わないといけない・・・

というのであれば、

最初からあきらめるべきなのでしょうか?


時々、思います。

ピアノを買ってくれた父親に感謝しなくてはと。

電子オルガンとレトロな足踏みタイプのオルガンが、

家に3つあったのですけどね、

私の真剣にやる姿を見て、根負けしたらしく、

アコースティックピアノを買ってくれました。

感謝してもしきれないです。

父親孝行をしないとね・・・



関連記事

「音」と演奏者の想像力

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>


記事を更新できず、大変申し訳なく思います。

そんな中、訪問してくださっている方々には、

心から感謝しています。

相変わらず、多忙な日々を送っていますが、

少し書きたくなったので、書いてみますね。


お読みになる方だけ、

< 続きを読む > へ どうぞ・・・



続きを読む

関連記事

「音」と演奏者の意志

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)

相変わらず、忙しいのですけど、

ちょっとだけ、書きたくなったので、書きますね・・・

 ( なぜ、最近、毎日のように
   急用ができるのでしょう??? 
   今年は、のんびりと過ごした日がないかも…
   でも、息抜きとして、今、書いてます・・・ )


先日、

下の子どもが、

なかなか面白いことを言うようになったなあ~と

感じることがあったので、

それを書いてみます。


お読みになりたい方だけ、

<続きを読む> へ どうぞ・・・



続きを読む

関連記事

パスピエのメロディーが流れる日々・・・

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。

なかなか更新できない状態であるにもかかわらず、

このブログを訪問してくださる方々には、

心から感謝いたします。


更新していないと、

リピーター率が減るのかと思えば、

むしろ、少しずつですけど、

だんだんと増えているようで、

とても嬉しく思います。


忙しいときというのは、

どんどんと忙しくなっていくものなのでしょうか?

忙しすぎて、

一日があっという間に過ぎていきます。

そんな中、やっぱり、

ドビュッシーのパスピエが

時々、頭の中で流れてくるのです。

おかしなものです・・・

この曲について、

そんなイメージでとらえている人は、

いないでしょう・・・

いろんなこと、たくさんありすぎて、

一つ一つ、じっくりと向き合おうとするものの、

そうしてはいるものの、

速足で、

それらが駆け抜けていくような、妙な感じ・・・

何なのかな・・・?

わけがわからないけれど、毎日が、そう。

そして、

その状況に、妙にマッチした音に感じる、この曲。


「パスピエ」


この曲を作曲した時期のドビュッシーが、

どんな状況であったのかを、

知りたいものです。

私が感じているものは、

音そのものではなく、

曲をつくっているときの、ドビュッシーが

そういう状況であったりして?

と、いうのは、

考え過ぎでしょうか・・・?

充実している毎日、といってもいいかもしれません。

やるべきことにひたすら向き合い、

それに対し、情熱を注ぐ。

雑念にとらわれることなく、一心集中できている。

ある意味、

とてもいい状態であるかもしれません。

もしかしたら、

ドビュッシーもそうであったかもしれませんね・・・

ドビュッシーのこと、

よく知らないですし、わかりませんが、

なんとな~く、そんな気がしてきます。


話は、私事に戻りますが、

とにかく、忙しいです。(>_<)

こんなときに、

PTAの「長」のつく役が回ってきて、

まあ、どうしましょう~と、思うものの、

体の調子が決していいわけではないのに、

まあ、一年、なんとか、やってみましょう、

という落ち着いた自分がいます。

さすがに、子どもが、大きくなり、

PTAの仕事も、何年もやっていると、

気持ちにもゆとりができてくるのでしょうか?

本当は、ダブル受験になりますし、

実際なところ、

穏やかな状況ではないのですけどね。

ますます・・・

ブログに向き合う時間が減ってきますが。


たま~に、いらしてください。


私も、

自分がブログ更新をしなくなったら、

たまには、

他の人のブログをいろいろと訪問して、

楽しんでみてもいいかな~

と、思えるようになってきました。

ブログ訪問をしなくなって、

もう、2年になりますか・・・?

気が向いたら・・・

そうしても、いいかもしれませんね。

まあ、なんとも言えませんが・・・

気持ちが日々移り変わり・・・?

より頑張ろうというときもあれば、

今日は、少しペースを落として、

ゆっくりとしようと思うときもあれば・・・

まあ、マーペースに過ごしております。

とにかく、今は、

忙しすぎて、なかなか、思うように

ブログに向き合えないので、無理かも・・・?


ブログというのは、

マイペースにやっていくことが、

大事かも・・・


始めたばかりのころは、

一所懸命、記事を更新し、

いろんなブロガーさんのところへ訪問し、

コメントを書いてみたりして?

そう感じるブロガーさん方が、

よく、このブログにいらっしゃいます。

よく頑張るなあ~と思う反面、

無理しないで、と言いたくなってしまいます。

長く続けるには、マイペースで・・・

是非、そうしてください。

そして、

ブログよりも、現実の生活を

なによりも大事にしてください。


・・・では。

また、気が向いたら、書いてみますね。(*^_^*)




関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示