01
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ドビュッシー 『ベルガマスク組曲(Suite bergamasque)』 より 「パスピエ (Passepied)」

こんにちは。

音が流れてこない日々を過ごしておりましたが、

久々に、

音が聴こえてきたので、とりあげてみます。


ドビュッシー の

  ベルガマスク組曲 より 第4曲目 パスピエ



パスピエとは、

17世紀ごろ、

ルイ14世、15世のころのパリの宮廷で流行した

ブルターニュ地方の舞曲。

Passe pied は、運ぶ足、という意味。


Passe pied の曲って、元は、どんな曲?

なんて、思って、

You-Tube で探してみたら、

無印良品のお店のBGMに近い音楽・・・?

そう聴こえるのは、

私だけかもしれませんが。

その踊りは、

「運ぶ足」という言葉通りの動きに

見えました。


パスピエとは、

生き生きとした軽快な音楽…



楽譜には書いてあったので、

テンポが速く、複雑なステップの踊りかと

想像していたのですけど、

万人向けのテンポで、

意外とゆったりとしているのかもしれないと

思いました。

考えてみたら、

宮廷にいる貴族が、

あの豪華な服装で、

スピーディーな踊りができるわけがない?

一般庶民ではないですからねえ・・・

 ( とはいえ、元々、)
  パスピエは、地方の農民の舞曲ですが。)

そう考えると、

ドビュッシーが、

この曲を宮廷での踊りを想定して作ったわけでもない、

となるのですね。

とはいえ、

アレグレット・マ・ノン・トロッポ(Allegretto ma non troppo)

とあるわけですから、

元々の

パスピエという踊りを想定していない

わけでもないのでしょうね。


私には、

この楽譜のテンポ表記より、

速すぎるようなテンポでの演奏のほうが、

多く感じるのですけど、

それは、

気のせいかしら・・・?

でも、

その速く感じるテンポのほうが、

聴いていて、

さらっと流れる感じが、とても心地よいのです。

プロの演奏家は、

聴き手が、いい、と感じる演奏を

選ぶ傾向にあるのでしょうか?

このブログを書いていて、

時々、そう思うのですけど・・・

気のせいでしょうか?

作曲家の指示通りと、

聴き手の好み・・・

どちらが、

いい演奏であるのかは、

私には、何とも言えません・・・


さて、

この曲、

子どものころ(若いころ)は、

この曲を長く感じなかったのですけど、

病気を患ってから、弾くと、

曲の長さのわりに、妙に長く感じるようになり、

曲全体を

駆け足で、走り続けているような、

変な感じになってくるので、

あまり弾きたいと思わなくなってしまった曲です。

その曲が、

急に頭の中で、流れてきたので、

ちょっと驚き・・・


面白いことに、

映像が自分の周りを次々と流れていっていて、

その映像が、

まるで写真のように、

一瞬一瞬、止まった静止画のようで、

それらが、見えては、

不思議な感覚になるのでした・・・

過去・現在・未来。

そんなものが見えていたと

言ったらいいのかな・・・?

すべての映像が、

その時その時、何であったのかは、

観たあとに、記憶として残らないけれど、

大事な何かであった・・・

そう思わせるものであった・・・

みたいです。


だから、

その映像が流れてしまった後の

今、

心に何かが強く残っているのです。

でも、

何であるのかは、わからない・・・


日々、一所懸命生きているのですよ。

毎日必死なのです。

今、私は、

かなり忙しく感じています。


一所懸命であればあるほど、

周りが見えているようで、

見えていなかったりします。

通り過ぎていくものを、

しっかりと、見なくてはいけないのに、

なんとなくでしか、見えていない。

そこを指摘されたような気がするのは、

気のせいでしょうか?


この曲が、そう聴こえてくるのは、

今、

大事なものを見過ごしてしまっていて、

いつか、

それを失ってしまうことへの警告かもしれません。

今日は、

忙しくしている自分への戒めのために、

記事を書いてみました。


こんな感想を書く人は、いないでしょう?


おかしな感想なので、

みなさんは、参考になさらないよう・・・

今年に入り、感想文(鑑賞文)を探しに、

お見えになっている方々が増えているようで・・・

 ( 冬休みの宿題?)

その方々に、

アドバイスをするとしたら、

誰も書かないような変わった内容で

書いてみる・・・

と、しましょうか?

( それでは、賞は、とれませんが。
  賞を取りたい方は、
  「音楽鑑賞レポート(宿題)の参考に・・・」 を
  お読みください。)


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ サンソン・フランソワの演奏で
   CMつきです。
Samson Francois plays Debussy Suite Bergamasque : Passepied

↓ アナトリー・ヴェデルニコフの演奏で
   6分57秒ごろから
Anatoly Vedernikov plays Debussy Suite Bergamasque 2/2

↓ ヴァルター・ギーゼキングの演奏で
Debussy: Suite Bergamasque - IV. Passepied (Gieseking)

↓ クラウディオ・アラウの演奏で
Claudio Arrau - Suite Bergamasque - Passepied - Debussy

↓ ゾルターン・コチシュの演奏で
Zoltan Kocsis plays Debussy Suite Bergamasque Passepied

↓ ヤコフ・フリエールの演奏で
Yakov Flier. Debussy Suite Bergamasque no 4 'Passepied'

↓ ブルーノ・カニーノのベルガマスク組曲全曲演奏で
  (パスピエは、12分31秒ごろから)
DEBUSSY : SUITE BERGAMASQUE - pianista BRUNO CANINO


↓ アナトリー・ヴェデルニコフのCD

ロシア・ピアニズム名盤選-8 ドビュッシー:前奏曲第1巻/ベルガマスク組曲



↓ サンソン・フランソワのCD

ドビュッシー:ピアノ名曲集≪クラシック・マスターズ≫



↓ ヴァルター・ギーゼキングのCD

ドビュッシー:ベルガマスク組曲 夢想 2つのアラベスク 他






関連記事
スポンサーサイト

このブログで紹介する動画について

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


2年ほど前から、

ブログで紹介しているYou-Tube の動画で、

観られなくなっているものが増えています。

動画をアップされた方の

個人的な都合というものもありますが、

著作権の侵害にあたる・・・

という理由のものの方が多いです。

残念ながら、

一つの動画も紹介できないという曲もあります。

今後もそういう曲が増えてくると思います。

これからは、

You-Tube でどんな曲でも聴くことができる、

とは、いかなくなってくるでしょう。


著作権。


これを無視するわけにはいきませんから・・・

私も、常に著作権を意識し、

You-Tube への リンクはさせていますが、

このブログの記事に

直接載せることはしていません。

訴えられるのは、御免ですから・・・ (>_<)


作曲家、演奏家などの著作権は、

とても大事だと思います。

その方々の権利は守るべきだと思っています。

このブログには、

無料楽譜をお求めに来られる方々も、

毎日のようにいらっしゃいますが、

みなで、著作権のことを考えるべきだと

思います。

誰だって、

自分が作り上げたものを、

誰かに好き勝手に扱われたら、

嫌でしょう。

訪問してくださった、みなさんにも

それを意識していただけたらと思います。

このブログでは、

いろいろな曲を紹介しておりますが、

すべての曲の演奏を聴けるわけではない。

そう、理解していただけたら、ありがたいです。

大変申し訳ないのですが、

こういう事情で、

ブログで曲が聴くことができない、

ということをご理解ください。

どうかよろしくお願いします。



関連記事

ピアノの先生の質

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


まだまだ・・・

過去の記事の修正を行っておりますが、

検索キーワードを見ていて、

ちょっと思ったことがあったので、

それを書いてみますね。


1月ですので、

 (記事の内容とは関係ありませんが…)

↓ こちらを聴きながら、お読みください。
George Winston - January Stars 
  (ジョージ・ウィンストンの「一月の星」です。
   25年ほどくらい前に、よく弾きました。
   スキーに行ったとき、泊まったペンションで
   この曲が流れていて、音が、
   時期的にも合っているなあ・・・なんて、
   思いました。 懐かしい・・・)


ピアノの先生の指導力・力量(指導力不足)、

ピアノの先生・発表会で失敗、

といったキーワードでの検索が、

時々、あります。

「私の先生」とついている時もあるので、

生徒さんが、検索されているのでしょうね・・・

以前書きました、

ピアノの先生の指導力と生徒の自己満足 

という記事が、

読まれているのでしょうか?


<続きを読む> へ どうぞ・・・



続きを読む

関連記事

Cats より 「Memory」

みなさま、

あけましておめでとうございます。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)

ご挨拶が遅くなりました・・・ (>_<)


新しい年を迎え、

さあ、頑張ろう・・・という力が、

すんなりと出てくる方は、

日々、充実している方でしょうか?

今年の私は、

なかなか、そういう力が湧いてきません。

それでも、

気持ちだけは、まだ持っているようで、

それが、救いです。


新年を迎え、頭の中で流れてきた曲。

それを、取り上げてみますね。


Cats より 「Memory」


遠い昔(?)、

劇団四季のミュージカル「Cats」を

観たときに、

一番印象に残った曲です。

これが、聴こえてきて、

思わず、涙が出てきそうになりました・・・


なんというのかな?

歌詞だと思うのですけどね、

昔と比べ、今の自分を客観的に見て、

本来なら、そこで、

精神的にひどく落ち込んだままになってしまいそう

なのですけど、

それでも、

過去の輝かしい人生を心の支えとし、

その過去の記憶・思い出(Memory) を希望とし、

 I was beautiful then
 I remember the time I knew what happiness was
 Let the memory live again

夜が明けたら、

また、

希望に満ちた新しい日(未来)が、

やってくるのだ・・・

と。

 Daylight
 I must wait for the sunrise
 I must think of a new life
 And I musn't give in
 When the dawn comes
 Tonight will be a memory too
 And a new day will begin

なんとなく・・・

今の自分と重なるような気がします。

 Look
 A new day has begun

そうですねえ・・・

新しい年も始まったことですしねえ?


memory を振り返って、

過ぎ去った美しい日々の思い出を想うことをやめ、

それまでの日々を memory とし、

明日へと向かって、生きていくための希望とした

グリザベラ のように、

 Memory, turn your face to the moonlight
 Let your memory lead you
 Open up, enter in
 If you find there the meaning of what happiness is
 Then a new life will begin

力強い気持ちを持って、

今年も、生きていこうと思います。

今年もよろしくお願いします。 


・・・・・・

余談ですが、

正直、

むか~し、Cats を観たときには、

すんなりと理解できなかったのですけどね、

今考えると、

Cats で言いたかったことは、

苦境に立たされた人間でも、

みすぼらしくなってしまった人間でも、

落ちぶれてしまった人間でも、

希望を持って、

明日へと生きていこうとするのであれば、

最終的に、

天に昇る(召される)・・・

 というところは、

 どこか宗教を感じさせてくれますが、

 ( アニメの
   フランダースの犬のラストシーンをも
   思い出させ?
   アニメの方です。原作ではなく。)

救われる、

ということだったのでしょうか?

それとも、

救われる、

ではなく、

そう生きよ、

なのかな?

ミュージカルを観て、

すんなりと理解できなかった私。

今も、やっぱりなんともいえません・・・(>_<)

劇のメッセージって、

すんなりと入って来るものと、

そうではないものとあります。

残念ながら、

Cats は、

なんとな~くで、終わってしまった

ミュージカルでした… 

・・・・・・・


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ エレイン・ペイジの歌声で
   (CMつきです。)
Cats Musical - Memory


~ お知らせ ~

もうしばらく、過去の記事の修正をしていきます。

どこまで訪問者が減るか・・・?

なんて、

訪問者数の変化を意識しつつ・・・

とことん、落ちるところまで、

しばらく、様子を見てみたいですね。

果たして、このブログ、

今年も、存続できるかどうか?

訪問者ゼロを目指して・・・?

どうなるかわかりませんが・・・

大変、申し訳ないのですけど、

過去の記事の修正を行っていきますので、

しばらく、更新は途絶えます。

どうか、ご了承ください。



関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。