07
:
2
4
5
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
25
31
   


ピアノ発表会での演奏の音を聴いて

ピアノ発表会の続き・・・、つぶやいてみます。


演奏で聴いていて、一番気になるのは、音。


いつからか、

音がものすご~く、細かく気になるようになってしまって、

聴いている私としては、

こんな耳でなければ、気楽に聴けるのに!と、思うことしばしば・・・


発表会で大曲を弾いている人、

周りはそれだけで、お上手!とほめたたえるのですけど、

それが、嫌~な審査員のような聴き方で聴いているようで、

非常に悩ましい。


私が、と~っても上手であればいいのですけどね、

そうでないのに、人の演奏の音が気になってしまう、

とってもえらそうな聴き方になってしまうのですよ。



いろいろとね・・・つらいです。



ピアノ発表会で、

ただ、指を楽譜通りに動かして、音を鳴らしている演奏、

どうしても無味乾燥に聴こえてしまう・・・


先生方は、こういう演奏を求めていらっしゃるのかしら?


そうではない、ですよね?


ミスタッチはあるけれど、

ものすごくいい!と思える演奏、

印象に残る演奏、

そんな演奏を聴くことが、ここ最近、ないような気がします・・・


もちろん、ここ10年くらいの間に、減ってきているような気が

するのですけど・・・???

気のせいでしょうか???

たまたま、私が聴いている発表会で、そうなだけかしら???


個性がない?


若い人たちが笑えない・・・ということで、

私の前のブログ(笑顔がテーマのブログでした…)に、

そういった方々が、頻繁に訪問してました。


笑えるようになりたいと、訪問されていたのです。

結構な数だったと思います。毎日のように来られていました。

「笑顔になる秘訣(方法)」で、ですよ。


そういった、喜怒哀楽の感情を表に出せないで悩んでいる人が多い、

それとピアノ演奏は関係しているのではないかしら?と

思ってしまいました。


普段は、感情を表に出せなくても、

ピアノでは出せる・・・

そんな風であってほしいなと思います。


ピアノって、ただの音ならしでは、ないですよね???


もしかしたら、感情を表に出せないのは、

小さいときから、感情を殺さないと生きてこられなかったから

なのかしら・・・?


これも親の影響かもしれないですね。

親の望むような顔をしてきて、自分の感情を殺してきた・・・

そんな感じがします。


ミスをしてもいいから、楽しんで演奏をする・・・


そう思えたら、音も変わってくるでしょうか?



関連記事

ピアノ発表会でのマナー

本日は、ピアノ発表会。

子どもの発表会は、疲れますね~。


体力がなくなっている状態で、毎日、あちこちと出歩いているような・・・


頑張りましたよ~。

誰が? うちの子ども・・・


や~っと、下の子も本番にいつも以上の力を発揮してくれたと

いっていいでしょうか?

今までで、一番安心して、聴けました。

やっと、音を聴いて弾いている、とわかる演奏をしてくれました。

成長しましたねえ・・・



さて、



毎回、発表会では、聴いている人のマナーが気になります。

年々ひどくなってきていますね。

子どもが動き回る・騒がしいだけではなく、

さすがに、

親が、おしゃべりしている姿や音を立てている姿を見ると、

うんざりします。


一体、どうなっているのでしょうね???


前のブログでも書きましたけど、

親の方を、教育したいような気になってきます。


それにしても、

「親のしつけ」は、今はない、のでしょうか???


親は、子どもにしつけをすることを放棄して、


幼稚園で、しつけしてもらう、

学校で、しつけしてもらう、

習うごとで、しつけしてもらう、


・・・なんて、思ってはいないでしょうね???


我が家の問題ありで生まれた子でさえ、

一歳半過ぎには、コンサートで静かにして聴いてましたよ。

小さくても、こういう場は静かにしないといけないのだと

教えることで、騒がない・おとなしくできる・・・


小さいからできない・・・なんて、言い訳でしかないのではないか?

と、思うのですけど、

どうなのでしょう???

小さなお子さんを持つ親御さんは、できないと思っているでしょうか?


ギャーと子どもが泣きだしたとき、

ガサガサと物音を立てて、何かを取り出して、なだめようとする・・・

その行為は一体、何なのでしょう???

物で子どもに言うことをきかせようとしているのでしょうか?

親の力で、子どもをなだめることはできないのでしょうか?


せっかく、子どもたちが一生懸命に練習して発表しているところで、

音を立てる、おしゃべりをする親。


自分の子どもが弾いていなければ、いいのでしょうか???


今日の発表会、誰一人、静かな状況で弾くことができなかった。

今までで、一番最悪な発表会。

頑張ってきた子どもがかわいそうだなあと、思ってしまいました。



関連記事

ドヴォルザーク スラブ舞曲 作品72-2

不思議なことに、

ぽっかりと穴が開いてしまったかのような、

脱力感が、今、あります。


実は、ある曲を聴いていたから・・・なのですけど、

その曲を選んで何度も聴いているうちに陥ってしまった

この脱力感。


いい意味で、力が抜ける曲といっていいのでしょうか?

そんなに無理に頑張らなくてもいいよ・・・なんてね。

そんな感じにさえ、させるこの曲。


どの演奏がいいかなんて、曲を選ぼうとする前は、

むしろ、透明感のある音が、この暑い夏にはいいのかなあ?と

思っていたのですけど・・・


不思議ですね~。


ちょっとした郷愁にかられてしまったのでしょうか?

この暑い夏、故郷に帰ろうか・・・?なんてね?


私の場合は、実家に帰るといろいろとやらなくてはいけなく、

かなり大変なので、くつろぐこともできないですけど、

世間の人は、帰ると何もしたくない・・・、

中には親任せ?、なんてこともあるかもしれませんね。

( 特に、男性。 息子に戻る傾向にありません??? 

  うちの場合は、結婚後何年かは、そうでしたよ・・・ )


故郷に帰ると、力を抜いてしまう・・・

故郷には、そんなものがあるかもしれません。


今日、取り上げるのは、

聴いていると、不思議と郷愁にかられる、そんな曲。



ドヴォルザーク スラヴ舞曲第2集 作品72-2



ドヴォルザークのスラブ舞曲の中でも、

この曲が有名で、聴くと、

ああ、知っている・・・と思われるのではないでしょうか?
 



↓ もしよかったら、聴いてみてください。
  故郷を感じるかもしれません。

ドヴォルザーク スラブ舞曲作品72-2(CMつきです)

↓ こちらは、ピアノ連弾。
Dvorak danse slave op72 n°2

↓ こちらは、レオニード・コーガンのヴァイオリン演奏で(クライスラー編曲)CMつきです。
Leonid Kogan plays Dvorak Slavonic Dance op.72, no.2
↓  ヴァーツラフ・ノイマン 指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のCD

ドヴォルザーク:スラヴ舞曲






関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示