07
:
2
4
5
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
25
31
   


グリーグ 「ペール・ギュント」朝

とっても気分はいいので、今日は音楽を・・・

目覚めのいい朝は、こんな曲がふさわしいかなあ?と選んだ曲。



エドヴァルド・グリーグ の 「ペール・ギュント」より朝



『ペール・ギュント』は、

ヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント』のために作曲した

劇音楽で、朝は、第1組曲の第1曲目の曲です。


モロッコでのサハラ砂漠の日の出をイメージした曲らしいのですけど、

私には、グリーグの故郷である北欧のイメージに聴こえてくるのです。

なぜでしょうね?

グリーグの音楽は、温度が低い、音が透明感がある・・・

そんな感じがしているからでしょうか?


この曲の元となった『ペール・ギュント』というお話の主人公、

ペール・ギュントという人物(男)・・・

男って、こういうものなのよねえ~、

なんて思いながら、聴いてしまうと

この組曲の音楽も、かなり違って聴こえてきますけどね。(笑)


『ペール・ギュント』のお話は、

以前取り上げた、

ライネッケ 「ウンディーネ」 の曲の元となった

フケーの小説『ウンディーネ』でも、そう思ったのですけど、

男の人って、

女から見て、とんでもなくしょうもない男でも、

純情にいつまでも自分を変わらず愛してくれる女を

求めているのかしらね?

なんて、思ってしまう内容ですね・・・(私だけの解釈?)

少年マンガを読んでいても、よくそう思いますけど・・・?

・・・まあ、そんな話はおいといて。


この曲は、すがすがしく爽やかな雰囲気があって、大好きです。


よかったら、聴いてみてくださいね。


↓ ヘルベルト・フォン・カヤラン指揮、
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
    (CMつきです。)
グリーグ:組曲「ペール・ギュント」~ 「朝」:カラヤン/BPO

↓ トーマス・ビーチャム指揮、
  ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
    (CMつきです。)
Grieg: Peer Gynt - Morning - Sir Thomas Beecham, RPO


↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のCD

グリーグ:「ペール・ギュント」抜粋/R.シュトラウス:交響詩「死と変容」



↓ マルク・エルムレル指揮、
   ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Peer Gynt Suite No. 1: Morning



↓ ヘルベルト・フォン・カヤラン指揮、
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Grieg: Peer Gynt Suite No.1, Op.46 - 1. Morning Mood



~ 関連記事 ~

・ グリーグ ペールギュントより オーゼの死

・ グリーグ ペールギュントより ソルヴェーグの歌



関連記事

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示