03
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


カタラーニ 「さようなら故郷の家よ」

おはようございます。

今日は、父親に反対されて、家を出る娘・・・のアリアを

紹介します。


アルフレード・カタラーニ の 

  歌劇≪ラ・ワリー≫より 「さようなら故郷の家よ」
 


(私事ですけど・・・)                

私の父は、結婚には猛反対をしていました。

相手がだれであれ、そうだったかもしれませんし、

単に、遠いところに娘が嫁ぐことに対する反対・・・

だったようなのですけど、

当時は、

どうしてそんなに反対をするのか?と

姉のときは、喜んでいたのに、なぜ?と

私も意地を張り、

反対されても結婚をすると言い、私は結婚したのです。


結婚式のお色直しのとき、

「私の力不足で、遠くへ嫁にやることになってしまって・・・」と

私の友人たちに、涙ながらに話していたという話を聞いて、

そういうことだったのか・・・と、あとで父の悲哀を感じたのです。

娘というのは、父の気持ちがなかなかわからない・・・

そういうものかもしれません。

好きになった人、そちらが大事になってしまうもの?

それは、父にとってはとても寂しいものだったのでしょうねえ・・・


そんな風に、恋人をとり、

家を出ていくときの女性の気持ちが歌われたこの曲。

なんか、聴いていると、切なくも感じてくるのです。

正直、私も結婚をして、

実家に帰ることはほとんどなく、

家を出たからには、もう帰りません、

そんな思いを強く持っていましたし、今もそうですね・・・

この曲に歌われているように、これが最後・・・

そんな気持ちで、嫁いだと思っています。

だからこそ、この曲は余計に心に響いてくるものがあります。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ マリア・カラスの歌声で(CMつきです。)
カタラーニ 《ラ・ワリー》「さようなら故郷の家よ」マリア・カラスの歌声


↓ マリア・カラスのCD

Various: La Wally



↓ マリア・カラスのMP3

La Wally, Act I: Ebben? Ne andro lontana






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示