03
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


リリー・ブーランジェ  古い仏教の祈り(Veille Priére Bouddhique)

こんにちは。


今日、紹介するのは、

音が鳴り出してすぐに惹きつけられ、

妙に自分と共通するようなものを感じただけではなく、

さらに

身震いしてくるほどの作曲家の強い思いが感じられた曲。


リリー・ブーランジェ の 

  「古い仏教の祈り(La vieille prière bouddhique)」



この曲は、

聖歌隊、テノールのソロとオーケストラのための曲で、

「全世界のための祈りの日々
   (Prière de tous les jours pour le monde entier)」

と楽譜には書かれていました。

ピアノ曲以外で、楽譜を見てみたいと感じたもの。

それは、とても珍しいです・・・

(なんと言って歌っているのか、
 なんの言葉を発しているのか、
 まったくわからず、どうしても知りたくなったので・・・)


↓ この曲の歌詞(フランス語)になります。作詞者は不詳。

Pour choeur, ténor solo et orchestre
Prière de tous les jours pour le monde entier


Que toute chose qui respire, sans ennemis, sans obstacles,
surmontant la douleuret atteignant le bonheur,
puisse se mouvoir librement,
chacun dans la voie qui lui est destinée.

Que toutes les créatures et partout, tous les esprits et
tous ceux qui sont nés, sans ennemis, sans obstacles,
surmontant la douleur et atteignant le bonheur,
puissent se mouvoir librement, chacun dans la voie
qui lui est destinée.

Que toutes les femmes, que tous les hommes, les
aryens et les non-aryens, tous les dieux et tous les
humains, et ceux qui sont déchus, sans ennemis, sans
obstacles, surmontant la douleur et atteignant le
bonheur puissent se mouvoir librement, chacun dans
la voie qui lui est destinée.

En Orient et en Occident, au Nord et au Sud, que
tous les êtres qui existent, sans ennemis, sans
obstacles, surmontant la douleur et atteignant le
bonheur, puissent se mouvoir librement, chacun
dans la voie qui lui est destinée.



数ある宗教曲の中でも、

これは、

宗教に携わっていた人や、

宗教音楽を作るという立場の人の音

と、いうのではなく、

生と死を強く意識して生きている人の音で、

その思いが強く曲に表れているように感じます。


その強さがこの曲にあるからなのか、

初めて聴いたとき、

私には、

フランス語を歌っているように聴こえませんでした。

これは、驚きです・・・

曲の始まりは、

仏教の言葉を並べて、言っているかのようにも聴こえます。

私の中には、

日本人が、遠い昔から、

教えられてきたある言葉が、

体のどこかに記憶としてあるのではないか

と思っているのですけど、

今は、どこかにしまわれてしまって、忘れてしまっていて、

その記憶を、この音楽が呼び覚まし、

頭ではなく、私の心に、

 ( ・・・魂に、かな?)

一気に響いてくるようです。

体が震えてきて、不思議な感覚になります。

とても深い祈りに感じます。


若くして、この世を去ったリリー・ブーランジェ。

どんな思いで生きていたのでしょう?

生と死。 そして、病。

それらに真摯に向き合って生きてきた人だから、

このような曲ができたのだろうと思うと、

とても悲しく感じます。

そのつらさを、今の私は、少しは理解できますから・・・


↓ よかったら、聴いてみてください。

Lili Boulanger: Veille Priére Bouddhique

↓ こちらは、動画の下に、英語に訳された歌詞が、見られます。
Lili Boulanger: Vieille prière bouddhique


↓ マーク・ストリンガー指揮、
  マルシャル・ドフォンテーヌのテノール、
  ナムール交響合唱団、
  ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の演奏が
  収録されたCD,MP3。
  (MP3は、 7曲目になります。)
  詳しい内容は、 <続きを読む> へ どうぞ。

ブーランジェ:詩篇集- 24, 129, 130 (ストリンガー)



↓ イーゴリ・マルケヴィッチ指揮、
  コンセール・ラムルー 管弦楽団のMP3

Vieille pri・・re bouddhique






続きを読む

リリー・ブーランジェ  ノクターン

おはようございます。

なかなか疲れがとれず、疲れ切っている私です。

ただ、眠い・・・です・・・

今日は、眠りを誘ってくれる感じのする曲を紹介しますね。


リリー・ブーランジェ の 夜想曲


曲を選曲をしようと、この曲を聴けば聴くほど、眠くなってきます。

なぜでしょうね・・・

ピアノの、高音のトントン・・・という感じのところが、

何度も繰り返しあって、それが、眠りを誘っているのでしょうか?

ヴァイオリンの音は、とてものびやかで、

むしろ、目を覚ましてくれそうなのに・・・

それでも、やっぱりだんだんと眠くなってくる、不思議な曲です。

もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ナディア・ブーランジェのピアノ(リリー・ブーランジェの姉)、
  イヴォンヌ・アストリュックのヴァイオリン
・・・すいません、またもCMつきになってしまったようです。
.Lili Boulanger - Deux Morceaux - Nocturne (Boulanger, Astruc) .

リリー・ブーランジェの思い出に



このCDの曲目は、<続きを読む> へ どうぞ・・・



続きを読む

リリー・ブーランジェ の 「古い庭園にて 」「明るい庭園にて 」

おはようございます。

今日も、女性作曲家の曲を紹介してみますね。


リリー・ブーランジェ の 「古い庭園にて」「明るい庭園にて」             


フランスの女性作曲家。

とても洗練されたお洒落で美しい音。

でも・・・

どこか影がある音。

悲しみがあるかのような音。

その場を冷えた空気に変えてしまうような音。

そう感じるのは、

この作曲家が病で若くして亡くなってしまったからでしょうか?

なぜか、そんな音がすんなりと私の中に溶け込んできて、

安らかな気持ちにさせてくれるのです。

音がなっているのかわからないほど、自然な音に聴こえてくる。

私は、そんなところが好きです・・・

疲れた体を癒してくれるかのようです。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ こちらは、「古い庭にて」
   Judith Pfeiffer(プファイファー) の演奏で。
Lili Boulanger: D'un vieux jardin

↓ こちらは、「明るい庭にて」 
    エミール・ナウモフの演奏で。
Emile Naoumoff plays Lili Boulanger's "D'un Jardin Clair" .


↓ エミール・ナウモフのCD。
   9番目に 「D'un vieux jardin (古い庭にて)」
 10番目に 「D'un jardin clair (明るい庭にて)」 が収録されています。

In Memoriam Lili Boulanger



↓ Judith Pfeiffer(プファイファー) のMP3
   25曲目が、 「D'un vieux jardin (古い庭にて)」
   26曲目が、 「D'un jardin clair (明るい庭にて)」

Judith Pfeiffer



* この曲の楽譜は、 こちら になります。



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示