03
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


シューベルト さすらい人幻想曲(Wanderer Fantasie)

こんにちは。

昨日書いた、

最近、よく頭の中で流れてくる曲を

とりあげてみます。


シューベルト の さすらい人幻想曲  D.760 Op.15


この曲、私、大好きです。

弾いていて、

のめりこめるものがあって、

最後まで、

集中して、一気に弾ける曲というのは、

とてもいいものです。

なぜか、大学生のころ、

気に入って弾いていたのですけど、

当時は、

かなり速いテンポで弾いていて、

うまく弾けず・・・

( もちろん、今では、
  指が動かなくなってしまっていますけど… )

でしたけど、

それでも、何か夢中にさせてくれるものがありました。

最近、

この曲が頭の中で流れる時があるので、

久々に、弾いてみました。

ちょうど指の訓練にいいか・・・なんて感じで、

最後まで、指を動かせることができ、

ホッとしています。


この曲、

大学生のころと違って、

それほど、

テンポを速くしなくてもいいような気がしました。

なんでしょうねえ?

若いころは、

焦りのようなものがあったのでしょうか?

速い方がいい、と思っていたのです。

「ダン ダ ダ」 という ダクチュルのリズム。

何度も繰り返されるのですけど、

それが、

若さとエネルギーあふれるような力強さが

あったほうがいい、

なんて、思っていたのです。

激しさを感じさせてくれますし。

だから、とちる・とちる・・・

今では、

落ち着いた感じで、

この曲(リズム)をとらえているようです。

私も、年をとったということかな・・・?


この「さすらい人幻想曲」は、

以前、見たテレビ番組では、

父親との決別をし、

自分の足で自分の道を歩んでいく、

そんな感じで解説されていたような記憶が

あります。


いつも、なぜか、

3月に、弾いてみたくなるものがあります。

今年は、弾きたい・聴いてみたいとも思えず、

12月になって、

やっと、その時期がきたようです。

たぶん、

これから、出発する、旅立ち・・・という意味で、

弾きたくなるのだと思うのです。

3月って、4月から新しく出発するために、

準備をしているような時期?

そんなイメージが、なんとな~く、

私の中にあるのかもしれません。

今年は、

母の一周忌を済ませ、

これから、スタート始める・・・

そんな時期であるのかもしれませんね。

遅いスタートですけどね。

やっと、ひと区切りがついたのですね・・・

心のほうは、

これから、自分の道を歩んでいくんだ・・・

という気持ちが強いのかもしれません。


ずっと、

何かに囚われて生きていたような気がします。

何かに囚われることなく、

自由に生きることもできたでしょうけど、

なぜか、

自分で自分を縛りつけていたようです。


「~しなくてはいけない。」


しなくても、いいようなことでも、

私は、やってしまうところがあって、

手を抜くことができませんでした。

器用なのかもしれないですけどね、

やろうと思えば、

できないと感じていたことでも、できる。

それだからこそ、

やってしまう・・・

それで、体が動かなくなるまで、動かしていた。

でも、それも、限界だと、

体が、悲鳴をあげるようになってきた。

さすがに、

体が悲鳴をあげるだけではなく、

完全に動かなくなってしまうと、どうしようもない。

もう、無理だ・・・と悟ったのです。

そして、

それを訴えなくてはいけないと。

父親にね・・・


まあ、それで、

それを実行した・・・


それで、すっきりとしましたか?

そうしたら、

急にこの曲が頭の中で、流れ出したのです。

面白いですね~。

自分の道を歩み出そうとする自分?

さあ、これから、旅に出ましょうか・・・?

な~んてね。

でも、

そうしてみようという気持ちが強いのは事実。

  (実際に旅に出る、という意味ではありませんよ。)
 
どうなるかは、わかりませんが・・・


この曲、

最後は気持ちがすっきりと、

そして、力強く終わります。

華々しく、出発していく感じがとてもいいです。

自分の足で、自分の道を歩む。

自分の人生は、そうでありたいですね。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ マレイ・ペライアのピアノ演奏で
* 大変申し訳ございません。
   この動画は観られなくなりました。<2015.9.23>

Schubert - Wanderer Fantasy, D. 760 (Murray Perahia)

↓ マウリツィオ・ポリーニのピアノ演奏で
  (CMつきです。)
Schubert Wanderer Fantasie (Maurizio Pollini)

↓ ヴィルヘルム・ケンプのピアノ演奏で
   ( たぶん・・・
     録音時の音か、
     レコードの傷(?)かで、
     聴き苦しい部分がありますが・・・
     演奏はよいです。 )
Kempff plays Schubert, Wanderer Fantasy

↓ エフゲニー・キーシンのピアノ演奏で
Evgeny Kissin - Schubert - Wander Fantasy in C major, D 760

↓ スヴャトスラフ・リヒテルのピアノ演奏で
Schubert / Sviatoslav Richter, 1963: Fantasia in C, Op. 15 - Wanderer Fantasy - Complete

<エリー・ナイのピアノ演奏で>
 ↓ こちらは、第1楽章、第2楽章
Schubert Wanderer Fantasy in C Major D760-1,2
 ↓ こちらは、第3楽章、第4楽章
Schubert Wanderer Fantasy in C Major D760-3,4

<アルフレッド・ブレンデルのピアノ演奏で>
 ↓ 第1楽章
Brendel plays Wanderer Fantasie pt.1
 ↓ 第2楽章
Brendel plays Wanderer Fantasie pt.2
 ↓ 第3楽章・第4楽章(第2楽章の終わりから)
Brendel plays Wanderer Fantasie pt. 3

↓ ホルヘ・ボレットのピアノ演奏で
   (フランツ・リスト編曲版らしい。これは、ピアノのみ)
Schubert-Liszt : Wanderer Fantasy D760 / Jorge Bolet (live)


↓ ヴィルヘルム・ケンプのCD

Schubert: Wanderer Fantasy Op 15 / 4 Impromptus



↓ スヴャトスラフ・リヒテルのCD,MP3
   (MP3は、1曲目から4曲目になります。)

Wanderer Fantasy



↓ エフゲニー・キーシンのCD,MP3
   (MP3は、1曲目から4曲目になります。)

Wanderer Fantasy / Piano Pieces / Hungarian Rhap.



↓ ホルヘ・ボレットのピアノ
   ゲオルグ・ショルティ指揮、
   ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3
   こちらは、
   フランツ・リストのピアノとオーケストラの編曲版
   (ディスク2枚目の5~8曲目になります。)

Jorge Bolet - The Romantic Virtuoso






シューベルト 秋(Herbst) D.945

こんにちは。

秋も深まってきたなあと感じるようになってきました。

今日も、秋をテーマにとりあげてみます。


フランツ・シューベルト の 秋(Herbst) D.945


シューベルトが、

ルートヴィヒ・レルシュタープの詩に作曲した

歌曲です。

シューベルトが亡くなる年に作曲された曲

であるだけに、

寂しさが漂っています。

この歌は、

とっても悲しく聴こえてしまいます・・・


まだ若いというのに、

これから、という年齢というのに、

人生の終わりを感じながら生きる。

これだけでも、とてもつらい。

それなのに、

急に、

それまでの人生、この先の人生を、

客観的に見つめてしまい、

いろいろなことが見えてくるのです。

本来、人生を俯瞰してみてみると、

長い人生、先のことが見えてくるのですけど、

残念ながら、それが、見えない。

絶望が見える。

未来は明るいはずだったのに、

いろいろなことがやれただろうに、

どうして、

こういう状況に

我が身が置かれてしまっているのか?と

ひどく嘆きたくなりますね。


でも・・・、

時々、思うのです。

人間に限らず、

この世に生を受けた生き物は、

かならず、死がやってきます。

木々は、葉を落とし、

花は、しおれて、枯れてしまう。

この曲の歌詞にあるように・・・


人生には、終わりがある。

それが、早いか遅いか・・・

人によって、違いがある。

それは、年齢順・・・ではない。

悲しいことに、

その日を早く迎えることになる人も多くいる。

そういう運命なのか・・・?

と、考えると、

そうなのかもしれないと、

最近、素直に受け止めるようにに

なってきました。

( 私が、そうだという意味ではないので・・・
   たぶん、私は苦しみながら、
   細く長く生きることになるでしょう・・・ )

なぜか、

人は、それが悲しいことと感じてしまう。

でも、

悲しみの日は、

必ず、誰にでもやってきます。

そういうものなんだ・・・

世の中は、そういう風になりたっているものだ

と。

死が身近ではなく、

遠くに感じてしまっているからこそ、

なかなか受け止めにくいのですけど、

でも、

世の中の生き物って、

そういうものなんだ・・・

世の中は、そういう風になりたっているものだ

と、

割り切って考えることは、

大事なのかもしれませんね。


さて、

作曲したシューベルト。

自分の未来を感じ、

かなり嘆き悲しみ落ち込んでいる様子。

この方、

ものすご~い寂しがり屋さんのように、

感じます。

孤独を感じながら、

心の中で、たった一人、

寂しさと戦っているような感じがしてきます。

でも、

そうしながらも、その寂しさを受け入れ、

そうした中で

生きていくのだというような気持ちが、

この曲からは、なんとなく感じられます。

それが、

同じような思いを抱えている人の心を

慰めてくれるかもしれません。

絶望を感じていた作曲家の曲だからこそ、

同じような思いを抱えている人の気持ちに

寄り添うことができるのではないかしら?

この曲は、

ただ悲しい・・・

だけではなく、

かすかな光のようなものに、

感じることができるかもしれない。

私も、もしかしたら、

そう感じているのかもしれませんね・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの歌、
   ジェラルド・ムーアのピアノで
Franz Schubert. Herbst. D 945. Dietrich Fischer-Dieskau.Gerald Moore

↓ マティアス・ゲルネの歌、
  クリストフ・エッシェンバッハのピアノで
  楽譜映像つき
  (英語・フランス語歌詞つきの映像)
Schubert, Herbst (Autumn), D. 945 (1828) [english & french subtitles]

↓ ヘルマン・プライの歌、
   フィリップ・ビアンコーニのピアノで
Schubert - Herbst op. 945 (Schwanengesang) - Hermann Prey


↓ ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの歌、
  ジェラルド・ムーアのピアノのMP3

Schubert: Herbst, D.945 - Es rauschen die Winde



↓ ヘルマン・プライの歌、
  フィリップ・ビアンコーニのピアノのMP3

シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」



↓ ペーター・シュライアーの歌、
   シフ・アンドラーシュのピアノのMP3

Schubert: Herbst, D.945






シューベルト 楽興の時 第2番 (6 Moments musicaux Op.94 D780 No.2)

こんにちは。

今日紹介するのは、

昨日、今の心境と近いかもと感じた曲になります。


シューベルト の 

    楽興の時 第2番  (6 Moments musicaux Op.94 D780 No.2)



一昨日まで、

あまりシューベルトを聴きたい、弾きたいという

心境ではなかったのですけどね。

聴けば、弾けば、

かえって、

気持ちが重々しく、苦しさを増しそうであったから・・・

でも、

この曲の叫びの音を聴いてみて、

妙に泣いてみたくなったのです。


それは、自分自身の心を慰めるために・・・


この曲は、作曲家が自分の力で、

自分の気持ちをなんとか

コントロールしているような気がしたのです。

神様に頼るのではなく・・・


自分の心を慰めるには、

その悲しさに向き合い、

その苦しさを表に出さないと、

いつまでも、心は重々しく、

どんどんと憂鬱になっていきます。

それを止めようと、思いっきり叫んでみたような?

そんな気がするのです。

いろいろと自分の過去を振り返って、

いろいろなことがあった・・・と、

そして、

これから、こんなことをしたかったのに、

もうそれもできない・・・

そんな自分がとても情けなく感じてくる。

そんな悲しみが湧き出てきて、涙が出てくる。

誰かのいないところで、ひっそりと・・・

泣きたいだけ、泣いて、

最後は、

少しだけ、安らかな気持ちになったような感じに

なっているのではないかな?

・・・まあ、

最近の私の場合、こんなことを繰り返し、

いつまでたっても、変わらず、

重苦しい気持ちでいますが。

そう簡単に、気持ちが明るくなるわけでもないです。


最後には、

あきらめた・・・

と、いうことかもしれません。


どんなに叫んでも、状況が変わることなければ、

どうしようもないです。

だから、シューベルトはあきらめた?

それが、とても悲しく感じます。

ほんの少しでも明るい未来が感じられたら、

よかったのに・・・

絶望。

それを感じながら、叫ぶ。

でも、

その叫びには、激しさがそれほどでもないだけに、

 ( 他の作曲家の曲のほうが、
   もっともっと激しいように感じます)

実際は、思いっきり叫んだのではなく、

涙をこらえて嘆き、

声を殺しての心の中での叫びのような感じがします。

そんな姿を想像すると、妙に自分の姿と重なるのです・・・


喚くように、大声で泣き叫んでみたら、

もっとすっきりとするでしょうか?

周りの人も、わかるくらいに・・・


・・・なんとなく、

この作曲家は、

それができないタイプのような気がするのです。


心の内を表にはっきりと出さず、心で泣いているような・・・

そんな人に感じるのですよ。

そんなところが、

私と似ているような気がします。


そう考えると、

この曲の叫びは、

強い音になりすぎないのが、いいのではないか?と

思うのですけど、

ピアニストによっては、

ガツンとくるような激しい音を出されます。

特にアクセントが、

際立ち過ぎて聴こえてくるほどの音になって聴こえます。

楽譜は、フォルテなのですよね・・・

ピアニッシモから入るフォルテなので、

余計に強く聴こえるのかもしれないですけど。

少し違和感を感じます。


叫び方は、人それぞれ・・・

そのイメージが、

人それぞれになるのは、当然ですけど、

シューベルトの場合、

おおげさにならないのではないかな~?

なんて、

私は、思うのです。

彼は、気性が激しいタイプとか、

気分にむらがあるといった、

周囲に

影響を与えるような行動をするような存在であったとは

思えないのです。

  (これは、私独自の考えですけどね・・・ 
   違っていたら、ごめんなさい。 )

だからこそ、

この叫びが、とっても切なく哀しく聴こえてきます。



もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ヴィルヘルム・ケンプの演奏で
   (第2番は、5分45秒ごろから11分23秒ごろまで)
Schubert - Wilhelm Kempff (1968) Moments musicaux D 780

↓ ラドゥ・ルプー(ルプ)の演奏で(CMつき)
Radu Lupu - SCHUBERT - Moments musicaux Op. 94 D. 780: No.2 in A-Flat

↓ イヴ・ナットの演奏で
Schubert - Yves Nat (1956) - Moments musicaux D 780 - 02

↓ ヴィルヘルム・バックハウスの演奏で
Wilhelm Backhaus plays Schubert Moment Musical No. 2 D 780/Op. 94

↓ アルトゥール・シュナーベルの演奏で(CMつき)
Artur Schnabel plays Schubert Moment Musical no. 2

↓ パウル・バドゥラ=スコダの演奏で
Schubert - Moment Musical Nr. 2 (Paul Badura-Skoda) (1981)

↓ アルフレッド・ブレンデルの演奏で(CMつき)
Franz Schubert - 6 Moment musicaux, Op.94, D.780: No. 2 Andantino, in A-Flat Major

↓ クラウディオ・アラウの演奏で
Claudio Arrau: Schubert - Moments Musicaux, 'No. 2 in A flat' D. 780

↓ ヴァルター・ギーゼキングの演奏で
Walter Gieseking plays Schubert Moment Musical No. 2 D 780




↓ ラドゥ・ルプー(ルプ)のCD

シューベルト:楽興の時、ピアノ・ソナタ第19番



↓ ヴィルヘルム・バックハウスのCD

最後の演奏会



↓ ヴィルヘルム・ケンプのMP3
   (ディスク1枚目の6曲目になります。)

Schubert: Impromptus D 899 & 935 / Moments musicaux D 780 ? Piano Sonatas







シューベルト 「3つの軍隊行進曲」 第1番 Op.51 No.1

こんばんは。

やるべきことをほぼ終え、

なんとなく、明るい気分になったからなのか、

急に頭の中で流れてきた曲があるので、紹介しますね。


シューベルト の 3つの軍隊行進曲 より 第1番 ニ長調 D 733 Op.51 No.1


この曲は、子どものころ、

連弾で弾いたことのある方もいらっしゃるでしょうか?

(初めて弾いたものは、簡単な子ども向けの編曲だったと記憶してますが・・・)


ちょっと懐かしい曲です。

この曲で、ピアノの先生と一緒に連弾をして、

「連弾って、楽しいなあ~」と感じたこともあり、

独奏版より、連弾版のほうが好きです。


いろいろな連弾曲がありますけど、

連弾の曲は、

音がガンガンとなっている(ぶつかり合っている)だけの演奏になりがちで、

そうなりやすい曲は、あまり好きではないのですけど、

この曲は、割とゆったりとしたテンポのせいか、

落ち着いて演奏できそうな点で、聴きやすい、いい曲だと思います。

( なぜか、連弾は、演奏者どうしが、競い合うような、
 
  息の合っていない、妙な演奏になりがちなのですよね・・・

  練習不足かどうか、はっきりわかるので、

  ぶっつけ本番のようなレベルでは、演奏をしてほしくないですね・・・

  結局は、演奏者の耳のよしあしが聴き手にわかってしまうのかな・・・? )


「軍隊」と名前がついていますけど、

私の持っている「戦いをイメージする軍隊」とは程遠く、

重々しいものではなく、軽い感じがします。

でも、

力強さ、行進するときの規則正しいリズムから。軍隊をイメージできますか?


この曲からは、シューベルトにも明るい陽気な時期があったのだなあと感じます。

心に余裕があって、心底楽しめるような生活をしていたのでしょうか?

シューベルトには、友達が多かったそうなのですけど、

なんとなく、この曲からは、

お友達に好かれるような明るい性格であったのかもしれないと想像できるのです。

なんとなく・・・ですけどね。

これまで紹介してきたシューベルトの曲が重いイメージがあっただけに、

余計に、その違いを感じます。

人生の終わりのころ、

病気に耐え、悩み苦しんでいるシューベルトも、

病気になる前は、そうではなかったんだ・・・

と、

なぜか、同じような境遇でいるせいか、

シューベルトに共感してしまう自分がいます。


元はね・・・

とても明るかったのですよ、きっと。

( それが表にはっきりと出ていたかどうかはわかりませんが・・・

  親しいお友達の前と、そうでない人の前では、違うタイプかも? シャイ?)


でも、この方、何事も真剣に考えるまじめなタイプであったのではないかな?

軽くやっておけばいいよ、なんてことでも、しっかりとやっていたり?

その分、何かがあると、とっても重く受け止めてしまう。

そうなると、心が沈んでしまう・・・

でも、それを耐えて、表に見せないようにし、無理に笑おうとしていたり?

なぜか、自分と重なる部分を感じるシューベルト。

なぜかね・・・

あ、これは、音を聴いて推測した感想です。

実際は、どんな方であったのかは、知りませんので・・・



もしよかったら。聴いてみてください。


いろいろと編曲されているので、お好みでどうぞ。

 (それぞれ、違いがあって、聴き比べをしてみると面白いかも・・・)


↓ オーケストラ演奏で
   ハンス・クナッパーツブッシュ指揮、
    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏
Franz Schubert 'MARCHE MILITAIRE'

↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏で(カール・タウジヒ編曲)
Schubert / Tausig / Alicia de Larrocha: Marche Militaire, Op. 51, No. 1 - Hispavox

こちらのシフラの演奏と一つ下のホロヴィッツの演奏は、
 どちらも比べて聴いてみると面白いと思います。(音色も技術も・・・)
 ちなみに、
 全音ピアノピースのピアノ独奏版の楽譜と比べると、
 ピアノピースのほうは、なんて簡単なのでしょう・・・と
 思えるのですよね・・・

 ↓ ジョルジュ・シフラのピアノ演奏で(タウジヒ編曲)楽譜映像つき
 Schubert's 'Military March' Tausig Transcription played by Cziffra Audio + Sheet Music

 ↓ ウラディミール・ホロヴィッツのピアノ演奏で(タウジヒ編曲のホロヴィッツ版)
 Horowitz plays Schubert´s Military March in D flat major


↓ アルトゥル・シュナーベルと
   カール・ウルリッヒ・シュナーベルの4手連弾(3分40秒ごろまで)
   (軽やかで、私好みの演奏かな・・・)
    後半は、ミーシャ・レヴィツキーの演奏(タウジヒ編曲)
Franz Schubert Marche Militaire No. 1 in D (original four hands & Tausig transcription)

↓ ジェームズ・レヴァインとエフゲニー・キーシンの4手連弾
   (テンポが速く、キラキラ~ッとした華やかな感じです。)
Schubert: Military March No. 1 in D, D733 (Live)



↓ ハンス・クナッパーツブッシュ指揮、
  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏のMP3

Marche Militaire Op. 51/D. 733 No.1




↓ ジェームズ・レヴァインとエフゲニー・キーシンのピアノ連弾のCD

軍隊行進曲~シューベルト:4手のためのピアノ作品集




↓ イグナーツ・フリードマンのピアノ独奏のMP3

Marche militaire in D-Flat (Marcia militare in Re bemolle)




↓ ウラディミール・ホロヴィッツのピアノ独奏のCD

軍隊行進曲/ベスト・オブ・ホロヴィッツ






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示