08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ラフマニノフ 前奏曲 Op.23 No.6

こんにちは。

今日は、曲紹介をしてみますね・・・


ラフマニノフ の 10の前奏曲 Op.23 No.6


ピアノを習っていたころ・・・

先生におすすめされた曲なのですけど、

 ( 向いている?のか、先生がお気に入りであったのか?
   どちらかは、わかりませんが・・・)

初見で弾いてみて、とっても、嫌だと感じた曲です。


弾いていて、

あまりいい感じ(いいイメージ)がしてこない、

不思議な曲でした。

弾けば弾くほど、つかめなく、

最後まで、どういう曲なのか、ピンとこないまま、

終わった曲でした。


先生は、とても美しい曲だと、おっしゃるのです。

でも、

私は、

ラフマニノフの他の美しいと感じる曲と比べ、

気分が晴れないというのか、

もやもやっとした感じで、

はっきりとしない、ボヤ~ッとした感じで、

それを取り除こうと、必死に頑張ってみるものの、

とりのぞけそうで、とりのぞけず、

また、元に戻され、

いつまでも浮遊しているような、妙な感覚で弾いていました。

とても美しい・・・のですけど、

その美しさが、なんとなく、好きになれないものなのです。


さて、


そんな好きになれない曲をとりあげたのは、なぜか?

なのですけど、

先日、ある状態で、この曲のメロディーが流れてきたのです。


滅多に昼寝ができない私ですけど、

この暑さで、体がまいったのか、

薬が効いて眠くなったのか、

なぜかは、わかりませんが、

昼過ぎに、うとうとと眠ってしまっていたのです・・・

子どもが、帰ってきて、目が覚めたのですけど、

そのわずかな時間の睡眠・・・

30分ちょっとくらいでしたか・・・?


目覚めがひどく悪く、

自分が、現実の世界にいるのですけど、

頭が、しっかりと働いておらず、

体が、

自分の意思とは、少し違った感覚になってしまい、

思うように、動かない・・・

わずかに、ずれると言ったら、いいでしょうか・・・?

ふらふら~としているのですよ、頭が。

 ( 貧血・メニエールとは違った、ふらふら・・・)


目に見えるものも、見えるのですけど、

朦朧としてぼやっとして見えているような感覚?

 ( 実際は、しっかりと見えているのですけどね・・・)

自分が自分であるものの、自分の体を思うように、

動かせない・・・

こんな状態が、

その日、いつまでも、続いていました。


この状態になって、

この曲が、頭の中で流れてきたのです・・・


自分がいつもの自分であるはずなのですけど、

自分の感覚が、いつもと違った状態。

ふらふら、ふわふわ・・・

現実で目覚めているのに、違った世界にいるかのよう?

とっても、妙な感覚。

この曲って、

そんな状態を音に表した曲なのかもしれない・・・?

なんて、思えてきたのです。


そこで、その状態でこの曲を弾いてみると、

なるほど・・・

以前の曲に対する違和感がなくなっていたのです。

しっくりとくるではありませんか・・・


もしかしたら、

ラフマニノフは、こんな状態になることが、

よくあったのではないか?

なんて、

思ってしまいました。


私は、

今まで、あまりこういう経験がないので、

この曲を、妙な曲に感じていたのですけど、

普段から、よくある感覚だと思っている人の場合、

当たり前として、受け入れ、

作曲家であれば、

それを音にしてみる・・・ということも

あるのではないかしら?

なんて、

思ってしまいました。

 ( すみません!
   いつものように好きに解釈させていただきました。
 
   専門家の方が、どうおっしゃているのかはわかりませんが、
   このブログは、私独自の考えで書いているものなので、
   違っていることが多いと思います・・・ 
   そういうブログだということ、ご理解ください。 )

もし、そうであれば、

余計に、素敵な曲・・・と感じなくなってしまうのですよ。

ちょっと困りもの・・・

世間の多くの人と、

違ったとらえ方になってしまうと、

みなと同じように、

いい曲だ~という気持ちにならないのが、

つらいところですね。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で(CMつき)
Ashkenazy plays Rachmaninov Prelude Op.23 No.6 in E flat major

↓ ヴラディーミル・ソフロニツキーの演奏で
Sofronitsky plays Rachmaninoff Prelude Op. 23 No. 6

↓ ニコライ・ルガンスキーの演奏で
Nikolai Lugansky Rachmaninov Prelude Op 23 No. 6

↓ コンスタンス・キーンの演奏で
Constance Keene plays Rachmaninov Prelude Op. 23 No. 6

↓ ヴァン・クライバーンの演奏で
Van Cliburn plays Rachmaninoff prelude op 23 no 6

↓ イディル・ビレットの演奏で
Sergei Rachmaninov - Prelude Op.23 No.6 in E flat major


↓ ウラディーミル・アシュケナージのCD,MP3。
   (MP3は、ディスク1枚目の7曲目になります。)
MP3は、

24 Preludes/Sonata 2



↓ ニコライ・ルガンスキーのMP3

Rachmaninov : 10 Preludes Op.23 : No.6 in E flat major



↓  イディル・ビレットのCD

ラフマニノフ:10の前奏曲






スポンサーサイト

ラフマニノフ ヴォカリーズ(ピアノ編曲) 

こんにちは。

みなさんは、この3連休をいかがお過ごしでしょうか?


私は、かなり疲れています。

今は、あまり曲を聴きたいという気分になれない状態です。

申し訳ないです・・・


聴こえてくる音が、ただ流れているだけ。

聴こえるけれど、聴こえなくなっている?

ここ最近、そんな感じになってきてます。

それでも、

何かを感じさせようとしてくる音もあるのだなあと思えてきた曲。

今日は、それを取り上げてみますね。


ラフマニノフ の ヴォカリーズ Op.34-14 


これは、以前紹介した曲です。

( 前回は、女性の歌声で紹介しました。)

泣きたい気分になったときに聴くと、泣けてきますか?


時々、どうしてこうなってしまったのかと、思います。

どうしようもないのですけどね。

心の中で、どこというあてもなく、ふらふらと歩き回るような感じかな?

決して、苦しみから逃れられることはなく、

その苦しみの中で、だんだんあきらめたような心境になってきて、

孤独を感じ、寂しくなり、泣きたくなってきます。

明るいきざしが見えてきた・・・と思うものの、

やっぱりダメだったか・・・となることの繰りかえし。

いい状態は、続かない。

これが続くと、だんだんと心が滅入ってきますね。

そうなると、

何にも聴こえるものを感じなくなってくるのですけど、

この曲は、そんな状態でも、音が聴こえてきます。

「何か」を感じさせようとしてきます。

でも、「何か」はわかりません。

ただ、泣きたくなってくる、ただそれだけなのです。

何かをしようという気持ちになるわけでもなく、

ただ聴いている。

この曲は、

無気力になってしまった人に、

ただ「聴く」ということだけでも、

何かをしたという点で、何らかの効果はあるかもしれませんね。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ アール・ワイルド編曲をワイルドのピアノ演奏で
   私は、ピアノ編曲版の中で、これが一番好きです。
Earl Wild plays Rachmaninoff Vocalise Op. 34 No. 14 (arr. Wild)

↓ ゾルタン・コチシュ編曲をアシュケナージのピアノ演奏で
Vladimir Ashkenazy plays Rachmaninoff Vocalise Op.34 No.14

↓ アラン・リチャードソン編曲をキーシンのピアノ演奏で
Kissin plays Rachmaninov: "Vocalise" op. 34 n°14


↓ アール・ワイルドのMP3

Vocalise Op. 34, No. 14: Vocalise Op. 34, No. 14



↓ ゾルタン・コチシュのMP3

Sergey Vasil'yevich Rachmaninov: Vocalise, Op.34, No.14



* ゾルタン・コチシュの編曲版と
   アラン・リチャードソンの編曲版
   アール・ワイルド編曲版の楽譜は、
    こちら になります。
   
* アール・ワイルド編曲の楽譜は、
   ネットでは売られていないのか、ない、
   ・・・と思っていたのですけど、
   MICHAEL ROLLAND DAVIS PRODUCTIONS(ミッシェル・ローランド社)のものが、
   ありましたので、 ↑ 追加しました。


~ 関連記事 ~

・ ラフマニノフ ヴォカリーズ
・ ラフマニノフ ヴォカリーズ その2



ラフマニノフ コレルリの主題による変奏曲

おはようございます。

今日は、昨日紹介したフランチェスコ・ジェミニアーニの作曲した

「ラ・フォリア」の元となった、

コレッリ(コレルリともいいます)の「ラ・フォリア」を題材に

作曲された変奏曲を紹介します。


ラフマニノフ の コレルリの主題による変奏曲 作品42


これを聴いていると、

たしかに、コレッリのラ・フォリア・・・と感じられるところも

それなりにありますけど、

全く違った世界ができあがっていると思ったほうがいいかもしれないです。

バリエーションに富んで、とても素晴らしい・・・と思います。

ラフマニノフのすごさを感じます。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ アシュケナージのピアノ演奏で
  ( 二つに分かれています。続けて聴けるとよかったのですが。

.Rachmaninov variations on a Corelli theme Op 42 Ashkenazy (1/2) .
.Rachmaninov variations on Corelli theme Op 42 Ashkenazy (2/2) .

↓ アレクサンダー・ロマノフスキーのCD

ラフマニノフ:練習曲集「音の絵」、コレッリの主題による変奏曲






ラフマニノフ ヴォカリーズ その2

こんばんは。

今日、2つ目の曲紹介です。

以前紹介しましたけど、

今、聴きたい気分なので、再び紹介してみます。


ラフマニノフ の ヴォカリーズ


今まで紹介してきた曲の中で一番好きかな・・・?

この曲、ピアノではいろいろと楽譜があって、

いくつか持っていますけど、

未だに私のお気に入りの音の楽譜を手にしていません。


・・・

現状を受け入れること、

これは自分が何よりも大事である、自分を一番に思う人であれば、

意外と難しいことかもしれないと、最近思います。

ありのままをすんなりと受け入れること。

これは、以前の自分と差が大きければ大きいほど、難しい。

私はね、どちらかというと、

自分のことより、人のこと、

誰かが喜んでくれること、誰かが笑顔になること、

それを大事にする・・・

自分をほっといてね。

そう、そんなかなり変わった人ですけどね、

ちょっと時間がかかってしまったかな?


なかなかありのままの自分を受け入れられないでいると、

愚痴を言いたくなったり、

自分よりも少しでも恵まれている人をうらやむでしょう。

不満ばかりの生活。

誰かに八つ当たりするかののように、

相手の悪いところを探して卑下をしようとする?

それはね、かなりみじめですよね・・・


だから、

そうならないように、

必死になって、もがいて、

なんとかならないかと頑張ってきました。

努力したら、よくなるかもしれないと期待をしてね。

そんな風に頑張ると、

今度は、その苦しみがわからない人を、許せなくもなってきて、

ちょっとしたことで怒れてくる。

それも、また、みじめですね・・・


そんな自分を、

これで、いいじゃないかと、

今の自分で、いいじゃないかと、

そう思うには時間がかかったと思います。


でもね・・・


涙が出てくるのですよ。

丸ごと自分を受け入れるのって、なぜか泣けてくる。

一所懸命がんばって生きてきたこと、

これが、どうして泣けるのでしょう?

・・・不思議ですよ。


今日とりあげるラフマニノフのヴォカリーズ。


そんな気持ちをスッとすくいあげてくれ、

優しく心を包んでくれるようなものがあります。

それが、ひどく泣かせてくれるのですよ・・・

悲しみの音。

これが、同じように悲しい気持ちでいるものを救う?

この曲は、なぜか、とても悲しく聴こえてきます。

( なぜでしょうね・・・?)

でも、聴いたあとで、泣いたあとで、

心が軽くなっている。

だから、この曲、好きですね・・・


もしよかったら、今度はチェロの音で聴いてみてください。

↓ ミッシャ・マイスキーのチェロ(CMつきですが)
.Mischa Maisky - Rachmaninoff Vocalise.flv .

チェロ名曲集



~ こちらは、以前の記事 ~
ラフマニノフ ヴォカリーズ



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。