04
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ラフマニノフ 楽興の時 第4番 

こんばんは。

ここ最近毎日、めまぐるしく動き、

誰かのためにひたすら働いているような、そんな感じがしています。

そんな中、

しっくりとくる音楽もまた、同じような印象の曲でしょうか?

ちょっと頭の中で、流れてきたので、紹介しますね。


ラフマニノフ の 楽興の時 Op.16 No.4 ホ短調 プレスト


音がめまぐるしく動く感じですね。

今、とても弾いてみたいと感じています。

気分的にぴったりで・・・


一体、ラフマニノフは、どんな心情でこの曲をつくったのでしょうね?

なんとなく、同じような状況であったのではないかなあ?と

感じるのですけどね、どうなのかしら?


かなり追い詰められたような、逃れたいような・・・

でも、それはできない。

それは、しなくてはいけないもの・・・

だからこそ、向き合う。真剣に。

でも、どこか爆発しかねないような気分でもある。

それを、音に表した?

なんてね・・・

この曲は、

どことな~く、ショパンの前奏曲の第3番に似ているような?

どことな~く、ショパンの別れの曲に似ている部分があるような?

ある意味、挑戦的にやってやろうではないか?なんてね?


なんとなくね・・・

この後も、この状況はさらに続いたのではないかな?

なんて、感じるのですよ。

もしかしたら、

そんな状況を、さらにもっともっと、自分を追い込んでみる?

・・・なんてね?

わかりませんけどね。

なぜか、

この曲からは、追い詰められてどうしようもない状況に陥り、

それから、逃れず、必死で戦おうとしているかのような感じがしてくるのです。


今度、暇ができたら、弾いてみよう…


↓ もしよかったら、聴いてみてください。

.Nikolai Lugansky Rachmaninov Moment Musical Op. 16 No. 4 Moment musicaux .

↓ おすすめCD(アシュケナージの音はいいですよ。)

ラフマニノフ:ピアノ作品集






ラフマニノフ 『幻想的小品集』 より 「エレジー」

おはようございます。

朝がかなり寒く感じるようになってきました。

そんな空気がひんやりとしてきた季節、

木々の葉が落ちだして、だんだんと寂しい景色になってきた頃、

聴いていると、切なく哀しく感じてくる曲を紹介します。


ラフマニノフ  幻想的小品集 作品3-1 「エレジー」


幻想的小品集は、以下のように構成されています。

  1. エレジー(悲歌) 変ホ短調
  2. 前奏曲 嬰ハ短調
  3. メロディ ホ長調
  4. 道化役者 嬰ヘ短調
  5. セレナード 変ロ短調

今回紹介するのは、第1曲目になります。


この曲は悲しいけれど、重くなく、すんなりと入ってきて、

聴いているうちに、なぜか心が癒されてくるという感じがあります。

心が傷ついたときに聴くと、いいかもしれませんね・・・

そっと優しく語られてくるようなメロディー。

夜に一人で聴いてみるといいかもしれません。


よかったら、聴いてみてください。(お好きなほうで)

↓ こちらはラフマニノフ自演(なぜか?テンポが少し速く感じます。)
   これもCMつきになってしまいましたね・・・(>_<)
Rachmaninoff plays Elegie from Morceaux de Fantaisie (Op. 3 No.1)

↓ こちらは、アンドレイ・ガヴリーロフの演奏で(CMつきです)
Andrei Gavrilov plays Rachmaninov Elegie op3 No1

↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で
Rachmaninov Morceaux de Fantasie, Op.3-No.1 Elegie

↓ こちらは、チェロの演奏
ラフマニノフ/(チェロとピアノのための)エレジー Op.3 No.1


↓ アシュケナージのCD

ラフマニノフ:ピアノ作品集



↓ アシュケナージのMP3

ラフマニノフ:幻想的小品集作品3~エレジー変ホ短調



↓ ラフマニノフの自演のCD

ラフマニノフ:自作自演集



↓ ミッシャ・マイスキーのチェロ演奏のMP3

ラフマニノフ:エレジー(悲歌)作品3の1(《幻想的小品集》作品3から)



この曲の楽譜は、 こちら になります。



ラフマニノフ 交響曲第2番 第3楽章

こんにちは。

今日はどうしようかな?と思いつつ、

曲を探してしまいました。

体だけではなく、

むしろ心のダメージの方がとても大きくて、

もう立ち直れないと思うほど、哀しくなってしまって、

ブログも書けないと思い詰めました。


そんなつもりはなかったのになあ・・・

そう思うつもりもなかったのになあ・・・

でも、

そうなってしまうような運命でもあったのかなあ・・・

なんてね、自分の中で思ってしまって。


世の中は、巡り巡って、過去の出来事の正反対のことが

自分に降りかかってくるのかもしれないと思いました。

立場が入れ替わること。

かつては、こちらの立場だった。

でも、今は、そちらの立場に逆転し、

物の見方・考え方が逆になることで、

相手の気持ちがわかるように

なっているものなのかもしれない・・・

そうして、いろいろなことがわかっていくのですね。

これも神様が与えたことなのでしょうか?

神様にそうなるように仕向けられたのでしょうか?

そんな感じさえ、感じました。

これは、

本当に私の意思で動いたことなのだろうか?

と。

不思議な見えない力を感じるほど・・・

あまり悲しい思いをさせないでほしいと思いますけど。

どちらの立場にたっても、

悲しいことには変わりないのですから。


さて、

そんな思いを少しでも・・・と思い、選んだ曲。


ラフマニノフ の 交響曲第2番 第3楽章


昨日の夜、

星がきれいに見えて、浮かんできた美しいメロディー。

ちょっと爽やかに感じる風が吹いていて、とても心地よかったです。

いろいろとあって、つらくもあったけれど、

風がさあっと吹いて、それらをなくしてくれて、

また一歩、前に進んでいこう・・・そんな感じがしたのです。

みんな、いろんな思いを胸に抱えている。

それでもね、

明日にむかって前へ進んでいくのですよね・・・

私もそうなろうって、この曲を聴きながら思いました。


よかったら、聴いてみてください。

↓ ヴァレリー・ゲルギエフ指揮、
   マリインスキー劇場管弦楽団の演奏で
Rachmaninoff : Symphony No.2, 3rd movement adagio Conducted by Valery Gergiev

↓ ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮、
   ロンドン交響楽団の演奏で
Rachmaninov - Symphony No. 2 Op. 27 III. Adagio: Adagio (LSO)

↓ ウラディーミル・アシュケナージ指揮、
  ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏で
   (全楽章演奏。
    第3楽章は、27分39ごろから41分50秒ごろまで)
Rachmaninov Symphony No.2 in E minor op.27


↓ ロリン・マゼール指揮、
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のCD

ラフマニノフ:交響曲第2番



↓ ウラディーミル・アシュケナージ指揮、
   アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のCD

ラフマニノフ:交響曲全集



↓ アンドレ・プレヴィン指揮、
   ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Rachmaninoff: Symphony No. 2






ラフマニノフ チェロソナタ Op.19 第3楽章

金曜日の夜は、夜まったく眠れず、早朝に大雨・・・

その後も何度か突然の激しい雨・・・といった感じでしたけど、

雨のおかげで、涼しさを感じるようになりました。

夜が過ごしやすかったです。


さて、夜に虫の声が鳴り響き、秋を感じるようになった今、

こんな曲を聴いてみてはいかがでしょう?


ラフマニノフ チェロソナタ Op.19 第3楽章


チェロの音色は、秋に合うのではないかな?と思います。

ラフマニノフのこのチェロソナタの第3楽章は、

とてもロマンティックで、素敵な曲だと思います。

ピアノの音も、ラフマニノフらしい音の変化があって、

聴いていていいなあ~と思います。

右手の和音が少しずつ音を変化させながら、徐々に高音へと移っていく、

その感じがラフマニノフが人を惹きつけさせてしまうところ、

なのでしょうね・・・


今の私の気分にちょうどぴったりな感じの曲です・・・

少し哀しみを持っている感じが、しっくりときます・・・


よかったら、聴いてみてください。

↓ ムスティスラフ・ロストロポーヴィチのチェロ演奏、
   アレクサンドル・デデューヒンのピアノ演奏で
Rostropovich: Rachmaninov Cello Sonata, 3rd Movement

↓ ヨーヨー・マのチェロ演奏、
   エマニュエル・アックスのピアノ演奏で
    ( CMつきになってしまったようです・・・ )
Rachmaninoff Cello Sonata - Yo-Yo Ma

↓ リン・ハレルのチェロ、
   ウラディーミル・アシュケナージのピアノ演奏で
Rachmaninov Cello sonata in G minor op. 19 [3\4]

↓ スヴャトスラフ・クヌシェヴィツキーのチェロ、
   レフ・オボーリンのピアノ演奏で
Oborin & Knushevitsky play Rachmaninoff Cello Sonata Op. 19


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もしかしたら、この曲は、

晩秋、秋が深まってから聴いたほうがいいかもしれません。

よかったら、その時期になったら、聴いてみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓ ムスティスラフ・ロストロポーヴィチのチェロ演奏、
   アレクサンドル・デデューヒンのピアノ演奏のMP3

Rachmaninov: Sonata for Cello and Piano in G minor, Op.19 - 3. Andante



↓ リン・ハレルのチェロ、
   ウラディーミル・アシュケナージのピアノのMP3

Rachmaninov: Sonata for Cello and Piano in G minor, Op.19 - 3. Andante



↓ こちらは、ミッシャ・マイスキーのチェロ演奏のCD

メロディ



↓ ヨーヨー・マのチェロ演奏CD

ラフマニノフ&プロコフィエフ/チェロ・ソナタ






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

RSSリンクの表示