05
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


パッヘルベル シャコンヌ(Chaconne)

おはようございます。

なんとなくバロック音楽の気分になってしまったので、

ちょうどその気分に合ってきた曲を紹介しますね。


パッヘルベル の シャコンヌ


どことな~く、

ヴィターリのシャコンヌ似ている?感じのところがある・・・

そんな気がするのですけど(私だけ?)

それほど、ぐ~っと惹きつけられる強さがなく、

今の私に、ちょうどいい強さかな?


人生の岐路に立たされて、どう向かっていこうかな?

なんて、最近よく考えるのですけどね、

こういった曲を聴いていると、

目の前の問題に逃げずに、立ち向かっていかなくてはいけないと

そう感じるのです。


どうしても、人間は逃げ道があれば、逃げたくもなり、

厳しいいばらの道を歩むことよりも、楽な道を選択しがちです。

それでも、私は、あえて、前者の道を選ぶのですよ。

不思議ですね。

そういう性分なんでしょうね・・・

とはいえ、それには、立ち向かっていくエネルギーが要ります。

そんな力を

こういった音楽が与えてくれるかのように感じること、時々あります。

本当に泣きたくもなり、逃げたくもなります。

それでもね、私はそれをしない。

だって、乗り越えた先は、今よりももっとよくなる・・・

そう信じているから。


バロック音楽には、

そんな私をひっそりと見守ってくださる神様がいらっしゃる。

そんな風にも感じます。

試されているかのよう・・・

人には、運命というものがあって、

どんなに苦痛であっても、そこから逃れない人間であるのか?

神様は、そんな真剣に生きている人間を見捨てはしない。

バロック音楽というのは、

そんな風にも感じさせてくれるものがありますね。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ クルト・レーデル指揮、
  ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団の演奏で
.Pachelbel Chaconne F Minor

↓ ヘルムート・ヴァルヒャのオルガン演奏で
Johann Pachelbel (1653-1706) Chaconne in F minor

↓ カール・リヒターのオルガン演奏で
Karl Richter - Pachelbel - Chaconne In F Minor - T 206

↓ ルネ・サオルジャン のオルガン演奏で
   CMつきです。
Pachelbel - Chaconne in F Minor

↓ Marga Scheurich-Henschel のチェンバロ演奏で
Pachelbel Chaconne f-moll -Marga Scheurich.Cembalo


↓ ジョン・バットのオルガンのMP3

Chaconne in F Minor



↓ クルト・レーデル指揮、
  ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団のMP3
  MP3は、2曲目になります。

Autour du c・・l・・bre Canon de Pachelbel



・・・このパッヘルベルのシャコンヌは、

大河ドラマで、使えそう・・・なんて、思ってしまいました。

(私だけ?)

運命に立ち向かう主人公の心情を表わすのに、いいかも・・・

な~んてね。(^_^)



パッヘルベル カノン(Canon)

昨日のつぶやきその47に関連して、紹介しますね。

  ( できれば、つぶやきその47 を先にお読みください。 )


今回のテーマは、「私に合う長調の曲」

どれがいいかしら?・・・な~んて、考えて思い浮かんだ曲。


ヨハン・パッヘルベルのカノン

 
 「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」

  の 第1曲、カノン




ああ~、よかったわ~。

大好きな曲が思い浮かんで、ちょっとホッ。

( せっかくだから、短調よりも、長調で選びたいわねえ・・・ )


ちなみに、カノン とは、

「 複数の声部が、同じ旋律を
  異なる時点からそれぞれ開始して演奏する様式の曲 」
                           ( Wikipediaより抜粋)

のこと。


この曲はとてもよく知られていて、

みなさんもご存じかと思います。

うちの子どもの合唱コンクールでも、

歌われているくらいですから、

聴いたことがない方のほうが、

少ないかもしれませんね。

合唱コンクールでは、いわゆる輪唱をして歌っていました。


この曲、いくらでもアレンジできそうで、

面白い曲だと思います。

( バロック時代の音楽は、

  そういう点でも面白いなと思います。)



よかったら、聴いてみてください。

↓ パイヤール室内管弦楽団の演奏で
Pachelbel - Canon in D Major (Jean-Francois Paillard Chamber Orchestra)

↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
    (最初から、5分08秒ごろまで)
Pachelbel, Cannon and Gigue in D, Berlin Philharmonic, Herbert von Karajan

↓ こちらは、ジョージ・ウィンストンのピアノ演奏。
Johann Pachelbel Canon Piano (George Winston)


↓ ジャン=フランソワ・パイヤール指揮、
   パイヤール室内管弦楽団のCD

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集



↓ すべてパッヘルベルのカノンの演奏CD

パッヘルベルのカノン / オン・パレード



↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮のMP3

パッヘルベル:カノン






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示