10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


エルガー 行進曲「威風堂々」第1番

こんばんは。

今日は、子どもの中学の卒業式でした。

長かった義務教育。

この子は、とうとう終わりなんですね・・・

この先は、自分の意志で道を選択し、生きていくのですね。

何を学んでいくのか、何を学ぶ必要があるのかを考えて生きる。

簡単なようで難しい。

これまで、言われたことをただ学んでいるだけ・・・に近かっただけに、

大変になっていくのでしょうね。

卒業式を終え、これから自分の人生の第一歩を踏み出していく。

そんな門出を祝うときに聴かせるには、

いい曲なのかもしれないと感じた曲を

今日は、紹介します。


エルガー の 威風堂々第1番


今日、卒業式の入場のときに、吹奏楽部が演奏していました。

とはいっても、有名な、第1番の中間部だけですけどね。

小学校の卒業式では、在校生がリコーダーで演奏するそうです。

今は、これが定番なのかしらね?


以前、下の子が小学校の体育館で

これを学校にあるいろんな楽器を使って、演奏したことがあります。

その時、

狭い体育館の中で音がワア~ッと広がって、感動したのを覚えています。

すべての楽器の音が足から、全身に伝わってくるような感覚。

子どもの演奏でもそうなるのです・・・

聴いている人々に力を与え、感動させる力のある曲というのは、

すごい曲だと思いました。


この曲の持つパワー。

これを大きなコンサートホールで聴いたら、圧倒されるものがありますね。

今日卒業した子どもも、

以前コンサートホールで、この曲の演奏を聴いていますけど、

その時に聴いた演奏の中で、この曲が一番気に入ったようで、

家に帰って、ずっと有名なメロディーを歌っていました。

子どもでも、心にしっかりと残るようですね。


卒業式で、この曲の演奏があると、

これからの人生は、

希望に満ち溢れているようなそんな感じさえしてきます。

親としても、

本当に、そうであってほしいと願います。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団の演奏で
エルガー 《威風堂々 第1番》

↓ BBCプロムスでの演奏(CMつきです)
Land of Hope and Glory - Last Night of the Proms 09

↓ エルガー指揮、
   ロイヤル・アルバート管弦楽団の演奏で
エルガー 威風堂々 第1番 エドワード・エルガー指揮 ロイヤル・アルバート・ホール管弦楽団


この曲の中間部の有名な

「Land of hope&glory (希望と栄光の国)」の歌は、

なぜ、こんなに聴いていてジ~ンとくるのでしょうね・・・

歌っている人たちの思いが強いからなのでしょうか?

歌があると、さらに強いパワーを感じます。


↓ ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のCD

エルガー:行進曲「威風堂々」



↓ エルガー指揮、
  ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3
   ('Land of Hope and Glory'の部分)

Pomp and Circumstance March No. 1 in D Op. 39 No. 1: Trio ('Land of Hope and Glory') (introduced by Elgar)



↓ エルガー指揮、
   ロイヤル・アルバート管弦楽団のMP3

エルガー: 行進曲「威風堂々」 Op.39 - 第1番 ニ長調






エルガー 「ニムロッド」

自分をこんな音で表現されたら、さぞ嬉しいことでしょう・・・

この曲を一言でいうなら、荘厳という言葉がぴったりとくるかしら?


エドワード・エルガー の

エニグマ変奏曲(謎の変奏曲) より 第9変奏 ニムロッド



目を閉じて、そっと開けてみると、

目の前に、広い空間が広がって、

見たことのない厳かな世界を見たような・・・

不思議な感じがしてきます。

そこに神様や仏様がいらっしゃるかのような雰囲気・・・

自分の中にある嫌なもの、すべてを取り払って、

こんな風に浄化されたような音になれたら、いいなあと思います。

私にとっての、理想かもしれない・・・


この曲について、こう書かれていました。


  エルガーは第9変奏において、イェーガーの気高い人柄を
 
  自分が感じたままに描き出そうとしただけでなく、

  二人で散策しながら、ベートーヴェンについて論じ合った

  一夜の雰囲気をも描き出そうとしたらしい

               ~ Wikipediaより抜粋 ~

音から、イェーガーという方を想像すると、

さぞ、素晴らしい方なのでしょうね・・・

理知的、悠然、物静か、冷静、威厳、誠実、エレガント・・・?

私も、こんな風な音になりたいものです。


よかったら、聴いてみてください。


↓ コリン・デイヴィスの指揮で
Sir Colin Davis - Edward Elgar - Enigma Variations - Variation IX (Adagio) "Nimrod"

↓ ダニエル・バレンボイムの指揮で(CMつきです)
Elgar - Nimrod (from "Enigma Variations")

↓ ゲオルク・ショルティの指揮で
Sir Georg Solti - Elgar: Enigma Variation IX 'Nimrod'


↓ レナード・バーンスタインの指揮
   BBC交響楽団のCD

エルガー / エニグマ (謎)変奏曲作品36



↓ エルガー指揮、
   ロイヤル・アルバート・ホール管弦楽団のMP3

エルガー: 創作主題による変奏曲「エニグマ(謎)」 Op.36 - 変奏9: ニムロッド(アウグスト・イェーガー)







エルガー ため息Op.70

今日は休日。


力を抜いて、ため息でもついてみてください。

なんて、

冗談を言うわけではないですけど・・・


今日、紹介する曲は、



エドワード・エルガー作曲「 ため息Op.70<ソスピリ> 」



聴いていると、

本当に体の力が、す~っと抜けてくるものがある曲。

休日に聴くのが、ぴったりかな?と思っています。

疲れた体や心を癒してくれますよ、きっと・・・



よかったら、聴いてみてくださいね。


↓ この映像がきれいかな? 
   たまには映像をみながら聴くのもいいかも・・・
Sospiri (Sighs)

↓ ジョン・バルビローリの指揮、
   フィルハーモニア管弦楽団の演奏で
SIR EDWARD ELGAR Sospiri adagio for strings, harp & organ, Op 70, New PhO SIR JOHN BARBIROLLI

↓ こちらは、ヴァイオリンとピアノ演奏のもの。
  リディア・モルトコヴィチのヴァイオリン、
   ジュリアン・ミルフォードのピアノ演奏で
Elgar, Sospiri Op. 70 - Adagio para violino e piano



↓ ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏のCD(中に収録されてます。)

威風堂々THE BEST OF EDWARD ELGAR



↓ リチャード・ヒコックス指揮、
   ロンドン交響楽団のCD,MP3
   (MP3は、ディスク2枚目の6曲目になります。)

Kingdom/Sospiri/Sursum Corda



↓ リディア・モルトコヴィチのヴァイオリン、
   ジュリアン・ミルフォードのピアノ演奏のCD、MP3
    (MP3は、12曲目になります。)

Sospiri: Music for Violin & Piano






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示