10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ヨハン・シュトラウス2世 「皇帝円舞曲」

こんにちは。

今日は、

気分をよくしたいなあと思って、聴いてみた曲を

とりあげてみます。


ヨハン・シュトラウス2世 の 

           「皇帝円舞曲(Kaiserwalzer)」



もやもやとした気分のとき、

なんとなく、落ち着かないような気分のとき、

聴いていて、気分爽快になってくる曲です。

シュトラウス2世の曲の中で、

一番好きなワルツかもしれない・・・

明るく、華やかで、だんだんと気分が高揚してきて、

やるぞ~という気持ちになってきます。

格調高い感じがしていて、

私とは縁がないような世界の音楽であるので、

シュトラウス2世のワルツの中でも、

気軽に聴くという曲には感じないのですけどね・・・


時には、

シャキッとして、自分を高めたいときがあります。

そんなとき、聴いてみると、とてもいい。

自分の立ち位置をマイナスではなく、

プラスの位置に、なおかつ、さらに上へと持っていくために、

こういう曲を聴いて、

気持ちを高めるのもいいのではないかな・・・?

なんて、思います。

(こういう聴き方は私だけかもしれませんが・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
    (CMつきです。)
Johann Strauss (Sohn) - Kaiserwalzer

↓ クラウディオ・アバド指揮、
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の
   ニューイヤーコンサート(1991年)の演奏で
Kaiser-Walzer

↓ ユージン・オーマンディ指揮、
   フィラデルフィア管弦楽団の演奏で
    (CMつきです。)
ヨハン・シュトラウス二世 《皇帝円舞曲》



↓ ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Strauss: Kaiser-Walzer, Op.437



↓ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Kaiser-Walzer, Op. 437



↓ ロベルト・シュトルツ指揮のCD
   ( 1.と3.4.5.7.8.9.10が、ウィーン交響楽団
     2.と6. が、ベルリン交響楽団の演奏 )

美しきドナウ~ウィンナ・ワルツ名曲集






シュトラウス2世 ロマンス第2番

こんばんは。

今日は、疲れて、頭がボ~ッとした状態のとき、

聴いていて、

重くない曲、暗くない曲、

軽すぎず、明るくすぎない曲

さら~っと流れていくような曲がいいかも・・・と思い、

聴いてみた曲を紹介しますね。


ヨハン・シュトラウス2世 の ロマンス第2番 ト短調 Op.255a


ロマンスというと、恋愛を思い浮かべますけど、

これは、どっぷりと浸かったような感じはなく、

どこか遠く離れたところで、それを感じるようなものかな?


思い出の音?


うまくいかなかった恋愛。

でも、その相手への想いは今でも心の中にあって、時折、思い出す。

その思い出はとても美しい映像になっているかのよう。

そんな感じなのでしょうか?


男性が、別れた女性を忘れずに、密かに想い続けている

という感じがします。

その女性は、今は幸せでいるのだろうか・・・?

時折ね、たま~にね、ふと思い出してみる・・・

もちろん、現実での生活では、まったくそれを感じさせることない。

現実では、別の幸せがありますから。


内に秘めた想い・・・


なんとなく、

男性って、そんなものを持っているような気がしますよ。

いつまでも、思い出として残しておく・・・?

そんな相手は、きっといつまでも、素敵な女性なのでしょうね・・・


またも、好きに解釈してしまいましたね。


↓ もしよかったら、聴いてみてください。

  みなさんは、どう聴こえるでしょうね?

Romanze No. 2 for Cello and Orchestra op. 255 - Johann Strauss II .

↓ この曲のMP3です。

Romance No. 2 in G minor, Op. 255 (orch. M. Schonherr): Romanze No. 2 in G minor, Op. 255 (orch. M. Schonherr)






シュトラウス2世 ロマンス第1番

こんばんは。

今朝、過去の記事をいくつか紹介しました。

今日は、その共通テーマである「ロマンス」の曲を紹介してみますね。


ヨハン・シュトラウス2世 の 

チェロと管弦楽のためのロマンス 第1番 ニ短調 Op.243



シュトラウス2世というと、ワルツのイメージがあります。

とても華やかで明るいリズミカルな曲。

そんなイメージから、ちょっと離れたこの曲。

初めて聴くと、誰の曲? 何かの映画に使われた曲?

という感じがするのでは、ないでしょうか?

出だしがとても美しいです。

最初から、曲に惹きこまれてしまいます。


この曲は、

チェロの音色(歌声のようなもの)が、とても切なく感じます。

運命にさからえない、

そんな悲恋のようなものを秘めた感じがしてくるのです。

一瞬ハッとさせられるところが、あって、

どうしても受け入れざるえない悲しい運命を感じます。

別れでしょうか・・・?

そんな運命を受け入れ、また生きていこう。

わからないけれど、そんな感じがしてくる曲です。


↓ もしよかったら、聴いてみてください。

Romance No. 1 op. 243 - Johann Strauss II .

↓ このCDの5曲目に収録

ヴェルディ/ウェーバー/R. シュトラウス/ロッシーニ/J. シュトラウスII/オーベール:チェロ作品集(ヤッフェ/イエナ・フィル/ライスキン)


このCDの収録された曲をお知りになりたい方は、<続きを読む>へどうぞ。



続きを読む

ヨハン・シュトラウス2世 春の声

みなさま、

明けまして おめでとうございます。(*^_^*)

今年も一年、よろしくお願いします。

( 今日は、予約投稿で書いています。 )


少し前から、私の頭の中で流れていた曲を今日は紹介します。


シュトラウス2世 「春の声」


正直、新年の曲はシュトラウス2世以外で・・・と

思っていたのですけど、なぜか、この歌が流れてきたのですよ。

きっと、この曲の歌詞が今の気分に合うのでしょうね・・・


  Alle Pein zu End mag sein,
  Alles Leid,entflohn ist es weit!

  Schmerz wird milder,frohe Bilder,
  Glaub an Glück kehrt zuruck;
  Sonnenschein,ah dringt nun ein,
  ah,alles lacht,ach,ach,erwacht!



「 つらいことはすべて終わって、悩みは消え去っていき、

  痛みが和らいで、幸せを信じる気持ちがかえってくる 」

というような内容ですけど、

今まさに、私はそんな気持ちなのです。

これからやってくる未来が明るく感じられる気持ちでいっぱいです。


この曲、子どものころにピアノでもよく弾きました。

シュトラウス2世のワルツの中で、一番弾きやすかった曲でした。

多分、一番好んだ曲だったのでしょう。

全音ピアノピースを見ると、

かなり褐色帯びた古い楽譜(値段が安い…)になっています。(笑)

最初に買ったのではないかしらね・・・。

この曲を30年くらい弾いていないでしょうか・・・?

ちょっと懐かしく感じます。


今度、弾いてみようかな?


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ キャスリーン・バトルの歌声で(CMつきです)
Voices of Spring (Frühlingsstimmen) Karajan - Kathleen Battle .


↓ ヴォリー・ボスコフスキ-指揮、
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のCD

春の声~シュトラウス・コンサート



↓ カルロス・クライバーの指揮の、
   ニューイヤー・コンサート(1989年)のDVD

ニューイヤー・コンサート1989 [DVD]



   
   
~~~ 関連記事 ~~~

ヨハン・シュトラウス2世 ウィーン気質(かたぎ)
ヨハン・シュトラウス2世 「美しき青きドナウ」

この曲の楽譜は、こちら になります。



Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示