08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ヴェルディ 「アイーダ 凱旋行進曲」

ちょっと、思い出してしまったので、

そのことを書いてみます。


私が通った中学校は、音楽の先生がとてもすごい先生でした。


私が一年生のときに、赴任してきた先生でしたが、

その前の学校の吹奏楽部で、全国大会で金賞をとらせていたという評判。

その評判通り、その先生がやって来てから、

吹奏楽部は、私が通う3年間、賞をとってましたね。


かなりのスパルタ式で、指導。

指揮者次第で、そんなに変わるのねぇ・・・と

思いました。


音楽の授業も、半端ではなかったですよ・・・

歌にしても・・・ 

でも、

褒めることがとてもうまくて、

子どもをやる気にさせる「何か」と、上達させる「何か」

を持っていましたね。 ( あ、なぜか笑いも・・・ )


とにかく、すごかったです。

授業を受けていると、上達したのがはっきりとわかる・・・

そんな先生でした。


そんな吹奏楽部の音楽を聴きながら、

私は毎日、校庭でクラブ活動をしておりました。


暑い夏・・・ 


毎日毎日、吹奏楽部は朝から、一日中練習。

なぜか強くもない、私のクラブもそれに次ぐように、毎日練習・・・

ですから、

吹奏楽部の曲は、嫌でも頭に入ってきましたよ・・・

  ( 行進曲が多かったような・・・? )


その一曲がこれ。



ジュゼッペ・ヴェルディの歌劇「アイーダ」より 凱旋行進曲



私、この先生にスカウト?され、吹奏楽部に入ろうかな~なんて

思いましたけれど、

怖~い先輩方に絶対ダメ!!!と、猛反対をされて

残念ながら、変えることはできませんでした。


今思うと、吹奏楽部に入っていたら

私は、ホルン奏者になっていたかしら?????

(なぜか、ホルンをやれ!と言われました。単に人手不足?)


話は戻りますね。

この曲

途中で、あるメロディーが繰り返し、大きく響き、

歌いたくなってくる・・・・・そんな曲でもあります。

( もちろん、歌えませんけど。 )

こういうところで、吹き間違えされると、

ちょっと、しっかり吹いて!と言いたくもなりましたが・・・



よかったら、聴いてみてください。

↓ ユージン・オーマンディ指揮
    フィラデルフィア管弦楽団の演奏で(CMつきです)
ヴェルディ 歌劇《アイーダ》より 大行進曲


↓ ロリン・マゼール指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のCD

ワルキューレの騎行&アイーダ凱旋行進曲~マゼール・コンダクツ・ワーグナー&ヴェルディ






スポンサーサイト

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。