08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




グリーグ 抒情小曲集 第10集 より 昔々(Der var engang)

おはようございます。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


たまには更新しておこうかと・・・

疲れ気味で、

優しい音を聴くといいかなあと思い、

グリーグの曲で選んでみました。


グリーグ の 
 
  抒情小曲集 第10集  より Op.71-1 昔々 

       Der var engang (Once upon a time)



元気に動き、今より未来を明るいものと信じていた頃、

若かった頃と言えばいいでしょうか、

かつては、生まれ育った場所を

よしと思うこともなく、

好きでもなかった。

もちろん、今でもよしと思うわけでもないのですが、

時々、昔の頃を思い出すようになってきました。

たまーに夢に出てきます。

懐かしい光景。

今は無くなってしまった景色が。

帰省するたびに、

ああ、ここは変わってしまった、と

だんだんと見ず知らずの街と化していく。

だからこそ、帰りたいとは思いません。

でも、心の中にある「あの頃」には、

戻ってみたいと感じる。

この曲は、そんな思いが多少あるのでしょうか ?

私は、

体調を崩して以来、次々と悪いところが見つかり、

未だよくならず。

それどころか、どんどん悪くなっていく。

亡き姉がなくなる数日前だったか、

「帰りたい」と呟いた。

動けなくなっても、生まれ育った場所へ帰りたい。

そこで最期を迎えたい。

そんな思いが強く感じられました。

母も同様でした。

この曲には、そんな思いが感じられます。

この曲を作曲した頃のグリーグ自身も

決していい体調ではなかったのではないか?

しかも、徐々に悪くなっていたのでは、ないか?

なんて、思うのです。

どこか寂しい。

心のどこかにポカッと穴が開いた部分があるかのよう。

それが私の気持ちを合うようで、

この曲は、聴きやすいし、落ち着きやすいです。


よかったら、聴いてみてください。


↓ エミール・ギレリスの演奏で
  (最初から4分45秒まで)
Gilels plays 20 Grieg Lyric Pieces - (VI) xper2xper xper2xper

↓ Jacob Katsnelsonの演奏で
Jacob Katsnelson - Grieg "Once upon a time", Op. 71

↓ ホーカン・アウストボの演奏で(CMつきです)
Grieg Lyric Pieces Book X, Op.71 - 1. Once upon a time

↓ エミール・ギレリスのCD、MP3

Grieg: Lyric Pieces / Emil Gilels






スポンサーサイト

グリーグ 抒情小曲集 第10集より 「森の静けさ(Skovstilhed)」 Op.71 No.4

こんばんは。

今日も、秋を感じる曲を取り上げてみます。

 (暦の上では、立冬ですが。 


グリーグ の 

 抒情小品集 第10集 より 
   
   第4番 「森の静けさ (Skovstilhed)」



なぜなのでしょう?

この曲、なぜか、

しんみりとしてきて、

涙が出てきそうな感覚になってくるのです。

たった独りで、

寂しくしている人のような感じが

してくるのです・・・

おかしいでしょうか・・・?


これから、厳しい冬がやってくる。

そんな時期に、

立ち並ぶ、木々に囲まれ、

積もった落ち葉の上を、

一人散歩をしてみたときのような感じに、

似ているかな・・・?

私は、この11月という時期、

多くの人が好んで行く観光地で、

紅葉を楽しむのではなく、

ほとんど人とすれ違うことのないような場所で、

晩秋の静けさを密かに楽しむことが好きです。

この時期特有の、

不思議な空気が感じられるのです。


・・・でも、なぜでしょう?


この曲、

それを心地よく感じているのではなく、

寂しげに感じているように思えるのです。

心が、止まっているような感じもします。

時々、ハッと我に返ったかのよう・・・


何か、

心に気にかかるようなことがあるとき、

森の中で、たった独りいると、

いつもなら、心地よく感じるはずの空間が、

急に、別の空間と化し、

時間が止まってしまって、

心も止まってしまって・・・


なんてね?


ちょっと危なさを感じてしまうこの曲。

何か深い悩みでもあったのでしょうか?

何か困難に直面し、困っていたのでしょうか?


かつて、

こういう感覚に、

なった人がいました・・・

ふらふら~っと、ね。


人は、こういう状態に陥るとき、非常に危うい。

いつものように行動していても、

なぜか、急に、

ふらふら~っと我を忘れるようになっていると、

連れていかれるように、

行ってしまうことがあります・・・

 ( 人って、とっても弱いのですよ。)

それを止めるきっかけのようなものがあれば、

いいのですけど、

そうでないと、取り返しのつかないことになります。

 ( 周りが気づけたらいいのですけど・・・
   すぐに気づける人は、いないかな? )


グリーグの場合、

自分で戻ることができた、といえるでしょうか?

心が、いつもの平静さを取り戻し、

森の中の安らぎを感じることができたようですね。

最後は、ホッとします・・・

 (おかしなことを書いてしまったような?
  何度も聴いていたら、
  このように聴こえてきたので、
  そのまま書きました・・・
  こう聴こえるのは、私だけでしょうし、
  この曲を晩秋ととらえるのも、
  私だけでしょう・・・
  参考になさらないように。)


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ホーカン・アウストボの演奏で
Grieg - Peace of the woods

↓ スヴャトスラフ・リヒテルの演奏で
Sviatoslav Richter plays Grieg Lyric Pieces - Op.71 No.4 'Peace of the woods'

↓ アイナル・ステーン=ノックレベルグの演奏で
Edvard Grieg - Lyric Pieces, Book 10, Op. 71 - IV. Skovstillhed

↓ ヴァルター・ギーゼキングの演奏で
   前半、4分44秒ごろまでが、「森の静けさ」
   後半、「想い出 (Efterklang)」になります。
Walter Gieseking plays Edvard Grieg's Lyric Pieces 7/7


↓ エヴァ・ポブウォツカのCD

グリーグ没後100年特別企画 抒情小曲集[全曲]



↓ スヴャトスラフ・リヒテルのMP3

Lyric Pieces : Op. 71 No. 4 Peace Of The Woods (live)



↓ ヴァルター・ギーゼキングのMP3

Lyric Pieces, Book II: Waldestille, Op. 71, No. 4



* この曲の楽譜は、 こちら になります。



グリーグ 『2つの悲しき旋律』 より 「春(Våren ,Last Spring) 」 Op.34 No.2

こんにちは。


<今日は、一度、紹介する曲を変えてみます。>


今日、紹介するのは、重いテーマかもしれませんが、

よかったら、お読みください。



グリーグ の 

     『2つの悲しき旋律』 より 
        
       「春 ( Våren ,Last Spring) 」 Op.34 No.2



この曲は、

「過ぎた春」「過ぎにし春」「最後の春」と訳されます。


グリーグは、

A.O.ヴィニエの詩による歌曲集である

『12の旋律集』作品33より、

2曲を弦楽合奏用に編曲しました。


それが、

今回紹介する、弦楽合奏曲である

『2つの悲しき旋律』で、

それは、

  第1曲 「傷ついた心」
  第2曲 「春」

と構成されており、

今回紹介するのは、第2曲目の「春」になります。



自分の人生が、もうすぐ終わるのだと気づいた時、

人は、どのように目に見えるものを感じるのでしょうか?


これまで、なにげなく見てきたものが、

それらが、


生きていたのだ・・・




強く感じるのでしょうか?


自分の死と対照的に、輝かしく見える

「生命」。

春の息吹に触れることで、

かえって、

これから訪れる自分の死と対照的に見えてしまうのでしょうか?


寒い冬が終わり、自然が移り変わり、

喜ばしい季節がやってきたはずなのに、

これが、最後に見る景色になるだろう・・・

これが、最後の春となるだろう・・・



悟っている感じが、とても悲しく感じます。


この曲を聴いて、

ふと、思い出すのは、亡き姉。

 ( もう遠い昔のことですが・・・)


私の姉が亡くなったのは、4月上旬。


亡くなる2日前、

すでに自力では起き上がれなくなっていた体を

自力で起こし、

ベッドに座って、

しばらく黙ったまま、窓の外を眺めていました。


病院から見える外の木々。

空。

何を感じて、外を見ていたのでしょうか?


これが最後に見る景色だと、思ったのか?

自分の人生は、もう最後だとあきらめたのか?


人は、自分の人生の最後を感じたときに、

簡単にあきらめられるものでしょうか?


私は、簡単にあきらめられないのではないかと

思っています。

たとえ、

最後は、「死」を受け入れたとしても、


本当は、もっと生きたかった・・・


私は、姉の最期を見て、そう感じました。

でも、

最終的に

姉は、「死」を受け入れたのでしょう。

お迎えが来たことを感じたのかもしれない。

そして、旅立ってしまった・・・


このグリーグの「春」という曲。

そんな「死」を意識しているからこそ感じる、人の生き様。

それが、あります。


最後である、と感じながらも、あきらめながらも、

生きているものを見ては、

本当は、

自分の死が近いことを知り、心の底で嘆いていた。

でも、

その嘆きを言わない。

すでに死を悟っているから。


もうすぐ、その日はやってくる。

それは、とても近い。

それは、避けられないもの。

だから、嘆きを言わない。嘆くことはしない。


死を受け入れようとすることで、

今の自分を受け入れることで、

自分の心を満たそうとしているかのよう・・・


春の美しい景色は、そうさせてくれますか・・・?


人生の最期。

避けられないその日。

自分の人生の幸せは、

最後にどう感じたかということに、見出すことができるでしょうか?

この曲の詩の中で、それをしたかったのかもしれない。

この曲の詩の作者。

そういう生き方をした人なんだなあと、しみじみと感じました。


ちなみに、

A.O.ヴィニエの元の詩は、↓ こちら。


 「 Våren 」 (Aasmund Olavsson Vinje (1818-1870)作)


 Enno ein Gong fekk eg Vetren at sjaa for Vaaren at røma;
 Heggen med Tre som der Blomar var paa eg atter saag bløma.
 Enno ein Gong fekk eg Isen at sjaa fraa Landet at fljota,
 Snjoen at braana, og Fossen i Aa at fyssa og brjota.
 Graset det grøne eg enno ein Gong fekk skoda med blomar
 eg seier hei enno eg høyrde at Vaarfuglen song mot Sol og mot Sumar.

 Enno ein Gong den Velsignad eg fekk, at Gauken eg høyrde,
 enno ein Gong ut paa Aakren eg gjekk, der Plogen dei kjøyrde.
 Enno ein Gong fekk eg skoda meg varm paa Lufti og Engi;
 Jordi at sjaa som med lengtande Barm at sukka i Sængi.
 Vaarsky at leika der til og ifraa, og Skybankar krulla,
 so ut av Banken tok Tora til slaa og kralla og rulla.

 Saagiddren endaa meg unntest at sjaa paa Vaarbakken dansa.
 Fivreld at floksa og fjuka ifraa, der Blomar seg kransa.
 Alt dette Vaarliv eg atter fekk sjaa, som sidan eg miste.
 Men eg er tungsam og spyrja meg maa: tru det er det siste?
 Lat det so vera: Eg myket av Vænt i Livet fekk njota.
 Meire eg fekk en eg havde fortent, og Alting maa trjota.

 Eingong eg sjølv i den vaarlege Eim, som mettar mit Auga,
 eingong eg der vil meg finna ein Heim og symjande lauga.
 Alt det som Vaaren imøte meg bar, og Blomen eg plukkad',
 Federnes Aander eg trudde det var, som dansad' og sukkad'.
 Derfor eg fann millom Bjørkar og Bar i Vaaren ei Gaata;
 derfor det Ljod i den Fløyta eg skar, meg tyktest at graata.


グリーグは、

このヴィニエの詩を元に曲にしましたが、

その歌の歌詞は、こちらに ↓ なります。

 「 Våren 」

 Enno ein Gong fekk eg Vetren at sjå
 for Våren at røma;
 Heggen med Tre som der Blomar var på,
 eg atter såg bløma.
 Enno ein Gong fekk eg Isen at sjå
 frå Landet at fljota,
 Snjoen at bråna og Fossen i Å
 at fyssa og brjota.
 Graset det grøne eg enno ein Gong
 fekk skoda med Blomar;
 enno eg høyrde at Vårfuglen song
 mot Sol og mot Sumar.

 Eingong eg sjølv i den vårlege Eim
 som mettar mit Auga,
 eingong eg der vil meg finna ein Heim
 og symjande lauga.
 Alt det som Våren imøte meg bar
 og Blomen eg plukkad',
 Federnes Ånder eg trudde det var,
 som dansad’ og sukkad',
 Derfor eg fann millom Bjørkar og Bar
 i Våren ei Gåta;
 derfor det Ljod i den Fløyta eg skar,
 meg tyktes at gråta. 
 

   ~ Orchestral Songs Naxos より 抜粋 ~  

こちらの歌詞を英語に訳すると、

 「 Spring 」

 Once more was I able to feel
 how winter yields to spring.
 In the midst of the trees in bloom
 I saw again the blossoms of the cherry tree.
 Once again could I see how the ice
 broke away from the land.
 How the snow melted and the waterfall
 plunged into the river and foamed.
 I also saw the green grass again,
 covered with flowers.
 And once more I heard the birds in the spring
 singing of the sun and the summer.

 Some day I, too, shall be part of the bustling
 spring that fills my eye.
 Some day I shall find myself a home
 and cleanse myself, swimming.
 Whatever spring gave me –
 the flowers that I plucked –
 I regarded as the spirits of our forefathers
 who dance and sigh.
 This is why among the firs and birches
 I found the secret of spring;
 this is why I heard the sound of the flute
 that I carved as the sound of the weeping. 


    ~ Orchestral Songs Naxos より 抜粋 ~ 


もしよかったら、聴いてみてください。

みなさんは、どう感じるでしょうね?

いろいろとあります。

お好みで、聴いてみてください。


< オーケストラ演奏 >


↓ ルネ・レイボヴィッツ指揮、
  ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で
René LEIBOWITZ @ GRIEG Elegiac Melody No.2 - 1962 *vinyl*

↓ ディミトリ・ミトロプーロス指揮、
  ミネソタ(ミネアポリス)管弦楽団2分45秒ごろから
HISTORICAL GRIEG RECORDINGS - Two Elegiac Melodies, Op. 34



< ピアノ演奏 >


↓ ヤコプ・カツネルソンのピアノ演奏
Jacob Katsnelson - Grieg "The last Spring", Op.34


< 女性歌手の歌声 > 


こちらは、

この曲の元となった、

A.O.ヴィニエの詩による

グリーグの歌曲『12の旋律集』より Op.33 No.2 になります。


↓ キルステン・フラグスタートの歌声で
KIRSTEN FLAGSTAD - VÅREN OP 33 NO 2 CONCL. (GRIEG)

↓ カリタ・マッティラの歌声 < 2015.5.18 動画の入れ替えをしました。>
Karita Mattila sings Last Spring by Edvard Grieg

↓ Marita Solberg の歌声で
Marita Solberg "Last Spring" Grieg

↓ ビルギット・ニルソンの歌声で 
 * この動画は観られなくなりました。< 2015.5.18 >
Birgit Nilsson sings Våren by Edvard Grieg



~ 『2つの悲しき旋律』 より「春」OP.34 No.2 ~

↓ ユハ・カンガス指揮、
   オストロボスニア室内管弦楽団のCD

白夜のアダージェット~北欧管弦楽名曲集



↓ エーテボリ交響楽団の演奏のMP3(OP.34 No.2)

Grieg: Two Elegiac Melodies, Op.34 - 2. The Last Spring



↓ ジョン・バルビローリ指揮、
  ハレ管弦楽団のMP3

Elegiac Melodies, Op. 34: Last Spring



↓ ジョン・ホリングスワース指揮、
   ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団のMP3

Two Elegiac Melodies, Op. 34: No. 2, The Last Spring




~ ピアノ版 ~

↓ ステファン・イェシュコのピアノのMP3

Grieg: Two Elegiac Melodies for Piano, Op. 34 (Digitally Remastered)




~ 『12の旋律集』 より 「春」Op.33 No.2 ~

↓ キルステン・フラグスタートのMP3

12 Melodies, Op. 33: No. 2. Varen (Last Spring)



↓ カリタ・マッティラのMP3

Grieg : 12 Songs Op.33 : II Spring



↓ アンネ・ゾフィー・フォン・オッターのMP3

Grieg: V・・ren (Last Spring), Op.33, No.2



この曲のピアノの楽譜は、 こちら になります。



グリーグ 演奏会用序曲「秋に」

こんにちは。

今日は、秋をテーマに選曲してみました。


グリーグ の 演奏会用序曲「秋に」


この曲、聴いてみても、

あまりグリーグらしいと感じないのですけど、

それは、私だけでしょうか・・・?

これは、グリーグの初期の作品です。

オーケストラの音より、ピアノの二重奏曲の音のほうが、

幾分、グリーグらしく聴こえるかな・・・?

調べてみたら、どうもこの曲は、

グリーグが初めて作ったオーケストラ用の作品であったようですね。

彼は、ピアノを使った曲のほうが、得意だったのでしょうか?


この曲を1年も前に選曲していても、

なかなか紹介する気になれなかった曲でもあります。

そのくらい、あまりグリーグの曲を聴いていると感じない曲。

でも、グリーグにもこんな曲があったのね・・・と

グリーグをもっと知りたい方には、いいかもしれません。

そう思って、今回、とりあげてみました。


よかったら、聴いてみてください。

 オーケストラの音と、ピアノの音を聴き比べてみてはいかがでしょう?


↓ ネーメ・ヤルヴィ指揮、イェーテボリ交響楽団の演奏で
Edvard Grieg - In Autumn, Op. 11

↓ こちらは、4手のピアノ演奏で
"In Autumn" Op.11 for piano four hands (Sehwan Park, Haesun Suh)



↓ トーマス・ビーチャム指揮、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のMP3

Concert Overture 'In Autumn', Op. 11



↓ ケルン・ピアノ・デュオの4手のピアノ演奏のMP3

In Autumn Overture, Op. 11 (version for piano 4 hands): In Autumn Overture, Op. 11 (version for piano 4 hands)






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。