08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ヘンデル 歌劇『リナルド』 HWV 7 より 「私を泣かせてください(Lascia ch’io pianga )」

こんにちは。

今日は、

じっと聴き入ってしまう歌を取り上げてみます。

3連休ですし、

ゆったりとした曲がいいかと・・・


ヘンデル の 

 歌劇 『 リナルド(Rinaldo) 』 から

  アリア 『 私を泣かせて下さい(Lascia ch’io pianga) 』



よく知られている曲ではないか・・・と思います。

とても美しいアリアです。

落ち着いた歌声に聴こえるのですけど、

歌詞と場面を知ると、

落ち着いて聴こえる歌声が、

さらに心に深く染み入ってきます。


トルクァート・タッソの叙事詩

『 解放されたエルサレム(La Gerusalemme liberata) 』

を 原作とした

十字軍とイスラム教徒との闘いを描いた 

歌劇 『リナルド』。


イスラム側に囚われ、

その王アルガンテに求愛されるアルミレーナ。

十字軍の英雄リナルドを愛し、

彼への貞節を守るために、

アルミレーナは、このアリアを歌うのですが・・・

↓ こちらは、アリアの歌詞(イタリア語)です。
 
  Lascia ch'io pianga
  mia cruda sorte,
  e che sospiri la libertà.
  Il duolo infranga queste ritorte
  de' miei martiri sol per pietà.

     ~ Wikipedia より ~

 <日本語訳>

  過酷な運命に涙し、
  自由に憧れることをお許しください。
  この悲しみが憐れみにより
  私の殉教者からの鎖を打ち毀してくれますように。

     ~ピティナ・ピアノ曲事典より~


残念ながら、

私は、このオペラを観たことがありません・・・ 

このアリア1曲だけが、

よく歌われ、よく聴くことがあるので、

知っているだけです。

そういう曲を何度も紹介していますが、

どれも、メロディーがいいのかな・・・?

それとも、

歌手の思いがなんとなくでも、

伝わってくるのかしらね・・・?

言葉はわからなくても、

強い思いは、伝わるものなのかもしれませんね…

・・・いい曲だと思います。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ チェチーリア・バルトリの歌声で
   (CMつきです。)
Cecilia Bartoli-Lascia ch'io pianga

↓ モンセラート・カバリェの歌声で
   (CMつきです。)
Montserrat Caballe - Lascia ch'io pianga

↓ アーリーン・オジェーの歌声で
   (CMつきです。)
Georg Frideric Handel - Rinaldo - "Lascia ch'io pianga" (Arleen Auger)

↓ ジェシー・ノーマンの歌声で
  (0分50秒ごろから)
Jessye Norman - Lascia Ch'io Pianga by G.F.Handel

↓ 男性歌手ホセ・カレーラスの歌声で
Jose Carreras Sings "Lascia Ch'io Pianga" From The Opera "Rinaldo" Of Händel (Studio Recording)


↓ クリストファー・ホグウッド指揮、
   エンシェント室内管弦楽団、
   チェチーリア・バルトリの歌のCD,MP3
   ディスク2枚目12曲目になります。

Handel: Rinaldo



↓ ジェシー・ノーマンのMP3

George Frideric Handel: Rinaldo - Act 2 - "Lascia ch'io pianga"






スポンサーサイト

ヘンデル オペラ『セルセ(クセルクセス) HWV40 』 より ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)

こんばんは。

ゆったりとくつろいだ気分になってくる曲。

そんな曲を聴くのもいいかな~と思い、それをとりあげてみることにします。


ヘンデル の 歌劇『セルセ』 より ラルゴ


これは、

「オンブラ・マイ・フ」(Ombra mai fù)とも、言われます。

↓ こちらは、歌の原詩。

 Ombra mai fù
 di vegetabile,
 cara ed amabile,
 soave più

↓ こちらは、日本語(堀内敬三さん訳)

 うるわしく ここにおいしげるきのかげ なつかしや
 いかずちはためきあらしすとも 
 このかげにとわなるめぐみ みちあふる

 こかげよ みどりはゆるうるわしき こかげよ
 かぜもかおる うるわしきこかげよ 
 われをまねく こかげよ
 やさしたのし わがこころの とわなる やすらぎ


木々のつくり出す木陰。

暑い時期になると、そのありがたさを感じます。

先日、猛暑日に、そんな場所に行って歩いてみて、

あまりの涼しさに、

天然のクーラーだねと、話をしてしまったほど、

炎天下との温度差を感じました。


住宅街を歩いていると、木々が少なく、

少しでも涼しいところはないかと、影を探してしまいます。

都会では、家のお庭に背丈の低い木々はよく見られるものの、

影が大きくできるような木々は、ほとんど見られないのですね。

公園とか、特定の場所に限られてしまう。

ホッと一息がつけるような場所。

それがあまりないのが、

日々暮らしていて、疲れる原因でもあるのかしらね?


自然と共存。


本当は、そうであるべきなのに、

いつのまにか、人は、自然から遠ざかって生活するようになってしまった。

木々が安らぎを与えてくれるものだった・・・

そんなことに気づいて初めて、自然の木々の大切さを感じるのですね。


もしよかったら、

この曲を聴いて、そんな木々への思いを感じ取ってみてください。


↓ パイプオルガンの音で
*Largo by Handel* Pipe Organ

↓ キャスリーン・バトルの歌
Kathleen Battle - Ombra mai fu

↓ ディミトリー・ホロストフスキーの歌(日本語つき)
Ombra Mai Fu - Dmitri Hvorostovsky

↓ フリッツ・ヴンダーリヒの歌(CMつきですが…)
Fritz Wunderlich Handel: Xerxes "Ombra mai fu" (Largo)

↓ イアン・ボストッリッジのCD

オンブラ・マイ・フ~グレイト・ヘンデル・アルバム






ヘンデル ハープ協奏曲  HWV 294 第1楽章

こんにちは。

以前入院していた病院で、聴いた曲を思い出し、

今日は、それを紹介してみます。


ヘンデル ハープ協奏曲 変ロ長調 Op4-6 第1楽章


記憶が間違っていなければ、

この曲は、面会者がお帰りをする時間に流されていました。

(もしかしたら、朝の面会開始時間も流れていたかもしれない。)


夜の時間にこの曲を流すのか?と、ちょっと不思議でもありました。

ハープの音色は、入院患者の心を癒すにはいいかもしれません・・・

他の楽器で演奏する曲でも、ハープを使って演奏すると

ホッとするようなやさしい音色に聴こえます。


でも、この曲は、癒されるというよりも、

なぜか、ハッとして聴いていた記憶があります。

意識がはっきりとするといったらいいでしょうか?

夜、もうすぐ消灯時間にもなるのですから、

どちらかというと、

もう少し、眠りをさそうような曲でもいいのでは?と思いましたけどね。

この曲を手術した日、麻酔が切れて、痛みでつらいからと、

痛みどめをしていただき、うとうと眠っていたそのとき、

この曲が流れ、しっかりと目が覚めてしまった。

付き添いの主人が帰る時間でもあり、

帰りに言葉をかけられたのは、よかったかもしれない。

そう、その点ではとてもよかった・・・

面会者に対しても、

帰る時間であることを認識させるのもよかったかもしれない。

でも・・・

その後、意識がはっきりとしてしまい、

またも、痛みを戦わなくてはいけなくなってしまった。

もう少し、静かな眠りそさそう曲であったら・・・と、

この曲の選択を恨んでしまったほど。


この曲は、

「もうろうとしいた意識をはっきりとさせる効果」が

あるのかもしれませんね。

・・・となると、

別の使い方をしたら、もっと患者には効果的かもしれないですね。

自分は、「生きている」という意識させる効果・・・

生きる力を失い、弱ってしまった人が生きるためには、

効果があるかもしれない・・・


また、病院では、

この曲ではなく、癒されるからといって、

安らかにおやすみください・・・と

いった曲を流してしまったら、

本当に永遠に眠ってしまう可能性もないとはいえない・・・?

それもまた、難しいのかもしれませんね。


そう考えると、

このヘンデルのハープ協奏曲には、

なんらかの患者に対しての意図的な効果を狙って、

病院で流していたのかな?と思えるものがあります。

何なのでしょうね???


私個人としては、

健康的な方は、朝の目覚めにいいかも・・・と思っています。

意識がはっきりとして、

今日も一日頑張らなくては、という意識になれるかも?


↓ もしよかったら、聴いてみてください。

ヘンデル・ハープ協奏曲 第1楽章 小沢征爾 吉野直子 ベルリンフィル .

ヘンデル:ハープ協奏曲






Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。